川口英俊のブログ/一覧

川口英俊のブログ




2012年02月23日(Thu)▲ページの先頭へ
日隅一雄先生への拙生のツイート内容
日隅一雄先生が、自由報道協会賞授与式でのチベット高僧焼身自殺の件における譬喩の発言にてバッシングを受けられて謝罪・釈明をなされましたが、この件に関して、日隅一雄先生への拙生のツイート内容。

実は本名をブログで出されていたことをこの時まで知りませんでしたが、5、6年ほど前はよく色々と参照させて頂いておりました論考が多くございましたことをかなり懐かしく思い出させて頂きました。その節では、ほんの一、二ほど意見交換をさせて頂いたような記憶もございます。

自由報道協会賞授与式での発言について(日隅一雄先生)
http://blogos.com/article/30774/

日隅一雄先生( @yamebun )へのツイート内容(※一部省略あり)

1)はじめまして失礼致します。死期を間近に感じられての身命を賭した日本のジャーリズム改革・真理追究のお取り組みには、誠に敬意を表させて頂いております。件におけますチベット高僧焼身自殺の譬喩ご発言における謝罪・釈明も理解させて頂いております。

2)死期を間近に感じられ、死への恐怖・絶望・不安・悔悟・・と、もしかすると色々とお抱えかもしれない中・・チベット高僧焼身自殺の譬喩ご発言についても何らか少ないながらも負い目や後悔もお感じになられてはいないだろうかと僭越にも案じております。

3)愚拙の勝手なる想像かもしれずで失礼かとも存じますが、もしそうでありましてもご心配の事はございません。焼身抗議をなされましたトゥルク・ソバ・リンポチェ師の御遺言での尊い慈悲心、崇高なる菩提心における内容を是非にもご覧下さいませ。

4)「自らを灯明と化した菩薩たちの願い」トゥルク・ソバ・リンポチェ師御遺言について http://t.co/PwVvYWck

5)どうか、トゥルク・ソバ・リンポチェ師御遺言をお読みになられて、師の慈悲の御心、菩提心をお感じ賜りまして、尚に善い行いにご精進をなされて、善い心の状態にて最後の時にお備えを賜られますことをこの拙愚ながら心から祈念申し上げます。

6)先生にトゥルク・ソバ・リンポチェ師の御供養における師の慈悲心、菩提心による悟りへのいざないの光明の照らしがあらんことを、どうか良き善趣へのおもむきのあらんことを心から祈念申し上げます。ご無礼の段、平にお許し下さいませ。川口英俊合掌九拝

お身体ご自愛賜りまして、志高き善なる行為による中での余命の全うを心から深く祈念申し上げます。

川口英俊拝

・・

「焼身抗議をなされたトゥルク・ソバ・リンポチェ師のご遺言からチベット問題・焼身抗議を考える」
http://t.co/PwVvYWck

「1960年 亡命直後のダライ・ラマ14世法王猊下による祷りの詩」
http://t.co/RuZQ5ifX

【チベット問題】

「ダラムサラのロサ(チベット新年)」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/c7Dt5NsE

ロブサン・センゲ主席大臣によるロサル(チベット暦のお正月)のご挨拶 
http://t.co/oX4LpCT9  

「セルタで教師・生徒 拘束」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/M0uXgKGK

「続くチベットの知識人逮捕」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/VWDIzgU4

「続・本土巡礼者たちを待ち構える受難」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/7wfQOa0z

米、人権改善要求の継続強調 チベット問題 - MSN産経ニュース
http://t.co/lyXB4KXB

「自らを灯明と化した菩薩たちの願い」
〜チベット問題・焼身抗議を考える〜
No.1
http://t.co/Y0nu4h2A
No.2
http://t.co/10iJy98V
No.3
http://t.co/ZjIlEK9z
No.4
http://t.co/t1y3cDLF
No.5
http://t.co/I219Q5P0
No.6
http://t.co/Ett2dGKk
No.7
http://t.co/yAuXq8Uk

【チベット問題】(2011.2.19までまとめ)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52068131.html

【チベット問題】(2012.2.11までまとめ)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52066511.html

【チベット問題】(2012.2.1までまとめ)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52064424.html

【チベット問題】(2012.1.15までまとめ)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52061157.html

【ダライ・ラマ法王猊下関連アーカイブ】(2012.1.15までまとめ)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52061159.html

・・

「近刊の慧海・等観本(書評)」日本人初のチベット入国者、河口慧海と初のチベット僧留学生多田等観の記事 
http://t.co/Jfop9rma

「ダライ・ラマ法話 文殊の智慧による救い」(DVDブック)・春秋社

ダライ・ラマ14世法王猊下 (著)
クンチョック・シタル師 (翻訳)
阿門朋子氏 (翻訳)

1)「ダライ・ラマ法話 文殊の智慧による救い」(DVDブック)・春秋社( http://t.co/V5CcVZ95 )。ブックをまず一読了。ダライ・ラマ7世著の詩文「中観の四念住」をテキストとして文殊菩薩の慈悲と智慧についての教えに関してのご法話が中心。

2)中観思想の理解から密教の入り口付近の理解についての内容も扱われていました。思想精査理解は再読後からとして、DVDの方も楽しみに拝聴致したく存じております。

3)本DVDブックと併せて、「チベット仏教 文殊菩薩の秘訣」ソナム・ギャルツェン・ゴンタ 師著(法蔵館)の内容についても再々読理解に努めたいと考えております。

・・

ここのところ論考考察の時間がなかなかとれずで、ブログに書く内容が単調化してきてしまっていますが、「ダライ・ラマ法王 Teaching in 広島 2006 公式伝授録」[DVD] エピソード3・4・5・6を随時に拝聴させて頂いているところでございます。

一度目では理解ができなかったところも多々ありますので、二回目に入っている次第でございます。内容は、これまでも猊下の関連著書にて色々と学んで参りましたことから鑑みましてもより深い内容が扱われていると感じております。珠玉のすばらしい内容であります。

「ダライ・ラマ法王 Teaching in 広島 2006 公式伝授録」[DVD]


「縁起賛」・「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)」・「四つの捕われから離れる秘訣」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/d/19761125

下記ストアにて昨年末に購入させて頂きました。
http://store.kokonor.com/products/list.php?category_id=14

・・

『超世間賛』(出世間賛)ナーガールジュナ(龍樹)大師
(マリア・リンチェン氏訳)
http://t.co/g72Zlyhu

龍樹(ナーガールジュナ)大師
「出世間讃」抜粋(1.2.13.15.16.20.21.22.24.25.26)
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/2671162f7cc65963614c5d43ea771bf9

・・

「原発に対する宗教界の見解」
http://t.co/1oweXFvd
藤山みどり氏(宗教情報センター研究員)
各見解について詳しくまとめられており、誠に参考となります。

・・

「中観派の不共の勝法について、「聖ツォンカパ伝」読了、他」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52058375.html

・・

「無分別」・「離戯論」について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52054473.html

#勝義方便メモ まとめNO.1
http://togetter.com/li/200586

#勝義方便メモ まとめNO.2
http://togetter.com/li/219557

・・

天罰論に関しましての私見関連考察の追記
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034966.html

『空と縁起と』〜仏教の存在論〜  平成23年度・秋季彼岸施餓鬼・配布用資料
http://t.co/wHL7TR0

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

自らを灯明と化されたツェワン・ノルブ師による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034027.html

【仏教存在論】1-45
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52031260.html

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

7/18 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52026611.html

7/6 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52024256.html

故丸山照雄師「公害企業主呪殺祈祷僧団」の活動から考える
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52018516.html

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529

日本仏教改革の視座
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52015538.html

【アンチ葬式仏教の危うさ http://bit.ly/muwOcn 】ツイッター・コメント投稿・1-26
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52014077.html

【紹介】真詮ブログ・「本願寺のヒットラー(1)宗政とは何か・(2)「最初の宗議会」の自殺」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012810.html

東大阪市における市民活動・まちづくり活性化へ向けたネットワーク構築に関しての意見交換会の雑感
http://hide-1.jugem.jp/?eid=440

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・23-27
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012801.html

「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007856.html

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51997575.html


2012年02月18日(Sat)▲ページの先頭へ
「焼身抗議をなされたトゥルク・ソバ・リンポチェ師のご遺言からチベット問題・焼身抗議を考える」
「自らを灯明と化した菩薩たちの願い」
〜チベット問題・焼身抗議を考える〜


「焼身抗議をなされたトゥルク・ソバ・リンポチェ師のご遺言からチベット問題・焼身抗議を考える」

最初に・・

2008年3月10日にチベット・ラサで発生した大規模抗議行動からもうすぐ4年になろうとしている。これまでも半世紀にわたる中国政府による耐えかねる弾圧・圧政により、命を奪われ、また、自ら命を絶ったチベット人が数多くいる中で、自らに火を放ち、焼身してまで抗議の声を叫ぶに至ったチベット本土における最初の犠牲者とされるのが、2009年2月27日、チベット・アムド地方アバ・キルティ僧院の僧侶・タペー師の焼身抗議である。

以来、現在(2012年2月8日)までに、チベット本土で焼身抗議を行った者は、既に20名を超え、そのうち少なくとも14名が亡くなり、数名が行方不明のままである。また、これまでの抗議への弾圧により、凶弾に倒れた者、不当逮捕・投獄された者、行方不明となっている者は数え切れないほどになってしまっています。

チベット問題の起因は、第二次世界大戦後、中華人民共和国の建国に伴って、中国がチベット支配・統治を進めるために様々な弾圧を進めてきたことにあります。特に、1949年からの軍事侵攻や飢餓などにより命を落としたチベット人犠牲者の数は100万人を超えているとされ、大量虐殺と共に、著しい人権侵害があり、民族・文化・宗教破壊、思想強要が行われているとして、現在においても国際的に解決・改善が必要な問題として扱われるように提起がなされています。

特に凄惨さを極める圧政・弾圧の嵐の中で、1959年3月のラサ民衆蜂起においてダライ・ラマ14世法王猊下がインドへと亡命し、亡命政府を樹立するに至ったことは象徴的な出来事となり、チベット人たちの心の支えである拠り所、チベット仏教界の指導的立場である法王猊下を失った打撃は計り知れないものとなりました。その後も中国共産党による民主改革や文化大革命、改革開放政策の下で、チベット人たちへの蹂躙は絶え間なく続き、主に挙げるだけでも、チベットへの漢族大量移民による民族浄化問題、チベット人大量失業・貧困化問題、チベット語・文化・芸術・教育の破壊問題、信教・言論の自由への侵害問題、環境問題・核開発問題などと、多くの圧政・弾圧による弊害がいまだに生じてしまっている状況となっています。

このような中で、ダライ・ラマ14世法王猊下は、亡命以来、チベット問題改善を国際社会に広く訴えられてこられたものの、いまだ十分な成果を得られることはできずのままであり、また、本土でもチベット人たちによる激しい抗議行動が繰り返されてきましたが、ことごとく封殺されてしまい、一向に改善されること なく今日に至っています。

近年の本土でのチベット人による抵抗運動においては、法王猊下の意向を汲んで、非暴力的な抗議行動が行われていますが、それでも激しい弾圧は依然として続き、ついには自らに火を付けて訴えるという手段を行うまでになってしまうほど状況は追いつめられており、2009年2月の僧侶・タペー師による焼身抗議以来、特に2011年3月からのここ一年にわたっては焼身抗議が続発している異常な事態となってしまっています。

このような中で、平成24年1月8日には、チベット仏教界の高僧であるトゥルク・ソバ・リンポチェ師による焼身抗議が行われてしまいました。次に、師の残されたご遺言を挙げさせて頂きまして、内容に関しまして、是非、皆様にもお知り頂きまして、チベットの現状とチベット仏教の理解にほんの少しでもお役に立てましたら幸いでございます。

以下より、トゥルク・ソバ・リンポチェ師のご遺言全文日本語訳の内容について・・

『内外の全てのチベット人同胞600万人へ。チベット人の幸福と、内外に引き裂かれた600万のチベット人が再び相まみえるために、その身を犠牲にした勇者トゥプテン・ンゴドゥップ氏を初めとする内外の勇者・勇女全てに感謝の意を表明する。私はすでに40歳を越えたが、これまで彼らのような勇気を奮い立たせることもなく過ごして来た。もっぱらチベットの伝統的文化と宗教を周りの人々にできるだけ伝える事に努力し続けて来た。』・・本文より

まず冒頭においてトゥルク・ソバ・リンポチェ師は、全てのチベット人たちに呼び掛けられる形にて、チベット人の幸福と、チベット本土内・外に引き裂かれて別れて暮らしているチベット人全ての人々が、再びチベットの地にて相まみえることを願われて、1998年4月27日にインドの首都デリーにて焼身抗議により犠牲となられたトゥプテン・ンゴドゥップ師を初めとするこれまでの内外の全ての抗議者に対して感謝の意を表明されます。

そして、師は既に40歳を越えられたものの、これまでの抗議者のように勇気を奮い立たせて抗議することはなく、チベットの伝統的文化と宗教について、周りの人々に伝える事に努力してこられたことを述べられています。

『21世紀に入った現在、今年(チベット暦ではまだ2011年)は命を捧げた勇者・勇女が沢山いた年だった。そこで私は彼らの血肉を象徴するために、己の身と命を投げ打ち(これまでの全ての有情の悪業の)許しを請うのである。全ての有情は父、母でなかったものはいない。計り知れぬ有情が野蛮人のように法に反する力に屈し、不善なる大きな業を為しつつある。心から彼ら(中国)の悪業を浄化したい。また、ノミやシラミに至まで、呼吸する全ての、この天空に満ちる有情全てが、死の苦しみを逃れ阿弥陀如来の下に生まれ、全智至上の完全な仏の位を得るために、己の命を供養物として捧げる次第である。』・・ 本文より

21世紀に入って、特に2011年の3月からのここ一年にわたっては、身命を賭した焼身抗議が続発している中で、命を捧げた犠牲者たちの覚悟や思いを象徴するためにも、自らも身命をなげうって、これまでの一切有情(輪廻の苦にある衆生)たち全てにおける悪業のお許しを頂きたいと願われます。それはどうしてであるのかとして、全ての有情は、幾前世かにおいて、かつての自身の父、母であったのかもしれないというチベット仏教の慈悲心・菩提心を起こすための基本的な考え方を述べられ、まさに、本来であれば怒り・憎しむべきであろう、チベット人たちを陵辱して危害を加え、仏法に反する不善を成す敵とも言える存在である弾圧・圧政を行う中国当局の人々に対してさえも、大いに慈悲の心を起こして、彼らの悪業による輪廻の迷い苦しみを取り除いてあげたい、悪業の原因である煩悩・無明を浄化させてあげたいと述べられ、更には彼らだけのみならず、ノミやシラミや小さな生き物たちも含めて、あらゆる一切有情が生死輪廻の世界から離れ、阿弥陀如来様の極楽浄土のもとへと往生し、完全なる一切智者としての悟りの境地を得られるようにするために、己の命を御供養するのだとして、大いなる慈悲による菩提心の決意が述べられているのであります。もちろん一切有情に例外はありません。それは生きとし生ける者たち全てであり、私も皆さんも当然にその中に含まれているのであります。

このように、この度のトゥルク・ソバ・リンポチェ師の御供養は、一切有情たち全てへと向けられており、その中には、この浅学菲才の未熟者なる愚拙も含まれ、この本文を読んでおられる皆様ももちろんで、実に有り難く、誠に尊いことであります。このように、皆、トゥルク・ソバ・リンポチェ師の御供養においての関わりがあり、この御供養と関係のない有情などこの世にいないのであります。

ゆえにも、私たちは、この度におけるチベットの問題についても決して無関心であってはいけないと強く思っております。一人一人が何らかの形でトゥルク・ソバ・リンポチェ師の御供養にお応えしていくことが望まれると考えております。

それは、本御供養により、一番には、仏教への帰依に繋がり、出離心、慈悲心、菩提心の滋養へとなれば最善なることでありますでしょうが、そうではなくても、チベットの現状を憂いてできること、例えば、チベット情勢の改善を願い、祈りを捧げること、これまでの全ての犠牲者たちを追悼すること、チベット関連の支援団体へ何らかの協力・援助をすること、活動・イベントなどに参加すること、抗議活動に参加すること、ツイッターやブログ、フェイスブックでチベット問題を取り上げたりすることなどでも良いでしょう。

何らかの形にてほんの少しでもトゥルク・ソバ・リンポチェ師のお志にお応えすることが非常に大切であると強く感じております。

『そして、至上の人の姿をした仏神であるダライ・ラマ法王を始めとするラマやトゥルク全てが永遠の命を保たれるよう、私の身と命をマンダラと化し捧げる。

<大地に香水を撒き散華し、須弥山、四大陸、太陽と月により荘厳し、これを仏の浄土と見なし捧げ奉るが故に、全ての有情が清浄なる浄土を享受できますように。自他の身口意と三世の功徳の集積と、宝の如しマンダラを普賢菩薩供養と共に、心に生起しラマと三宝に捧げ奉る。慈悲の心でお受け取りになり我に加持を与えたまえ。オーム・イダムグル・ラトナマンダラカム・ニルヤタヤミ>』・・本文より


次に、観音菩薩様の化身であられるダライ・ラマ14世法王猊下を始めとして、ラマ、転生活仏・トゥルクたちが、尚も転生を繰り返し、大いなる菩提心により、菩薩の化身として輪廻の迷い苦しみの中にある一切衆生の教化・救済にあたることができますようにとして、香水を捲いて、散華し、須弥山、四大陸、太陽と月を現じてマンダラを荘厳し、観想にて仏国土を現前に顕わさせしめて、その宝の如き心に生起させたるマンダラを慈悲の菩薩である普賢菩薩様の御供養と併せて、三宝(仏・法・僧)に捧げ奉り、一切衆生が清浄な悟りの境地、仏国土へといざなわれるようにと、諸仏諸菩薩がこの御供養を慈悲の御心でお受け取りになられて、加持(大いなる菩提心により輪廻の迷い苦しみの中にある一切衆生の教化・救済にあたることができる力)をお与え下さいとして、最後に真言を述べられておられます。

『この行為は自分1人のためになすのではなく、名誉のためになすのでもない、清浄なる思いにより、今生最大の勇気を持って、(ブッダのように、子トラたちを救うために飢えた)雌トラに身を捧げるようになすのだ。私のようにチベットの勇者・勇女たちもこのような思いで命を投げ出したに違いない。しかし彼らは 実行の際、怒りの感情と共に死んだ者もいるかもしれない。そうであれば彼らが解放の道を辿れるかどうかは怪しい。故に、様々な悟りへの道を思い出させてくれる船頭のような導師と、このような供養を捧げる善行の力に依って、将来、彼らを含めた全ての有情が全智至上の仏の位に到ることを祈願しながら行うのだ。 また、内外のラマ、トゥルク全ての長寿と就中ダライ・ラマ法王をポタラの玉座にお迎えして、チベットの政教を司ることができますようにと祈願する。』・・ 本文より

このような身命を三法に御供養する行為は、自分一人だけが悟りを得ようとするために行うものではなく、また、当然に避けるべき世間八法(利得、損失、称賛、非難、誉れ、誹謗、楽、苦)の一つである名誉のために行うものでもない、お釈迦様の前世物語の中にあるように、かつてのお釈迦様が、狩りができずに雌トラが飢えによりお乳が出ず、子どものトラが衰弱して死んでしまうことを憐れみて、身体を雌トラに捧げられたように、私もそのようなお釈迦様の前世にておこなわれた清浄なる慈悲の御心に添うように全力で身命を捧げるのだと述べられておられます。

そして、もちろん、これまで焼身抗議を行ってきたチベット人の勇敢なる善男子・善女子たちもこのような清浄なる慈悲の心にて身命を捧げたに違いないであろうと思われるものの、もしかするとその中には、怒りや憎しみなどの悪い感情(悪業)を抱えて亡くなってしまった者もあるのかも知れないとして、もしもそうであれば、その悪業による心相続の薫習、習気により、悟りへの道を歩むのは難しくなってしまい、悪趣(畜生・餓鬼・地獄)輪廻へと赴いてしまいかねないことを危惧なされておられ、その者たちにも、悟りへの道を再び歩めていけるようにと、ダライ・ラマ14世法王猊下やラマ、転生活仏のトゥルクなど導師たちに教化を願い、この度の善行の加持(大いなる菩提心により輪廻の迷い苦しみの中にある一切衆生の教化・救済にあたることができる力)によって、彼らも含めて、全て一切の輪廻の苦にある衆生たち有情が、悟りへと至らしめられるようにと、祈願のために御供養するのだと述べられておられます。

更には、内外のラマ、転生活仏・トゥルクたち全ての長寿と、チベット人たちの願いであるダライ・ラマ14世法王猊下をポタラ宮殿の玉座にお迎えして、チベットの政教を司ることができますようにと祈願なされるのであります。

『<雪山に囲まれしこの聖域の、全ての福利の源である、観音菩薩であられるテンジン・ギャンツォよ、濁世が終わるまで存命されますように。その加持の力が 天空の如く行き渡らんことを。間違った思いにより祖国に対し、危害を及ぼす黒い形を持つもの、持たないもの、思いと行動が邪悪な侵入者が、三宝の真理の力により根こそぎにされますように>

[かくの如し善なる…の二偈と、祈願の王と呼ばれる…等の一偈と、これと三世…等の一偈。タドヤタ、パンチャタライヤ(三宝)に三度礼拝する]』・・本文より


高い山々に囲まれたこのチベットという聖域の全ての福利、幸せの源である観音菩薩様の化身であられるテンジン・ギャンツォ(ダライ・ラマ14世法王猊下のお名前)師、どうかこの煩悩・無明に覆われてしまっているこの世が、悟りの光に充ち満ちるまで、ご存命なされますように、その大いなる菩提心により菩薩の化身として輪廻の迷い苦しみの中にある一切衆生の教化・救済にあたることができる力により、悟りの光がこの世の隅々にまで行き渡らんことを願い、煩悩・無明によって、危害を及ぼす悪業を持つ者、持たない者たちも含めて、チベットに対して危害を及ぼす動機と行動が邪悪なる侵入者たちが、どうか三宝の力(煩悩・無明を排撃する力)により、その者たちの煩悩・無明が根こそぎに絶やされて涅槃へと到れますようにと述べられて、各偈を読まれて、三宝に礼拝なされておられます。

あらゆる一切衆生の到涅槃へのいざないのためになさった、トゥルク・ソバ・リンポチェ師の焼身御供養。もちろん、御供養を賜った者の一人として、この拙生も、この御供養を真摯に受けとめなければならないと僭越ながらにも存じております。

『ここで、金剛同士たち、各地におられる信者たちに願う。みんな一致団結し手を取り合い、チベット人たちが将来輝きに満ちた一つの国家を取り戻すために奮闘せよ。これが命を捧げた勇者・勇女たちの願いだ。故に、土地や水等のことで争ったりせず、思いを一つにすべきだ。若者たちはチベットの文化を尊重し学び、年輩の者たちは自らの身口意を善なるものとし、チベット人の慣習と気質、言語等が衰退しないようにチベット人としてのアイデンティティーを保持し続けねばならない。同時に、チベット人の幸福と、全ての有情が解放と全智の位を得るために清浄なる仏法を行ずることが重要である。タシデレ(吉祥なる幸運を)。』・・本文より

三宝に帰依し、別解脱戒、菩薩戒、密教戒を授かって仏道を歩む者たち、また各地におられる師の信者たちに対して、この聖なるチベットの地にチベット人たちの願っている輝ける希望の光に満ちた自治が叶うように、一致団結して手を取り合って協力し合い、奮闘するようにと述べられておられます。

それが、これまでに身命を賭して焼身を行い抗議し訴えてきた犠牲者たちの願いであり、つまらない世間八法(利得、損失、称賛、非難、誉れ、誹謗、楽、苦)の中での小さなことで内々で争ったりはせずに、思いを一つにするべきであると述べられ、また、若者たちは、チベットの文化を尊重して学び、また年輩の者たちは、身・口・意の三つの善なる行いを成し、チベット古来の言葉・文化・芸術・慣習・思想などが衰退してしまわないように、チベット人としての誇りを忘れずに、アイデンティティーを保持するようにと願われておられます。

そして、チベット人の幸福のみならず、あらゆる一切の輪廻の苦にある衆生たち有情に、悟り、涅槃へのいざないがあるように清浄なる仏道の歩みを進めることが大切であると述べられて、祝福の言葉を掛けられておられます。

『そして、家族、同郷の人たち、友人たち、特に**[1人の名前を言うが聞き取れず]等みんなに伝えておく。私には隠してある財産など何もない。あるものはすべて以前より三宝に捧げ切っている。死後、大金が見つかったとか、ああだった、こうだったとか財産のことで噂する必要はない。兄弟姉妹、親戚、友人、各地の檀家たちもこのことを心得ておいてほしい。他、私が担保した財産や物品等は檀家たちが、地域の人たちやラマ、トゥルクたちによろしく分け与えてほしい。』・・本文より

そして、トゥルク・ソバ・リンポチェ師は、近しい人たちに対して、自身はトゥルクとして本来から私人として当然に無所有であり、僧侶として仏法による布施などにより得たるものは、全て既に仏法のために三宝に捧げきっていると述べられて、死後に僧院などにおいて、これはトゥルク・ソバ・リンポチェ師のお金ではないか、このお金はこうだ、ああだとくだらないことで噂することは全く必要ないので、兄弟姉妹、親戚、友人、各地の檀家たちもこのことをしっかりと理解しておくようにとして、自らの僧侶としての遺品については、形見分けとして、檀家や地域の者たち、ラマ、トゥルクたちに分け与えておいてほしいとなされておられます。

この遺品の数々は、次のソバ・リンポチェ師のトゥルク・転生者を探索する際に必要となる品々となるのでありますでしょう。

『それでは、自他の三世に渡り積んだ功徳の全てを母なる全ての有情、特に地獄等で苦しみを味わいつつあるものたちが解放を得られますようにと、以下の如く祈願する。

[祈願の王...など一偈。今生と三世の…など一偈を唱える]

最後に、内外の法友男女すべてに言いたい。悲しまないでほしい。ラマである善友に対し一心に祈るのだ。菩提を得るまで一瞬たりと離れることはない。老人たち、全ての人々よ、楽な時も苦しい時も、良い時も悪い時も、喜しい時も悲しい時も、如何なる時にも三宝以外に望みを託す対象はない。これを忘れないように。タシデレ。』・・本文より


次に、トゥルク・ソバ・リンポチェ師は、自らの過去・現在・未来の三世にわたる功徳、また他の者たちによる三世にわたる功徳の全てを、幾過去世においての母であった一切全ての有情たち、また、その中でも悪業により、悪趣(畜生・餓鬼・地獄)などで苦しみにある者たちにも及ぼせられて、悟り、涅槃への到りがありますようにとして、各偈を唱えられて祈願なされておられます。

そして、チベット内・外の法友たち全てに対して、どうか悲しまないでほしいと述べられ、法友たちのみならず、ラマ・僧侶たちに向けても、悟りへのいざないのあらんことを一心に供養して祈るものであるのだとおっしゃられ、自他共に全ての一切衆生、有情たちが悟りを得るまで、皆のもとを一瞬たりとも離れることはないとして、楽な時も苦しい時も、良い時も悪い時も、喜しい時も悲しい時も、いかなる時にも、それら世間八法(利得、損失、称賛、非難、誉れ、誹謗、楽、苦)などに惑わされることなく、仏・法・僧の三宝以外に望みを託す対象はないのだとして、決してこのことを忘れないようにと述べられて、最後に祝福の言葉を掛けられて、いよいよ焼身御供養を成されるに至られたのであります。

・・・・・・

ああ、自らを灯明と化されたトゥルク・ソバ・リンポチェ師の大慈大悲の御心の御供養にふれられた今、この時、どうして仏・法・僧の三宝への帰依の念が生じないでいられようか。

ああ、自らを灯明と化されたトゥルク・ソバ・リンポチェ師の大いなる菩提心により、輪廻の迷い苦しみの中にある一切衆生を救わんと御供養なされた師の加持力にふれられた今、この時、どうして菩提心が生じないことなどあろうか。

ああ、自らを灯明と化されたトゥルク・ソバ・リンポチェ師の御供養の加持力によって、一切の衆生たちの到涅槃へのお導きがあらんことを心から冀い奉らないことなど果たしてあるのだろうか。

どうか、自らを灯明と化されたトゥルク・ソバ・リンポチェ師の御祈願が円満成就なされて、無明を撃ち破る悟りの光が一切衆生へと及ぼされんことを強く懇願申し上げ奉ります。

深遠なる大いなる慈悲の御心にて、一切有情に御供養なされたトゥルク・ソバ・リンポチェ師に最敬礼申し上げます。どうか再び人間界に御転生なされまして、輪廻の迷い苦しみにある一切衆生を到涅槃へとお導き賜れますように心からお願いを申し上げ奉ります。

川口英俊合掌九拝(平成24年2月17日)

参照

「1月8日焼身死亡、ソバ・リンポチェの遺言 全訳」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/shMo0jRY

チベットNOW@ルンタ・ダラムサラ通信
http://blog.livedoor.jp/rftibet/


2012年02月16日(Thu)▲ページの先頭へ
「自らを灯明と化した菩薩たちの願い」No.6〜チベット問題・焼身抗議を考える〜
【チベット問題】

「自らを灯明と化した菩薩たちの願い」No.6(2012年2月16日)
 〜チベット問題・焼身抗議を考える〜 川口英俊

No.1(http://t.co/Y0nu4h2A
No.2(http://t.co/10iJy98V
No.3(http://t.co/ZjIlEK9z
No.4(http://t.co/t1y3cDLF
No.5(http://t.co/I219Q5P0

今回も、前回に引き続きまして焼身抗議をなされたトゥルク・ソバ・リンポチェ師のご遺言全文日本語訳の内容から考えて参りたいと存じます。

『・・至上の人の姿をした仏神であるダライ・ラマ法王を始めとするラマやトゥルク全てが永遠の命を保たれるよう、私の身と命をマンダラと化し捧げる。

<大地に香水を撒き散華し、須弥山、四大陸、太陽と月により荘厳し、これを仏の浄土と見なし捧げ奉るが故に、全ての有情が清浄なる浄土を享受できますように。自他の身口意と三世の功徳の集積と、宝の如しマンダラを普賢菩薩供養と共に、心に生起しラマと三宝に捧げ奉る。慈悲の心でお受け取りになり我に加持を与えたまえ。オーム・イダムグル・ラトナマンダラカム・ニルヤタヤミ>』・・本文より

ダライ・ラマ14世法王猊下やラマ、転生活仏のトゥルクたちが、尚も輪廻転生を繰り返し、大いなる菩提心により菩薩の化身として輪廻の迷い苦しみの中にある一切衆生の教化・救済にあたることができますようにとして、観想にてマンダラを荘厳し、仏国土を現前に顕わさせしめて、三宝(仏・法・僧)に身命を捧げ奉り、御供養し、一切衆生が清浄な悟りの境地、仏国土へといざなわれるようにと、諸仏諸菩薩がこの御供養を慈悲の御心でお受け取りになられて、加持(大いなる菩提心により輪廻の迷い苦しみの中にある一切衆生の教化・救済にあたることができる力)をお与え下さいとして、最後に真言を述べられておられます。

『この行為は自分1人のためになすのではなく、名誉のためになすのでもない、清浄なる思いにより、今生最大の勇気を持って、(ブッダのように、子トラたちを救うために飢えた)雌トラに身を捧げるようになすのだ。私のようにチベットの勇者・勇女たちもこのような思いで命を投げ出したに違いない。しかし彼らは実行の際、怒りの感情と共に死んだ者もいるかもしれない。そうであれば彼らが解放の道を辿れるかどうかは怪しい。故に、様々な悟りへの道を思い出させてくれる船頭のような導師と、このような供養を捧げる善行の力に依って、将来、彼らを含めた全ての有情が全智至上の仏の位に到ることを祈願しながら行うのだ。また、内外のラマ、トゥルク全ての長寿と就中ダライ・ラマ法王をポタラの玉座にお迎えして、チベットの政教を司ることができますようにと祈願する。』・・本文より

このような身命を三法に御供養する行為は、自分一人だけが悟りを得ようとするために行うものではなく、また、当然に避けるべき世間八法(利得、損失、称賛、非難、誉れ、誹謗、楽、苦)の一つである名誉のために行うものでもない、お釈迦様の前世物語の中にあるように、狩りができず雌トラが飢えによりお乳が出ず、子どものトラが衰弱して死んでしまうことを憐れみて、我が身体を雌トラに捧げられたように、私もそのようなお釈迦様の前世にておこなわれたような清浄なる慈悲の御心に添うように全力で身命を捧げるのだと述べられておられます。

そして、もちろん、これまで焼身抗議を行ってきたチベット人の勇敢なる善男子・善女子たちもこのような清浄なる慈悲の心にて身命を捧げたに違いないであろうと思われるものの、もしかするとその中には、怒りや憎しみなどの悪い感情(悪業)を抱えて亡くなってしまった者もあるのかも知れないとして、もしもそうであれば、その悪業による心相続の薫習、習気により、悟りへの道を歩むのは難しくなってしまい、悪趣(畜生・餓鬼・地獄)輪廻へと赴いてしまいかねないことを危惧なされておられ、その者たちにも、悟りへの道を再び歩めていけるようにと、ダライ・ラマ14世法王猊下やラマ、転生活仏のトゥルクなど導師たちに教化を願い、この度の善行の加持(大いなる菩提心により輪廻の迷い苦しみの中にある一切衆生の教化・救済にあたることができる力)によって、彼らも含めて、全て一切の輪廻の苦にある衆生たち有情が、悟りへと至らしめられるようにと、祈願のために御供養するのだと述べられておられます。

更には、内外のラマ、転生活仏・トゥルクたち全ての長寿と、チベット人たちの願いであるダライ・ラマ14世法王猊下をポタラ宮殿の玉座にお迎えして、チベットの政教を司ることができますようにと祈願なされるのであります。

 <雪山に囲まれしこの聖域の、全ての福利の源である、観音菩薩であられるテンジン・ギャンツォよ、濁世が終わるまで存命されますように。その加持の力が天空の如く行き渡らんことを。間違った思いにより祖国に対し、危害を及ぼす黒い形を持つもの、持たないもの、思いと行動が邪悪な侵入者が、三宝の真理の力により根こそぎにされますように>』・・本文より

高い山々に囲まれたこのチベットという聖域の全ての福利、幸せの源である観音菩薩様の化身であられるテンジン・ギャンツォ(ダライ・ラマ14世法王猊下のお名前)師、どうかこの煩悩・無明に覆われてしまっているこの世が、悟りの光に充ち満ちるまで、ご存命なされますように、その大いなる菩提心により菩薩の化身として輪廻の迷い苦しみの中にある一切衆生の教化・救済にあたることができる力により、悟りの光がこの世の隅々にまで行き渡らんことを願い、煩悩・無明によって、危害を及ぼす悪業を持つ者、持たない者たちも含めて、チベットに対して危害を及ぼす動機と行動が邪悪なる侵入者たちが、どうか三宝の力(煩悩・無明を排撃する力)により、その者たちの煩悩・無明が根こそぎに絶やされますようにと述べられておられます。

あらゆる一切衆生の到涅槃へのいざないのためになさった、トゥルク・ソバ・リンポチェ師の焼身御供養。もちろん、御供養を賜った者の一人として、この拙生も、この御供養を真摯に受けとめなければならないと僭越ながらにも存じております。

・・次回、No.7に続く・・

・・

「自らを灯明と化した菩薩たちの願い」No.5(2012年2月15日)
 〜チベット問題・焼身抗議を考える〜 川口英俊

今回は、焼身抗議をなされたトゥルク・ソバ・リンポチェ師のご遺言全文日本語訳の内容から考えて参りたいと存じます。

『・・己の身と命を投げ打ち(これまでの全ての有情の悪業の)許しを請うのである。全ての有情は父、母でなかったものはいない。計り知れぬ有情が野蛮人のように法に反する力に屈し、不善なる大きな業を為しつつある。心から彼ら(中国)の悪業を浄化したい。また、ノミやシラミに至まで、呼吸する全ての、この天空に満ちる有情全てが、死の苦しみを逃れ阿弥陀如来の下に生まれ、全智至上の完全な仏の位を得るために、己の命を供養物として捧げる次第である。』・・本文より

ここにおいて、まずトゥルク・ソバ・リンポチェ師は、全ての有情は、幾前世かにおいて、かつての自身の父、母であったのかもしれないというチベット仏教の慈悲心・菩提心を起こすための基本的な考え方を述べられており、まさに、本来であれば怒り・憎しむべきであろう、チベット人たちを陵辱して危害を加えてくる敵とも言える存在である弾圧・圧政を行う中国当局の人々に対してさえも、大いに慈悲の心を起こして、彼らの悪業による輪廻の迷い苦しみを取り除いてあげたい、悪業の原因である煩悩・無明を浄化させてあげたいと述べられ、更には彼らだけのみならず、ノミやシラミや小さな生き物たちも含めて、あらゆる一切有情を悟りの世界へといざなわんがために、己の命を御供養するとの大いなる慈悲による菩提心の決意が述べられています。もちろん一切有情に例外はありません。それは生きとし生ける者たち全てであり、私も皆さんも当然にその中に含まれているわけであります。

上記のことは、先のNo.3の考察にて確認させて頂きましたダライ・ラマ14世法王猊下のお考えである、「自殺は仏教徒にとってももちろん悪しきこととして、当然に極力避けないといけませんが、極めて限定された極限状態の中で、例外的に否定されない場合としてある他者に悪しきカルマを積ませないためという利他・慈悲の行為としてのこと」に適うものであると畏れ多くも推察致しております。

この度のトゥルク・ソバ・リンポチェ師の御供養は、一切有情たち全てへと向けられており、その中には、この浅学菲才の未熟者なる愚拙も含まれ、このブログを読んでおられる皆様ももちろんで、実に有り難く、誠に尊いことであります。このように、皆、トゥルク・ソバ・リンポチェ師の御供養においての関わりがあり、この御供養と関係のない有情などいないのであります。

ゆえにも、私たちは、この度におけるチベットの問題についても決して無関心であってはいけないと強く思っております。一人一人が何らかの形でトゥルク・ソバ・リンポチェ師の御供養にお応えしていくことが望まれると考えております。

それは、本御供養により、一番には、仏教への帰依に繋がり、出離心、慈悲心、菩提心の滋養へとなれば最善なることでありますでしょうが、そうではなくても、チベットの現状を憂いてできること、例えば、チベット情勢の改善を願い、祈りを捧げること、これまでの全ての犠牲者たちを追悼すること、チベット関連の支援団体へ何らかの協力・援助をすること、活動・イベントなどに参加すること、抗議活動に参加すること、ツイッターやブログ、フェイスブックでチベット問題を取り上げたりすることなどでも良いでしょう。

何らかの形にてほんの少しでもトゥルク・ソバ・リンポチェ師のお志にお応えすることが非常に大切であると強く感じております。

深遠なる大いなる慈悲の御心にて、一切有情に御供養なされたトゥルク・ソバ・リンポチェ師に最敬礼申し上げます。どうか再び人間界に御転生なされまして、輪廻の迷い苦しみにある一切衆生を到涅槃へとお導き賜れますように心からお願いを申し上げさせて頂きます。

釈尊涅槃会のこの日に記す。川口英俊合掌九拝。

・・次回、No.6へと続く・・

・・

「焼身抗議 トゥルク・ソバ・リンポチェ師のご遺言全文日本語訳」
ケンポ・ンガワン・ドルジェ師・原文訳
中原一博氏・日本語訳

 内外の全てのチベット人同胞600万人へ。チベット人の幸福と、内外に引き裂かれた600万のチベット人が再び相まみえるために、その身を犠牲にした勇者トゥプテン・ンゴドゥップ氏を初めとする内外の勇者・勇女全てに感謝の意を表明する。私はすでに40歳を越えたが、これまで彼らのような勇気を奮い立たせることもなく過ごして来た。もっぱらチベットの伝統的文化と宗教を周りの人々にできるだけ伝える事に努力し続けて来た。

 21世紀に入った現在、今年(チベット暦ではまだ2011年)は命を捧げた勇者・勇女が沢山いた年だった。そこで私は彼らの血肉を象徴するために、己の誉れのためではなく、心から三戒(別解脱戒、菩薩戒、密教戒)と特に密教戒の主戒である己の身と命を投げ打ち(これまでの全ての有情の悪業の)許しを請うのである。全ての有情は父、母でなかったものはいない。計り知れぬ有情が野蛮人のように法に反する力に屈し、不善なる大きな業を為しつつある。心から彼ら(中国)の悪業を浄化したい。また、ノミやシラミに至まで、呼吸する全ての、この天空に満ちる有情全てが、死の苦しみを逃れ阿弥陀如来の下に生まれ、全智至上の完全な仏の位を得るために、己の命を供養物として捧げる次第である。

 そして、至上の人の姿をした仏神であるダライ・ラマ法王を始めとするラマやトゥルク全てが永遠の命を保たれるよう、私の身と命をマンダラと化し捧げる。

<大地に香水を撒き散華し、須弥山、四大陸、太陽と月により荘厳し、これを仏の浄土と見なし捧げ奉るが故に、全ての有情が清浄なる浄土を享受できますように。自他の身口意と三世の功徳の集積と、宝の如しマンダラを普賢菩薩供養と共に、心に生起しラマと三宝に捧げ奉る。慈悲の心でお受け取りになり我に加持を与えたまえ。オーム・イダムグル・ラトナマンダラカム・ニルヤタヤミ>

 この行為は自分1人のためになすのではなく、名誉のためになすのでもない、清浄なる思いにより、今生最大の勇気を持って、(ブッダのように、子トラたちを救うために飢えた)雌トラに身を捧げるようになすのだ。私のようにチベットの勇者・勇女たちもこのような思いで命を投げ出したに違いない。しかし彼らは実行の際、怒りの感情と共に死んだ者もいるかもしれない。そうであれば彼らが解放の道を辿れるかどうかは怪しい。故に、様々な悟りへの道を思い出させてくれる船頭のような導師と、このような供養を捧げる善行の力に依って、将来、彼らを含めた全ての有情が全智至上の仏の位に到ることを祈願しながら行うのだ。また、内外のラマ、トゥルク全ての長寿と就中ダライ・ラマ法王をポタラの玉座にお迎えして、チベットの政教を司ることができますようにと祈願する。

 <雪山に囲まれしこの聖域の、全ての福利の源である、観音菩薩であられるテンジン・ギャンツォよ、濁世が終わるまで存命されますように。その加持の力が天空の如く行き渡らんことを。
間違った思いにより祖国に対し、危害を及ぼす黒い形を持つもの、持たないもの、思いと行動が邪悪な侵入者が、三宝の真理の力により根こそぎにされますように>

[かくの如し善なる…の二偈と、祈願の王と呼ばれる…等の一偈と、これと三世…等の一偈。タドヤタ、パンチャタライヤ(三宝)に三度礼拝する]

 ここで、金剛同士たち、各地におられる信者たちに願う。みんな一致団結し手を取り合い、チベット人たちが将来輝きに満ちた一つの国家を取り戻すために奮闘せよ。これが命を捧げた勇者・勇女たちの願いだ。故に、土地や水等のことで争ったりせず、思いを一つにすべきだ。若者たちはチベットの文化を尊重し学び、年輩の者たちは自らの身口意を善なるものとし、チベット人の慣習と気質、言語等が衰退しないようにチベット人としてのアイデンティティーを保持し続けねばならない。同時に、チベット人の幸福と、全ての有情が解放と全智の位を得るために清浄なる仏法を行ずることが重要である。タシデレ(吉祥なる幸運を)。

 そして、家族、同郷の人たち、友人たち、特に**[1人の名前を言うが聞き取れず]等みんなに伝えておく。私には隠してある財産など何もない。あるものはすべて以前より三宝に捧げ切っている。死後、大金が見つかったとか、ああだった、こうだったとか財産のことで噂する必要はない。兄弟姉妹、親戚、友人、各地の檀家たちもこのことを心得ておいてほしい。

 他、私が担保した財産や物品等は檀家たちが、地域の人たちやラマ、トゥルクたちによろしく分け与えてほしい。

 それでは、自他の三世に渡り積んだ功徳の全てを母なる全ての有情、特に地獄等で苦しみを味わいつつあるものたちが解放を得られますようにと、以下の如く祈願する。
[祈願の王...など一偈。今生と三世の…など一偈を唱える]

 最後に、内外の法友男女すべてに言いたい。悲しまないでほしい。ラマである善友に対し一心に祈るのだ。菩提を得るまで一瞬たりと離れることはない。老人たち、全ての人々よ、楽な時も苦しい時も、良い時も悪い時も、喜しい時も悲しい時も、如何なる時にも三宝以外に望みを託す対象はない。これを忘れないように。タシデレ。

・・ここまで。

中原氏註・・なお、原文は格調高く、私には少々難解な箇所もあった。意訳したところもあることをお断りする。これはあくまでも試訳である。
文中( )内は訳者の補足、[ ]内は書き起こされたケンポの省略説明と補足。

・・

中原一博氏( @tonbani )のブログにおきまして、1月8日にゴロ・ダルラにて焼身抗議をなされて、その場で死亡されたトゥルク(転生活仏)ソバ・リンポチェ師のご遺言の全文日本語訳が発表されましたことを受け、その全文の内容には、中原氏も述べられておられるように、まさに自らを灯明と化した菩薩たちの願いの全てがそこにあると私も思いますので、その全文の内容につきまして考えて参りたいと存じます。

「トゥルク・ソバ・リンポチェ師のご遺言テープ」
http://www.youtube.com/watch?v=AfHO5EVbDkA&feature=player_embedded#!

「1月8日、ゴロ、ダルラにて焼身抗議、その場で死亡したトゥルク・ソバ師のご遺言全文日本語訳」

チベット語原文・・ケンポ・ンガワン・ドルジェ師訳
日本語訳・・中原一博氏

チベット語原文 http://www.khabdha.org/?p=24588
中国語訳 http://woeser.middle-way.net/2012/01/blog-post_28.html

参照

「1月8日焼身死亡、ソバ・リンポチェの遺言 全訳」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/shMo0jRY

チベットNOW@ルンタ・ダラムサラ通信
http://blog.livedoor.jp/rftibet/

・・

「自らを灯明と化した菩薩たちの願い」No.3(2012年2月13日)
 〜チベット問題・焼身抗議を考える〜 川口英俊

No.1(http://t.co/Y0nu4h2A
No.2(http://t.co/10iJy98V

今回は、まずダライ・ラマ14世法王猊下の「自殺」に関してのお考えについて考えて参りたいと存じます。

最も端的に猊下がそのお考えを述べられていると思われるのは、

『ダライ・ラマ「死の謎」を説く』(2008年・角川文庫)
第一章・「死」とは何か・3自殺と殺人・p39-51

であるかと存じます。

これまで猊下関連の著書は数多く読了させて頂いておりますが、他の関連箇所の詳細を探索するには改めて全て再読・検証致さねばならないため、ここではあまりに時間が掛かりすぎてしまうので省略させて頂きますが、読者の皆様には、また色々と誤りがございましたらご指摘を頂けましたらと考えております。

まず、普通の一般的な自殺について、猊下は、悪い感情(怒りや憎しみ)が良き感情(慈悲心や愛情)に打ち克ってしまい、悪い感情が心の中を支配して、更には、死への恐怖さえも凌駕し、感情の暴発によって自ら命を絶つのだとご説明されておられます。

次に、真の意味で自殺は完遂しないことを述べられています。これは、あくまでも自殺の行為としての不成立についてのことで、もちろん、(己自身を殺すという)動機までも否定はされておられません。ここで、「あなた自身が死ななければ自殺が完成しない以上、あなた自身が己を殺すという行為を完遂させることは不可能である」と述べられておられますが、どこか中観思想的な考えを連想させる内容ではないかと考えております。「去る者は去らない」的なところでありますが、論点が空論にずれていく恐れが強いため、ここではあまり深くは踏み込まないことと致します。

そして次に、「ある特定の、ひじょうに限定された状況において、自殺は許される行為となりうることを言っておかねばならない」として、極限状態における自殺で許される場合があることについて述べられておられます。

ここで一人のラマ僧の瞑想による自殺のことを、自殺の認められる例として挙げられています。その認められる理由は、「他者に悪しきカルマをもたらすことを避けるため」ということで、それは通常であれば、自らを陵辱する怒り憎むべき敵である者たちにさえも慈悲心を起こして、その者たちに、自身が生き長らえる中において、これ以上にその者たちに悪いカルマを積まさせてはいけないとして、自らで瞑想死を選んだ例であります。

普通の人間、凡夫であれば、自らを誹謗中傷し、暴力・拷問して危害を及ぼして来る者に対して、そのように慈悲心を起こすことは到底考えられないことでありますが、高い悟りの境地に至っている聖者においては可能なこととなります。それは、むしろ忍辱・忍耐行をさせて頂けるための存在として、有り難い存在であり、当然に慈悲心を起こすべき存在であると考えるわけであります。この理解はなかなかできないのが凡夫であると言えるでしょう。

自殺の手段に関しては、瞑想であろうが、道具・毒薬を使おうが、真言(マントラ)の力に頼ろうが、手段の違いで自己の死という結果は変わりないと説明されています。

そして、改めて、まず自殺は仏教徒にとっても悪しきこととして、当然に極力避けないといけないと前置きされた上で、ある極めて限定された極限状態の中で、例外的に否定されない場合があるということを述べられ、章の最後においては「殺人」について、その許容される唯一の場合として、お釈迦様が語られたことを例として挙げられておられます。

それは、「599人の生命を救うため、一人を殺すような場合として、599人が殺されることを防げるなら、その命を救うため、599人を殺す者が積む悪しきカルマを避けるため、一人を殺すことが絶対に悪だとは言い切れない」ということを述べられておられます。

以上で、『ダライ・ラマ「死の謎」を説く』・第一章・「死」とは何か・3自殺と殺人・p39-51における猊下のお考えを概観させて頂きました。ここにおいて、自殺・殺人が認められる場合の要点を確認することができますが、それは、「他者に悪しきカルマを積ませないため」という利他・慈悲の行為として、極めて限定された極限状態の中で、例外的に否定されない場合があるということであります。

このことは、この度の焼身抗議について考える際における最も重要な視座であるのではないだろうかと存じております。

・・次号・No.4へと続く・・


2012年02月15日(Wed)▲ページの先頭へ
「自らを灯明と化した菩薩たちの願い」No.5〜チベット問題・焼身抗議を考える〜
【チベット問題】

「自らを灯明と化した菩薩たちの願い」No.5(2012年2月15日)
 〜チベット問題・焼身抗議を考える〜 川口英俊

No.1(http://t.co/Y0nu4h2A
No.2(http://t.co/10iJy98V
No.3(http://t.co/ZjIlEK9z
No.4(http://t.co/t1y3cDLF

今回は、焼身抗議をなされたトゥルク・ソバ・リンポチェ師のご遺言全文日本語訳の内容から考えて参りたいと存じます。

『・・己の身と命を投げ打ち(これまでの全ての有情の悪業の)許しを請うのである。全ての有情は父、母でなかったものはいない。計り知れぬ有情が野蛮人のように法に反する力に屈し、不善なる大きな業を為しつつある。心から彼ら(中国)の悪業を浄化したい。また、ノミやシラミに至まで、呼吸する全ての、この天空に満ちる有情全てが、死の苦しみを逃れ阿弥陀如来の下に生まれ、全智至上の完全な仏の位を得るために、己の命を供養物として捧げる次第である。』・・本文より

ここにおいて、まずトゥルク・ソバ・リンポチェ師は、全ての有情は、幾前世かにおいて、かつての自身の父、母であったのかもしれないというチベット仏教の慈悲心・菩提心を起こすための基本的な考え方を述べられており、まさに、本来であれば怒り・憎しむべきであろう、チベット人たちを陵辱して危害を加えてくる敵とも言える存在である弾圧・圧政を行う中国当局の人々に対してさえも、大いに慈悲の心を起こして、彼らの悪業による輪廻の迷い苦しみを取り除いてあげたい、悪業の原因である煩悩・無明を浄化させてあげたいと述べられ、更には彼らだけのみならず、ノミやシラミや小さな生き物たちも含めて、あらゆる一切有情を悟りの世界へといざなわんがために、己の命を御供養するとの大いなる慈悲による菩提心の決意が述べられています。もちろん一切有情に例外はありません。それは生きとし生ける者たち全てであり、私も皆さんも当然にその中に含まれているわけであります。

上記のことは、先のNo.3の考察にて確認させて頂きましたダライ・ラマ14世法王猊下のお考えである、「自殺は仏教徒にとってももちろん悪しきこととして、当然に極力避けないといけませんが、極めて限定された極限状態の中で、例外的に否定されない場合としてある他者に悪しきカルマを積ませないためという利他・慈悲の行為としてのこと」に適うものであると畏れ多くも推察致しております。

この度のトゥルク・ソバ・リンポチェ師の御供養は、一切有情たち全てへと向けられており、その中には、この浅学菲才の未熟者なる愚拙も含まれ、このブログを読んでおられる皆様ももちろんで、実に有り難く、誠に尊いことであります。このように、皆、トゥルク・ソバ・リンポチェ師の御供養においての関わりがあり、この御供養と関係のない有情などいないのであります。

ゆえにも、私たちは、この度におけるチベットの問題についても決して無関心であってはいけないと強く思っております。一人一人が何らかの形でトゥルク・ソバ・リンポチェ師の御供養にお応えしていくことが望まれると考えております。

それは、本御供養により、一番には、仏教への帰依に繋がり、出離心、慈悲心、菩提心の滋養へとなれば最善なることでありますでしょうが、そうではなくても、チベットの現状を憂いてできること、例えば、チベット情勢の改善を願い、祈りを捧げること、これまでの全ての犠牲者たちを追悼すること、チベット関連の支援団体へ何らかの協力・援助をすること、活動・イベントなどに参加すること、抗議活動に参加すること、ツイッターやブログ、フェイスブックでチベット問題を取り上げたりすることなどでも良いでしょう。

何らかの形にてほんの少しでもトゥルク・ソバ・リンポチェ師のお志にお応えすることが非常に大切であると強く感じております。

深遠なる大いなる慈悲の御心にて、一切有情に御供養なされたトゥルク・ソバ・リンポチェ師に最敬礼申し上げます。どうか再び人間界に御転生なされまして、輪廻の迷い苦しみにある一切衆生を到涅槃へとお導き賜れますように心からお願いを申し上げさせて頂きます。

釈尊涅槃会のこの日に記す。川口英俊合掌九拝。

・・次回、No.6へと続く・・

・・

「焼身抗議 トゥルク・ソバ・リンポチェ師のご遺言全文日本語訳」
ケンポ・ンガワン・ドルジェ師・原文訳
中原一博氏・日本語訳

 内外の全てのチベット人同胞600万人へ。チベット人の幸福と、内外に引き裂かれた600万のチベット人が再び相まみえるために、その身を犠牲にした勇者トゥプテン・ンゴドゥップ氏を初めとする内外の勇者・勇女全てに感謝の意を表明する。私はすでに40歳を越えたが、これまで彼らのような勇気を奮い立たせることもなく過ごして来た。もっぱらチベットの伝統的文化と宗教を周りの人々にできるだけ伝える事に努力し続けて来た。

 21世紀に入った現在、今年(チベット暦ではまだ2011年)は命を捧げた勇者・勇女が沢山いた年だった。そこで私は彼らの血肉を象徴するために、己の誉れのためではなく、心から三戒(別解脱戒、菩薩戒、密教戒)と特に密教戒の主戒である己の身と命を投げ打ち(これまでの全ての有情の悪業の)許しを請うのである。全ての有情は父、母でなかったものはいない。計り知れぬ有情が野蛮人のように法に反する力に屈し、不善なる大きな業を為しつつある。心から彼ら(中国)の悪業を浄化したい。また、ノミやシラミに至まで、呼吸する全ての、この天空に満ちる有情全てが、死の苦しみを逃れ阿弥陀如来の下に生まれ、全智至上の完全な仏の位を得るために、己の命を供養物として捧げる次第である。

 そして、至上の人の姿をした仏神であるダライ・ラマ法王を始めとするラマやトゥルク全てが永遠の命を保たれるよう、私の身と命をマンダラと化し捧げる。

<大地に香水を撒き散華し、須弥山、四大陸、太陽と月により荘厳し、これを仏の浄土と見なし捧げ奉るが故に、全ての有情が清浄なる浄土を享受できますように。自他の身口意と三世の功徳の集積と、宝の如しマンダラを普賢菩薩供養と共に、心に生起しラマと三宝に捧げ奉る。慈悲の心でお受け取りになり我に加持を与えたまえ。オーム・イダムグル・ラトナマンダラカム・ニルヤタヤミ>

 この行為は自分1人のためになすのではなく、名誉のためになすのでもない、清浄なる思いにより、今生最大の勇気を持って、(ブッダのように、子トラたちを救うために飢えた)雌トラに身を捧げるようになすのだ。私のようにチベットの勇者・勇女たちもこのような思いで命を投げ出したに違いない。しかし彼らは実行の際、怒りの感情と共に死んだ者もいるかもしれない。そうであれば彼らが解放の道を辿れるかどうかは怪しい。故に、様々な悟りへの道を思い出させてくれる船頭のような導師と、このような供養を捧げる善行の力に依って、将来、彼らを含めた全ての有情が全智至上の仏の位に到ることを祈願しながら行うのだ。また、内外のラマ、トゥルク全ての長寿と就中ダライ・ラマ法王をポタラの玉座にお迎えして、チベットの政教を司ることができますようにと祈願する。

 <雪山に囲まれしこの聖域の、全ての福利の源である、観音菩薩であられるテンジン・ギャンツォよ、濁世が終わるまで存命されますように。その加持の力が天空の如く行き渡らんことを。
間違った思いにより祖国に対し、危害を及ぼす黒い形を持つもの、持たないもの、思いと行動が邪悪な侵入者が、三宝の真理の力により根こそぎにされますように>

[かくの如し善なる…の二偈と、祈願の王と呼ばれる…等の一偈と、これと三世…等の一偈。タドヤタ、パンチャタライヤ(三宝)に三度礼拝する]

 ここで、金剛同士たち、各地におられる信者たちに願う。みんな一致団結し手を取り合い、チベット人たちが将来輝きに満ちた一つの国家を取り戻すために奮闘せよ。これが命を捧げた勇者・勇女たちの願いだ。故に、土地や水等のことで争ったりせず、思いを一つにすべきだ。若者たちはチベットの文化を尊重し学び、年輩の者たちは自らの身口意を善なるものとし、チベット人の慣習と気質、言語等が衰退しないようにチベット人としてのアイデンティティーを保持し続けねばならない。同時に、チベット人の幸福と、全ての有情が解放と全智の位を得るために清浄なる仏法を行ずることが重要である。タシデレ(吉祥なる幸運を)。

 そして、家族、同郷の人たち、友人たち、特に**[1人の名前を言うが聞き取れず]等みんなに伝えておく。私には隠してある財産など何もない。あるものはすべて以前より三宝に捧げ切っている。死後、大金が見つかったとか、ああだった、こうだったとか財産のことで噂する必要はない。兄弟姉妹、親戚、友人、各地の檀家たちもこのことを心得ておいてほしい。

 他、私が担保した財産や物品等は檀家たちが、地域の人たちやラマ、トゥルクたちによろしく分け与えてほしい。

 それでは、自他の三世に渡り積んだ功徳の全てを母なる全ての有情、特に地獄等で苦しみを味わいつつあるものたちが解放を得られますようにと、以下の如く祈願する。
[祈願の王...など一偈。今生と三世の…など一偈を唱える]

 最後に、内外の法友男女すべてに言いたい。悲しまないでほしい。ラマである善友に対し一心に祈るのだ。菩提を得るまで一瞬たりと離れることはない。老人たち、全ての人々よ、楽な時も苦しい時も、良い時も悪い時も、喜しい時も悲しい時も、如何なる時にも三宝以外に望みを託す対象はない。これを忘れないように。タシデレ。

・・ここまで。

中原氏註・・なお、原文は格調高く、私には少々難解な箇所もあった。意訳したところもあることをお断りする。これはあくまでも試訳である。
文中( )内は訳者の補足、[ ]内は書き起こされたケンポの省略説明と補足。

・・

中原一博氏( @tonbani )のブログにおきまして、1月8日にゴロ・ダルラにて焼身抗議をなされて、その場で死亡されたトゥルク(転生活仏)ソバ・リンポチェ師のご遺言の全文日本語訳が発表されましたことを受け、その全文の内容には、中原氏も述べられておられるように、まさに自らを灯明と化した菩薩たちの願いの全てがそこにあると私も思いますので、その全文の内容につきまして考えて参りたいと存じます。

「トゥルク・ソバ・リンポチェ師のご遺言テープ」
http://www.youtube.com/watch?v=AfHO5EVbDkA&feature=player_embedded#!

「1月8日、ゴロ、ダルラにて焼身抗議、その場で死亡したトゥルク・ソバ師のご遺言全文日本語訳」

チベット語原文・・ケンポ・ンガワン・ドルジェ師訳
日本語訳・・中原一博氏

チベット語原文 http://www.khabdha.org/?p=24588
中国語訳 http://woeser.middle-way.net/2012/01/blog-post_28.html

参照

「1月8日焼身死亡、ソバ・リンポチェの遺言 全訳」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/shMo0jRY

チベットNOW@ルンタ・ダラムサラ通信
http://blog.livedoor.jp/rftibet/

・・

「自らを灯明と化した菩薩たちの願い」No.3(2012年2月13日)
 〜チベット問題・焼身抗議を考える〜 川口英俊

No.1(http://t.co/Y0nu4h2A
No.2(http://t.co/10iJy98V

今回は、まずダライ・ラマ14世法王猊下の「自殺」に関してのお考えについて考えて参りたいと存じます。

最も端的に猊下がそのお考えを述べられていると思われるのは、

『ダライ・ラマ「死の謎」を説く』(2008年・角川文庫)
第一章・「死」とは何か・3自殺と殺人・p39-51

であるかと存じます。

これまで猊下関連の著書は数多く読了させて頂いておりますが、他の関連箇所の詳細を探索するには改めて全て再読・検証致さねばならないため、ここではあまりに時間が掛かりすぎてしまうので省略させて頂きますが、読者の皆様には、また色々と誤りがございましたらご指摘を頂けましたらと考えております。

まず、普通の一般的な自殺について、猊下は、悪い感情(怒りや憎しみ)が良き感情(慈悲心や愛情)に打ち克ってしまい、悪い感情が心の中を支配して、更には、死への恐怖さえも凌駕し、感情の暴発によって自ら命を絶つのだとご説明されておられます。

次に、真の意味で自殺は完遂しないことを述べられています。これは、あくまでも自殺の行為としての不成立についてのことで、もちろん、(己自身を殺すという)動機までも否定はされておられません。ここで、「あなた自身が死ななければ自殺が完成しない以上、あなた自身が己を殺すという行為を完遂させることは不可能である」と述べられておられますが、どこか中観思想的な考えを連想させる内容ではないかと考えております。「去る者は去らない」的なところでありますが、論点が空論にずれていく恐れが強いため、ここではあまり深くは踏み込まないことと致します。

そして次に、「ある特定の、ひじょうに限定された状況において、自殺は許される行為となりうることを言っておかねばならない」として、極限状態における自殺で許される場合があることについて述べられておられます。

ここで一人のラマ僧の瞑想による自殺のことを、自殺の認められる例として挙げられています。その認められる理由は、「他者に悪しきカルマをもたらすことを避けるため」ということで、それは通常であれば、自らを陵辱する怒り憎むべき敵である者たちにさえも慈悲心を起こして、その者たちに、自身が生き長らえる中において、これ以上にその者たちに悪いカルマを積まさせてはいけないとして、自らで瞑想死を選んだ例であります。

普通の人間、凡夫であれば、自らを誹謗中傷し、暴力・拷問して危害を及ぼして来る者に対して、そのように慈悲心を起こすことは到底考えられないことでありますが、高い悟りの境地に至っている聖者においては可能なこととなります。それは、むしろ忍辱・忍耐行をさせて頂けるための存在として、有り難い存在であり、当然に慈悲心を起こすべき存在であると考えるわけであります。この理解はなかなかできないのが凡夫であると言えるでしょう。

自殺の手段に関しては、瞑想であろうが、道具・毒薬を使おうが、真言(マントラ)の力に頼ろうが、手段の違いで自己の死という結果は変わりないと説明されています。

そして、改めて、まず自殺は仏教徒にとっても悪しきこととして、当然に極力避けないといけないと前置きされた上で、ある極めて限定された極限状態の中で、例外的に否定されない場合があるということを述べられ、章の最後においては「殺人」について、その許容される唯一の場合として、お釈迦様が語られたことを例として挙げられておられます。

それは、「599人の生命を救うため、一人を殺すような場合として、599人が殺されることを防げるなら、その命を救うため、599人を殺す者が積む悪しきカルマを避けるため、一人を殺すことが絶対に悪だとは言い切れない」ということを述べられておられます。

以上で、『ダライ・ラマ「死の謎」を説く』・第一章・「死」とは何か・3自殺と殺人・p39-51における猊下のお考えを概観させて頂きました。ここにおいて、自殺・殺人が認められる場合の要点を確認することができますが、それは、「他者に悪しきカルマを積ませないため」という利他・慈悲の行為として、極めて限定された極限状態の中で、例外的に否定されない場合があるということであります。

このことは、この度の焼身抗議について考える際における最も重要な視座であるのではないだろうかと存じております。

・・次号・No.4へと続く・・


2012年02月14日(Tue)▲ページの先頭へ
「自らを灯明と化した菩薩たちの願い」No.3〜チベット問題・焼身抗議を考える〜
【チベット問題】

「自らを灯明と化した菩薩たちの願い」No.3(2012年2月13日)
 〜チベット問題・焼身抗議を考える〜 川口英俊

No.1(http://t.co/Y0nu4h2A
No.2(http://t.co/10iJy98V

今回は、まずダライ・ラマ14世法王猊下の「自殺」に関してのお考えについて考えて参りたいと存じます。

最も端的に猊下がそのお考えを述べられていると思われるのは、

『ダライ・ラマ「死の謎」を説く』(2008年・角川文庫)
第一章・「死」とは何か・3自殺と殺人・p39-51

であるかと存じます。

これまで猊下関連の著書は数多く読了させて頂いておりますが、他の関連箇所の詳細を探索するには改めて全て再読・検証致さねばならないため、ここではあまりに時間が掛かりすぎてしまうので省略させて頂きますが、読者の皆様には、また色々と誤りがございましたらご指摘を頂けましたらと考えております。

まず、普通の一般的な自殺について、猊下は、悪い感情(怒りや憎しみ)が良き感情(慈悲心や愛情)に打ち克ってしまい、悪い感情が心の中を支配して、更には、死への恐怖さえも凌駕し、感情の暴発によって自ら命を絶つのだとご説明されておられます。

次に、真の意味で自殺は完遂しないことを述べられています。これは、あくまでも自殺の行為としての不成立についてのことで、もちろん、(己自身を殺すという)動機までも否定はされておられません。ここで、「あなた自身が死ななければ自殺が完成しない以上、あなた自身が己を殺すという行為を完遂させることは不可能である」と述べられておられますが、どこか中観思想的な考えを連想させる内容ではないかと考えております。「去る者は去らない」的なところでありますが、論点が空論にずれていく恐れが強いため、ここではあまり深くは踏み込まないことと致します。

そして次に、「ある特定の、ひじょうに限定された状況において、自殺は許される行為となりうることを言っておかねばならない」として、極限状態における自殺で許される場合があることについて述べられておられます。

ここで一人のラマ僧の瞑想による自殺のことを、自殺の認められる例として挙げられています。その認められる理由は、「他者に悪しきカルマをもたらすことを避けるため」ということで、それは通常であれば、自らを陵辱する怒り憎むべき敵である者たちにさえも慈悲心を起こして、その者たちに、自身が生き長らえる中において、これ以上にその者たちに悪いカルマを積まさせてはいけないとして、自らで瞑想死を選んだ例であります。

普通の人間、凡夫であれば、自らを誹謗中傷し、暴力・拷問して危害を及ぼして来る者に対して、そのように慈悲心を起こすことは到底考えられないことでありますが、高い悟りの境地に至っている聖者においては可能なこととなります。それは、むしろ忍辱・忍耐行をさせて頂けるための存在として、有り難い存在であり、当然に慈悲心を起こすべき存在であると考えるわけであります。この理解はなかなかできないのが凡夫であると言えるでしょう。

自殺の手段に関しては、瞑想であろうが、道具・毒薬を使おうが、真言(マントラ)の力に頼ろうが、手段の違いで自己の死という結果は変わりないと説明されています。

そして、改めて、まず自殺は仏教徒にとっても悪しきこととして、当然に極力避けないといけないと前置きされた上で、ある極めて限定された極限状態の中で、例外的に否定されない場合があるということを述べられ、章の最後においては「殺人」について、その許容される唯一の場合として、お釈迦様が語られたことを例として挙げられておられます。

それは、「599人の生命を救うため、一人を殺すような場合として、599人が殺されることを防げるなら、その命を救うため、599人を殺す者が積む悪しきカルマを避けるため、一人を殺すことが絶対に悪だとは言い切れない」ということを述べられておられます。

以上で、『ダライ・ラマ「死の謎」を説く』・第一章・「死」とは何か・3自殺と殺人・p39-51における猊下のお考えを概観させて頂きました。ここにおいて、自殺・殺人が認められる場合の要点を確認することができますが、それは、「他者に悪しきカルマを積ませないため」という利他・慈悲の行為として、極めて限定された極限状態の中で、例外的に否定されない場合があるということであります。

このことは、この度の焼身抗議について考える際における最も重要な視座であるのではないだろうかと存じております。

中原一博氏( @tonbani )のブログにおきまして、1月8日にゴロ・ダルラにて焼身抗議をなされて、その場で死亡されたトゥルク(転生活仏)ソバ・リンポチェ師の遺言の全文日本語訳が発表されました。

その全文の内容は、中原氏も述べられておられるように、まさに自らを灯明と化した菩薩たちの願いの全てがそこにあると私も思いますので、その全文の内容に関しまして次回No.4において考えさせて頂きたいと存じております。

「1月8日焼身死亡、ソバ・リンポチェの遺言 全訳」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/shMo0jRY

チベットNOW@ルンタ・ダラムサラ通信
http://blog.livedoor.jp/rftibet/

・・次号・No.4へと続く・・

参照
「癒しと救い―アジアの宗教的伝統に学ぶ」(2001年)・立川武蔵先生編集・玉川大学出版部
第8章・仏教における殺しと救い-森雅秀先生
http://mmori.w3.kanazawa-u.ac.jp/works/article_pdf/3_48murdere&salvation.pdf

・・

「自らを灯明と化した菩薩たちの願い」No.2(2012年2月12日)
 〜チベット問題・焼身抗議を考える〜 川口英俊

今回は、仏教における「自殺」について考えて参りたいと思いますが、このように書いている今もチベット本土での焼身抗議は続いてしまっています...

最新のチベット情報・速報につきましては、中原一博氏( @tonbani )のツイッター・ブログがございます。

チベットNOW@ルンタ・ダラムサラ通信
http://blog.livedoor.jp/rftibet/

長田幸康氏(www.tibet.to)による焼身抗議の経過時系列まとめ
【メモ】チベット人による焼身抗議(2009年2月〜)
http://tibet.cocolog-nifty.com/blog_tibet/2012/02/20092-40c0.html

仏教における「自殺」ということについてですが、不殺生戒を定めている仏教においては、他殺はもちろん、自殺も禁忌であると考えるのが一般的でしょう。もちろん、不殺生戒の原則はできるだけ守られなければならないのは当たり前のことであります。

しかし、仏教においては、殺生・自殺が認められる場合があることは、あまり知られてはいませんが、あくまで限定的・極限的に認められることがあります。

まず浅学菲才の未熟者なる私見の解釈としてご寛容頂ければと存じますが、殺生・自殺として認められないのは、煩悩、特には三毒である貪・瞋・痴に侵されていることでの殺生・自殺であり、限定的・極限的に認められる殺生・自殺とは、煩悩を完全に離れたる深遠なる慈悲・利他行としての殺生・自殺と考えております。

但し、あくまでもお釈迦様は、八万四千(数多くの例えとしての数字)とも言われている法門において、対機説法として教えを聞く者の機根(教えを理解できる能力)に応じて譬喩的に説かれた中におけることでの教説もあり、十分にその機根を備えていない者にとっては誤解を生じさせてしまうことになりかねないため、誰にでもその仏説が当てはまるわけではないことには相当に注意すべきであります。特に勝手な慈悲・利他行の解釈を使って、それを殺人肯定の論理にすり替えてしまうことは過去にも多くの例があります。(最近ではオウム真理教による事件が最も有名)

(お釈迦様も自殺に関しては、限定的に許容されておられる場合があったとされる例が初期経典の中にも見つけることができます。ヴァッカリの自殺・ゴーディカの自殺・シャーリプトラの自殺・チュンダの自殺・お釈迦様自身の延命拒絶など。また、殺人に関しても法華経・譬喩品や涅槃経・聖行品においてあくまでも譬喩的にそれが肯定的に説かれていると解釈される場合があります。更に補足としては、大量殺人者でありながら仏教帰依により聖者となられた例として、アングリマーラ尊、鬼子母神・ハーリティー、大元帥明王・アータヴァカなどの説話があります。)

自殺や殺人に関してのお釈迦様の教説の譬喩を理解するためには、やはり最低でも、確かなる出離心(迷いの世界から逃れたいと強く思う心)・菩提心(悟りを目指したい・一切衆生を救いたいと強く思う心)を起こし、煩悩・無明を対治するためにおける慈悲の働き(方便)と智慧(深遠なる空と縁起の理法の了解)の二資糧をある程度積んでいる前提があってこそであり、このことを理解せずに、安易に自殺・殺人の肯定を声高に主張することは相当な弊害をもたらしかねない危険性を孕んでいるため、非常に気を付けなければならないと考えています。

私自身も先の解釈においては、真なる深遠なる慈悲・利他行とは何であるのかについて、まだまだ理解浅薄であるため、本当に、これが認められる殺生・自殺、これは認められない殺生・自殺と決めることのできるような立場ではありませんことを、あしからずご了承頂けましたらと存じます。

さて、仏教における自殺には、捨身行としていくつかの行があります。それは、代表的には穢土(煩悩・無明の中での汚れた世界)としてあるこの世を速やかに離れて、仏の世界へと赴かんとするための「異相(いそう)往生」として、阿弥陀如来・極楽往生、弥勒菩薩・兜率天往生、観音菩薩・補陀落往生、薬師如来・浄瑠璃往生などの仏国土へと向かうために、断食・入水・縊死(首吊り)・埋身、そして「焼身」などにより、自殺するということが挙げられます。

特に「焼身」を選択して行う者が多く例としてあるのは、法華経の薬王菩薩本事品における内容が大きな影響を与えていることが考えられます。簡単には、薬王菩薩がその前世において、一切衆生喜見菩薩であった時に、師である日月浄明徳如来の法華経の説法に歓喜して、自らの身を焼いて日月浄明徳如来を供養したという内容であります。また、「焼身」での異相往生では、自らの往生だけではなく、それを見る者たちにも仏国土を目のあたりに体験させて、往生を期待させるためへの供養という意もあり、多くの見る者たちがあるため、後世に伝えられていることが多いのも確かでありますでしょう。

捨身行として更には、弥勒菩薩が如来となり兜率天からこの世に現れられるまでの衆生救済を目的として即身仏となるために入定する行も有名であります。また、チベット仏教において、かなり高い悟りの境地にある僧侶は、瞑想によって自らで自在に心臓を止め、呼吸を止めて死の状態を迎えて自殺することができる例もあるようです。

さて、ではこの度のチベットにおける焼身抗議、焼身による自殺は、仏教における自殺として果たしてどのように考えることができるのか、この自殺が仏教として認められるものであるのか、認められないものであるのかという、是か非かと結論づけることはこの浅学菲才の未熟者にはできませんが、これまでの仏教思想の学びからできるだけ真摯に考えて参りたいと存じます。

・・次号・No.3へと続く・・

次号では、ダライ・ラマ法王猊下の自殺に関してのお考えについて考慮できればと思っています。

参照
「仏教は自殺を本当に禁じているのか?」
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/3138/suicide_buddhism.html

「異相往生 −難行・苦行の浄土行」荒木睦彦氏
http://www.araki-labo.jp/jshigo06.htm

「癒しと救い―アジアの宗教的伝統に学ぶ」(2001年)・立川武蔵先生編集・玉川大学出版部
第8章・仏教における殺しと救い-森雅秀先生
http://mmori.w3.kanazawa-u.ac.jp/works/article_pdf/3_48murdere&salvation.pdf

参照 ウィキペディア関連用語内
・薬王菩薩
・入定

・・

「自らを灯明と化した菩薩たちの願い」No.1(2012年2月10日)
 〜チベット問題・焼身抗議を考える〜 川口英俊

2008年3月10日にチベット・ラサで発生した大規模抗議行動からもうすぐ4年になろうとしている。これまでも半世紀にわたる中国政府による耐えかねる弾圧・圧政により、命を奪われ、また、自ら命を絶ったチベット人が数多くいる中で、自らに火を放ち、焼身してまで抗議の声を叫ぶに至った最初の犠牲者とされるのが、2009年2月27日、チベット・アムド地方アバ・キルティ僧院の僧侶・故タペー氏の焼身抗議である。

以来、現在(2012年2月8日)までに、チベット本土で焼身抗議を行った者は、既に20名を超え、そのうち少なくとも14名が亡くなり、数名が行方不明のままである。また、これまでの抗議への弾圧により、凶弾に倒れた者、不当逮捕・投獄された者、行方不明となっている者は数え切れないほどになってしまっています。

チベット問題の起因は、第二次世界大戦後、中華人民共和国の建国に伴って、中国がチベット支配・統治を進めるために様々な弾圧を進めてきたことにあります。特に、1949年からの軍事侵攻や飢餓などにより命を落としたチベット人犠牲者の数は100万人を超えているとされ、大量虐殺と共に、著しい人権侵害、民族・文化・宗教破壊、思想強要が行われているとして、現在においても国際的に解決・改善が必要な問題として扱われるように提起がなされています。

特に凄惨さを極める圧政・弾圧の嵐の中で、1959年3月のラサ民衆蜂起においてダライ・ラマ14世法王猊下がインドへと亡命し、亡命政府を樹立するに至ったことは象徴的な出来事となり、チベット人たちの心の支えである拠り所、チベット仏教界の指導的立場である法王猊下を失った打撃は計り知れないものとなりました。その後も共産党による民主改革や文化大革命、改革開放政策の下で、チベット人たちへの蹂躙は絶え間なく続き、主に挙げるだけでも、チベットへの漢族大量移民による民族浄化問題、チベット人大量失業・貧困化問題、チベット語・文化・芸術・教育の破壊問題、信教・言論の自由への侵害問題、環境問題・核開発問題などと、多くの圧政・弾圧による弊害がいまだに生じてしまっている状況となっています。

このような中で、ダライ・ラマ14世法王猊下は、亡命以来、チベット問題改善を国際社会に広く訴えられてこられたものの、いまだ十分な成果を得られることはできずのままであり、また、本土でもチベット人たちによる激しい抗議行動が繰り返されてきましたが、ことごとく封殺されてしまい、一向に改善されることなく今日に至っています。

近年の本土でのチベット人による抵抗運動においては、法王猊下の意向を汲んで、非暴力的な抗議行動が行われていますが、それでも激しい弾圧は依然として続き、ついには自らに火を付けて訴えるという手段を行うまでになってしまうほど状況は追いつめられており、2009年2月の僧侶・故タペー氏による焼身抗議以来、特に2011年3月からのここ一年にわたっては焼身抗議が続発している異常な事態となってしまっています。

・・次号・No.2へと続く・・

参照 ダライ・ラマ法王日本代表部事務所サイト内
http://www.tibethouse.jp/home.html
「チベットを知るために」
http://www.tibethouse.jp/about/index.html

参照 ウィキペディア関連用語内
・チベット問題
・チベット動乱
・1959年のチベット蜂起
・2008年のチベット騒乱

・・

現在進行形のチベット情勢に関しての情報については、主に中原一博氏からのツイッター・ブログによる情報を参照とさせて頂いております。

チベットNOW@ルンタ・ダラムサラ通信
http://blog.livedoor.jp/rftibet/

・・

チベット問題を平和的に解決し、平等と相互協力を基盤にチベット人と中国人が共存・安住できる社会の実現を目指して、ダライ・ラマ14世法王猊下が提唱しておられる「中道のアプローチ・チベット問題解決に向けての骨子」は下記、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所サイトのページをご参照下さい。
http://www.tibethouse.jp/cta/middleway.html

≪ 1960年 亡命直後のダライ・ラマ法王による祷りの詩 ≫
(翻訳:石濱裕美子先生)
http://www.tibethouse.jp/dalai_lama/index.html

海のように果てしない徳をそなえて
すべての非力な生き物を、たった一人の我が子のように愛される
過去・現在・未来に出現される方(仏)よ、その子(菩薩)よ。その弟子たちよ。
どうかこの私の真実の叫びを聞いてください。

この世の苦しみを取り除く、完璧な仏の教えは
全世界の幸福をになっている。
この教えを奉じている学者や行者たちの
十種類の法行(正しい仏教の修行)が栄えて行きますように。

恐ろしい乱暴な悪行の徒に迫害されて
絶え間なく苦しんでいる非力な生き物たち
かれらの堪え難い、病と戦争と飢えの恐怖が
鎮まって、平和の海の中で安らげますように。

とりわけ、敬虔な雪国(チベット)の人々が、
仏教を信じない異教徒の群によって無慈悲に
荒々しく滅ぼされて、流した血と涙の河が
すぐにとまるように、慈悲の力を生じてください。

煩悩という魔物に惑わされた残虐な行為により
自分も他人も滅ぼすものは哀れむべきものたち。
この乱暴な人々の群がなすべきこと・なさざるべきことを判別できる目を
得て、愛をもってわたしたちの友となるように。

長く心に暖めてきた願いがかない、
チベットの完全独立が自ずとかない、
仏教にもとづく政治が栄えるような
そのような良き時代をすぐに与えてください。

仏の教えとその教えを守っている政府や民のために
自分の可愛い身体や財産をなげうって
千の困難を味わっている人々を
ポタラにいる方よ(観音様よ)、お守り下さい。

まとめると、頼るべき方観音様は、
仏と菩薩の眼前で「このチベットの地を護ろう」と広大な祈願をたてられた。
その祈願の結果がすぐに現実のものとなりますように。

この世界と空性(一切ものに実体がない)の本質である深遠なる縁起と
最高の三つの宝(仏とその教えとその教えを奉じる僧侶)の力と真実の言葉の力と
良い行為には良い結果が、悪い行為に悪い結果が必ずでるという真実の力によって、
我々のこの真実の祈りが障りなく現実のものとなりますように。

以上ここまで。


2012年02月13日(Mon)▲ページの先頭へ
「自らを灯明と化した菩薩たちの願い」No.2〜チベット問題・焼身抗議を考える〜
【チベット問題】

「自らを灯明と化した菩薩たちの願い」No.2(2012年2月12日)
 〜チベット問題・焼身抗議を考える〜 川口英俊

前号・No.1(http://t.co/Y0nu4h2A

今回は、仏教における「自殺」について考えて参りたいと思いますが、このように書いている今もチベット本土での焼身抗議は続いてしまっています...

最新のチベット情報・速報につきましては、中原一博氏( @tonbani )のツイッター・ブログがございます。

チベットNOW@ルンタ・ダラムサラ通信
http://blog.livedoor.jp/rftibet/

長田幸康氏(www.tibet.to)による焼身抗議の経過時系列まとめ
【メモ】チベット人による焼身抗議(2009年2月〜)
http://tibet.cocolog-nifty.com/blog_tibet/2012/02/20092-40c0.html

仏教における「自殺」ということについてですが、不殺生戒を定めている仏教においては、他殺はもちろん、自殺も禁忌であると考えるのが一般的でしょう。もちろん、不殺生戒の原則はできるだけ守られなければならないのは当たり前のことであります。

しかし、仏教においては、殺生・自殺が認められる場合があることは、あまり知られてはいませんが、あくまで限定的・極限的に認められることがあります。

まず浅学菲才の未熟者なる私見の解釈としてご寛容頂ければと存じますが、殺生・自殺として認められないのは、煩悩、特には三毒である貪・瞋・痴に侵されていることでの殺生・自殺であり、限定的・極限的に認められる殺生・自殺とは、煩悩を完全に離れたる深遠なる慈悲・利他行としての殺生・自殺と考えております。

但し、あくまでもお釈迦様は、八万四千(数多くの例えとしての数字)とも言われている法門において、対機説法として教えを聞く者の機根(教えを理解できる能力)に応じて譬喩的に説かれた中におけることでの教説もあり、十分にその機根を備えていない者にとっては誤解を生じさせてしまうことになりかねないため、誰にでもその仏説が当てはまるわけではないことには相当に注意すべきであります。特に勝手な慈悲・利他行の解釈を使って、それを殺人肯定の論理にすり替えてしまうことは過去にも多くの例があります。(最近ではオウム真理教による事件が最も有名)

(お釈迦様も自殺に関しては、限定的に許容されておられる場合があったとされる例が初期経典の中にも見つけることができます。ヴァッカリの自殺・ゴーディカの自殺・シャーリプトラの自殺・チュンダの自殺・お釈迦様自身の延命拒絶など。また、殺人に関しても法華経・譬喩品や涅槃経・聖行品においてあくまでも譬喩的にそれが肯定的に説かれていると解釈される場合があります。更に補足としては、大量殺人者でありながら仏教帰依により聖者となられた例として、アングリマーラ尊、鬼子母神・ハーリティー、大元帥明王・アータヴァカなどの説話があります。)

自殺や殺人に関してのお釈迦様の教説の譬喩を理解するためには、やはり最低でも、確かなる出離心(迷いの世界から逃れたいと強く思う心)・菩提心(悟りを目指したい・一切衆生を救いたいと強く思う心)を起こし、煩悩・無明を対治するためにおける慈悲の働き(方便)と智慧(深遠なる空と縁起の理法の了解)の二資糧をある程度積んでいる前提があってこそであり、このことを理解せずに、安易に自殺・殺人の肯定を声高に主張することは相当な弊害をもたらしかねない危険性を孕んでいるため、非常に気を付けなければならないと考えています。

私自身も先の解釈においては、真なる深遠なる慈悲・利他行とは何であるのかについて、まだまだ理解浅薄であるため、本当に、これが認められる殺生・自殺、これは認められない殺生・自殺と決めることのできるような立場ではありませんことを、あしからずご了承頂けましたらと存じます。

さて、仏教における自殺には、捨身行としていくつかの行があります。それは、代表的には穢土(煩悩・無明の中での汚れた世界)としてあるこの世を速やかに離れて、仏の世界へと赴かんとするための「異相(いそう)往生」として、阿弥陀如来・極楽往生、弥勒菩薩・兜率天往生、観音菩薩・補陀落往生、薬師如来・浄瑠璃往生などの仏国土へと向かうために、断食・入水・縊死(首吊り)・埋身、そして「焼身」などにより、自殺するということが挙げられます。

特に「焼身」を選択して行う者が多く例としてあるのは、法華経の薬王菩薩本事品における内容が大きな影響を与えていることが考えられます。簡単には、薬王菩薩がその前世において、一切衆生喜見菩薩であった時に、師である日月浄明徳如来の法華経の説法に歓喜して、自らの身を焼いて日月浄明徳如来を供養したという内容であります。また、「焼身」での異相往生では、自らの往生だけではなく、それを見る者たちにも仏国土を目のあたりに体験させて、往生を期待させるためへの供養という意もあり、多くの見る者たちがあるため、後世に伝えられていることが多いのも確かでありますでしょう。

捨身行として更には、弥勒菩薩が如来となり兜率天からこの世に現れられるまでの衆生救済を目的として即身仏となるために入定する行も有名であります。また、チベット仏教において、かなり高い悟りの境地にある僧侶は、瞑想によって自らで自在に心臓を止め、呼吸を止めて死の状態を迎えて自殺することができる例もあるようです。

さて、ではこの度のチベットにおける焼身抗議、焼身による自殺は、仏教における自殺として果たしてどのように考えることができるのか、この自殺が仏教として認められるものであるのか、認められないものであるのかという、是か非かと結論づけることはこの浅学菲才の未熟者にはできませんが、これまでの仏教思想の学びからできるだけ真摯に考えて参りたいと存じます。

・・次号・No.3へと続く・・

次号では、下記参照に挙げさせて頂いております森雅秀先生の論文「仏教における殺しと救い」の内容と、ダライ・ラマ法王猊下の自殺に関してのお考えについても考慮できればと思っています。

参照
「仏教は自殺を本当に禁じているのか?」
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/3138/suicide_buddhism.html

「異相往生 −難行・苦行の浄土行」荒木睦彦氏
http://www.araki-labo.jp/jshigo06.htm

「癒しと救い―アジアの宗教的伝統に学ぶ」(2001年)・立川武蔵先生編集・玉川大学出版部
第8章・仏教における殺しと救い-森雅秀先生
http://mmori.w3.kanazawa-u.ac.jp/works/article_pdf/3_48murdere&salvation.pdf

参照 ウィキペディア関連用語内
・薬王菩薩
・入定

・・

「自らを灯明と化した菩薩たちの願い」No.1(2012年2月10日)
 〜チベット問題・焼身抗議を考える〜 川口英俊

2008年3月10日にチベット・ラサで発生した大規模抗議行動からもうすぐ4年になろうとしている。これまでも半世紀にわたる中国政府による耐えかねる弾圧・圧政により、命を奪われ、また、自ら命を絶ったチベット人が数多くいる中で、自らに火を放ち、焼身してまで抗議の声を叫ぶに至った最初の犠牲者とされるのが、2009年2月27日、チベット・アムド地方アバ・キルティ僧院の僧侶・故タペー氏の焼身抗議である。

以来、現在(2012年2月8日)までに、チベット本土で焼身抗議を行った者は、既に20名を超え、そのうち少なくとも14名が亡くなり、数名が行方不明のままである。また、これまでの抗議への弾圧により、凶弾に倒れた者、不当逮捕・投獄された者、行方不明となっている者は数え切れないほどになってしまっています。

チベット問題の起因は、第二次世界大戦後、中華人民共和国の建国に伴って、中国がチベット支配・統治を進めるために様々な弾圧を進めてきたことにあります。特に、1949年からの軍事侵攻や飢餓などにより命を落としたチベット人犠牲者の数は100万人を超えているとされ、大量虐殺と共に、著しい人権侵害、民族・文化・宗教破壊、思想強要が行われているとして、現在においても国際的に解決・改善が必要な問題として扱われるように提起がなされています。

特に凄惨さを極める圧政・弾圧の嵐の中で、1959年3月のラサ民衆蜂起においてダライ・ラマ14世法王猊下がインドへと亡命し、亡命政府を樹立するに至ったことは象徴的な出来事となり、チベット人たちの心の支えである拠り所、チベット仏教界の指導的立場である法王猊下を失った打撃は計り知れないものとなりました。その後も共産党による民主改革や文化大革命、改革開放政策の下で、チベット人たちへの蹂躙は絶え間なく続き、主に挙げるだけでも、チベットへの漢族大量移民による民族浄化問題、チベット人大量失業・貧困化問題、チベット語・文化・芸術・教育の破壊問題、信教・言論の自由への侵害問題、環境問題・核開発問題などと、多くの圧政・弾圧による弊害がいまだに生じてしまっている状況となっています。

このような中で、ダライ・ラマ14世法王猊下は、亡命以来、チベット問題改善を国際社会に広く訴えられてこられたものの、いまだ十分な成果を得られることはできずのままであり、また、本土でもチベット人たちによる激しい抗議行動が繰り返されてきましたが、ことごとく封殺されてしまい、一向に改善されることなく今日に至っています。

近年の本土でのチベット人による抵抗運動においては、法王猊下の意向を汲んで、非暴力的な抗議行動が行われていますが、それでも激しい弾圧は依然として続き、ついには自らに火を付けて訴えるという手段を行うまでになってしまうほど状況は追いつめられており、2009年2月の僧侶・故タペー氏による焼身抗議以来、特に2011年3月からのここ一年にわたっては焼身抗議が続発している異常な事態となってしまっています。

・・次号・No.2へと続く・・

参照 ダライ・ラマ法王日本代表部事務所サイト内
http://www.tibethouse.jp/home.html
「チベットを知るために」
http://www.tibethouse.jp/about/index.html

参照 ウィキペディア関連用語内
・チベット問題
・チベット動乱
・1959年のチベット蜂起
・2008年のチベット騒乱

・・

現在進行形のチベット情勢に関しての情報については、主に中原一博氏からのツイッター・ブログによる情報を参照とさせて頂いております。

チベットNOW@ルンタ・ダラムサラ通信
http://blog.livedoor.jp/rftibet/

・・

チベット問題を平和的に解決し、平等と相互協力を基盤にチベット人と中国人が共存・安住できる社会の実現を目指して、ダライ・ラマ14世法王猊下が提唱しておられる「中道のアプローチ・チベット問題解決に向けての骨子」は下記、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所サイトのページをご参照下さい。
http://www.tibethouse.jp/cta/middleway.html

≪ 1960年 亡命直後のダライ・ラマ法王による祷りの詩 ≫
(翻訳:石濱裕美子先生)
http://www.tibethouse.jp/dalai_lama/index.html

海のように果てしない徳をそなえて
すべての非力な生き物を、たった一人の我が子のように愛される
過去・現在・未来に出現される方(仏)よ、その子(菩薩)よ。その弟子たちよ。
どうかこの私の真実の叫びを聞いてください。

この世の苦しみを取り除く、完璧な仏の教えは
全世界の幸福をになっている。
この教えを奉じている学者や行者たちの
十種類の法行(正しい仏教の修行)が栄えて行きますように。

恐ろしい乱暴な悪行の徒に迫害されて
絶え間なく苦しんでいる非力な生き物たち
かれらの堪え難い、病と戦争と飢えの恐怖が
鎮まって、平和の海の中で安らげますように。

とりわけ、敬虔な雪国(チベット)の人々が、
仏教を信じない異教徒の群によって無慈悲に
荒々しく滅ぼされて、流した血と涙の河が
すぐにとまるように、慈悲の力を生じてください。

煩悩という魔物に惑わされた残虐な行為により
自分も他人も滅ぼすものは哀れむべきものたち。
この乱暴な人々の群がなすべきこと・なさざるべきことを判別できる目を
得て、愛をもってわたしたちの友となるように。

長く心に暖めてきた願いがかない、
チベットの完全独立が自ずとかない、
仏教にもとづく政治が栄えるような
そのような良き時代をすぐに与えてください。

仏の教えとその教えを守っている政府や民のために
自分の可愛い身体や財産をなげうって
千の困難を味わっている人々を
ポタラにいる方よ(観音様よ)、お守り下さい。

まとめると、頼るべき方観音様は、
仏と菩薩の眼前で「このチベットの地を護ろう」と広大な祈願をたてられた。
その祈願の結果がすぐに現実のものとなりますように。

この世界と空性(一切ものに実体がない)の本質である深遠なる縁起と
最高の三つの宝(仏とその教えとその教えを奉じる僧侶)の力と真実の言葉の力と
良い行為には良い結果が、悪い行為に悪い結果が必ずでるという真実の力によって、
我々のこの真実の祈りが障りなく現実のものとなりますように。

以上ここまで。


2012年02月11日(Sat)▲ページの先頭へ
「自らを灯明と化した菩薩たちの願い」No.1 〜チベット問題・焼身抗議を考える〜
【チベット問題】

「自らを灯明と化した菩薩たちの願い」No.1(2012年2月10日)
 〜チベット問題・焼身抗議を考える〜 川口英俊

2008年3月10日にチベット・ラサで発生した大規模抗議行動からもうすぐ4年になろうとしている。これまでも半世紀にわたる中国政府による耐えかねる弾圧・圧政により、命を奪われ、また、自ら命を絶ったチベット人が数多くいる中で、自らに火を放ち、焼身してまで抗議の声を叫ぶに至った最初の犠牲者とされるのが、2009年2月27日、チベット・アムド地方アバ・キルティ僧院の僧侶・故タペー氏の焼身抗議である。

以来、現在(2012年2月8日)までに、チベット本土で焼身抗議を行った者は、既に20名を超え、そのうち少なくとも14名が亡くなり、数名が行方不明のままである。また、これまでの抗議への弾圧により、凶弾に倒れた者、不当逮捕・投獄された者、行方不明となっている者は数え切れないほどになってしまっています。

チベット問題の起因は、第二次世界大戦後、中華人民共和国の建国に伴って、中国がチベット支配・統治を進めるために様々な弾圧を進めてきたことにあります。特に、1949年からの軍事侵攻や飢餓などにより命を落としたチベット人犠牲者の数は100万人を超えているとされ、大量虐殺と共に、著しい人権侵害、民族・文化・宗教破壊、思想強要が行われているとして、現在においても国際的に解決・改善が必要な問題として扱われるように提起がなされています。

特に凄惨さを極める圧政・弾圧の嵐の中で、1959年3月のラサ民衆蜂起においてダライ・ラマ14世法王猊下がインドへと亡命し、亡命政府を樹立するに至ったことは象徴的な出来事となり、チベット人たちの心の支えである拠り所、チベット仏教界の指導的立場である法王猊下を失った打撃は計り知れないものとなりました。その後も共産党による民主改革や文化大革命、改革開放政策の下で、チベット人たちへの蹂躙は絶え間なく続き、主に挙げるだけでも、チベットへの漢族大量移民による民族浄化問題、チベット人大量失業・貧困化問題、チベット語・文化・芸術・教育の破壊問題、信教・言論の自由への侵害問題、環境問題・核開発問題などと、多くの圧政・弾圧による弊害がいまだに生じてしまっている状況となっています。

このような中で、ダライ・ラマ14世法王猊下は、亡命以来、チベット問題改善を国際社会に広く訴えられてこられたものの、いまだ十分な成果を得られることはできずのままであり、また、本土でもチベット人たちによる激しい抗議行動が繰り返されてきましたが、ことごとく封殺されてしまい、一向に改善されることなく今日に至っています。

近年の本土でのチベット人による抵抗運動においては、法王猊下の意向を汲んで、非暴力的な抗議行動が行われていますが、それでも激しい弾圧は依然として続き、ついには自らに火を付けて訴えるという手段を行うまでになってしまうほど状況は追いつめられており、2009年2月の僧侶・故タペー氏による焼身抗議以来、特に2011年3月からのここ一年にわたっては焼身抗議が続発している異常な事態となってしまっています。

・・次号・No.2へと続く・・

参照 ダライ・ラマ法王日本代表部事務所サイト内
http://www.tibethouse.jp/home.html
「チベットを知るために」
http://www.tibethouse.jp/about/index.html

参照 ウィキペディア関連用語内
・チベット問題
・チベット動乱
・1959年のチベット蜂起
・2008年のチベット騒乱

・・

現在進行形のチベット情勢に関しての情報については、主に中原一博氏からのツイッター・ブログによる情報を参照とさせて頂いております。

チベットNOW@ルンタ・ダラムサラ通信
http://blog.livedoor.jp/rftibet/

【チベット問題】(2012.2.11までの総合まとめ)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52066511.html

・・

チベット問題を平和的に解決し、平等と相互協力を基盤にチベット人と中国人が共存・安住できる社会の実現を目指して、ダライ・ラマ14世法王猊下が提唱しておられる「中道のアプローチ・チベット問題解決に向けての骨子」は下記、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所サイトのページをご参照下さい。
http://www.tibethouse.jp/cta/middleway.html

≪ 1960年 亡命直後のダライ・ラマ法王による祷りの詩 ≫
(翻訳:石濱裕美子先生)
http://www.tibethouse.jp/dalai_lama/index.html

海のように果てしない徳をそなえて
すべての非力な生き物を、たった一人の我が子のように愛される
過去・現在・未来に出現される方(仏)よ、その子(菩薩)よ。その弟子たちよ。
どうかこの私の真実の叫びを聞いてください。

この世の苦しみを取り除く、完璧な仏の教えは
全世界の幸福をになっている。
この教えを奉じている学者や行者たちの
十種類の法行(正しい仏教の修行)が栄えて行きますように。

恐ろしい乱暴な悪行の徒に迫害されて
絶え間なく苦しんでいる非力な生き物たち
かれらの堪え難い、病と戦争と飢えの恐怖が
鎮まって、平和の海の中で安らげますように。

とりわけ、敬虔な雪国(チベット)の人々が、
仏教を信じない異教徒の群によって無慈悲に
荒々しく滅ぼされて、流した血と涙の河が
すぐにとまるように、慈悲の力を生じてください。

煩悩という魔物に惑わされた残虐な行為により
自分も他人も滅ぼすものは哀れむべきものたち。
この乱暴な人々の群がなすべきこと・なさざるべきことを判別できる目を
得て、愛をもってわたしたちの友となるように。

長く心に暖めてきた願いがかない、
チベットの完全独立が自ずとかない、
仏教にもとづく政治が栄えるような
そのような良き時代をすぐに与えてください。

仏の教えとその教えを守っている政府や民のために
自分の可愛い身体や財産をなげうって
千の困難を味わっている人々を
ポタラにいる方よ(観音様よ)、お守り下さい。

まとめると、頼るべき方観音様は、
仏と菩薩の眼前で「このチベットの地を護ろう」と広大な祈願をたてられた。
その祈願の結果がすぐに現実のものとなりますように。

この世界と空性(一切ものに実体がない)の本質である深遠なる縁起と
最高の三つの宝(仏とその教えとその教えを奉じる僧侶)の力と真実の言葉の力と
良い行為には良い結果が、悪い行為に悪い結果が必ずでるという真実の力によって、
我々のこの真実の祈りが障りなく現実のものとなりますように。

以上ここまで。


2012年02月01日(Wed)▲ページの先頭へ
【チベット問題】2/8世界同時開催 チベット本土のための緊急法要-ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
チベット情勢は焼身抗議・デモと頻発し、依然として憂慮すべき緊張した深刻な事態となっています。死傷者・行方不明者・不当逮捕者と犠牲者の数もかなり増え続けています・・2月8日には世界同時開催で抗議行動や犠牲者法要が行われる予定となっています。

世界同時開催 チベット本土のための緊急法要-ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
http://www.tibethouse.jp/event/2012/120208_houyou.html

僧侶や尼僧、一般人の抗議の焼身自殺が相次いでおります。
このことから、チベット亡命政権は深い懸念を持って、死亡したチベット人および、民族の権利のために声を上げ、重大な段階を迎えているチベット本土のチベット人に対し支援と連帯の表明要請と、自由世界のチベット人およびチベット・サポーターの皆さんへはチベット本土の状況を知らせる平和的イベント開催のお願いの声明を昨年10月に引き続き発表させていただきました。

つきましては以下の日程で、世界同時共同法要を執り行わせていただきます。皆様のご参加をよろしくお願い申し上げます。

日時 平成24年2月8日(水)18:30受付開始 19:00法要開始
場所 大本山 護国寺 桂昌殿 http://www.gokokuji.or.jp
主催 ダライ・ラマ法王日本代表部事務所(チベットハウス)

・・

【チベット問題】

焼身抗議・デモと続発し、チベット情勢は更に深刻な事態となっています。中原一博氏( @tonbani )からのツイッター・ブログによる情報には特に注視が必要であります。チベットNOW@ルンタ・ダラムサラ通信 http://t.co/rk94bOgV

<貴重映像>ザムタン公安前で抗議の声を上げるチベット人たち。/CNNのチベット潜入トライ映像。 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/jxBkGs1O

抗議行動続発 連鎖を警戒 チベット、ウイグルで警戒強化 - MSN産経ニュース
http://t.co/DEYcwB8S

世界同時開催 チベット本土のための緊急法要 2月8日(水)18:30受付開始 19:00法要開始 大本山 護国寺 桂昌殿
http://t.co/wGWNcusx

「アムド、ゴロ、ペマ県で抗議デモ頻発」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/J1oNsdHj

チベット人の抗議デモに対し、当局は過剰な武力行使を避けるべき
http://t.co/HXYleraq

連鎖するチベット族抗議行動 治安部隊発砲 3人死亡 - MSN産経ニュース
http://t.co/eyKjV1iP

<中国>チベット族と衝突拡大 デモに発砲6人死亡 四川省(毎日新聞) - Y!ニュース
http://t.co/jrfZ0eKY

四川でチベット族抗議、治安部隊発砲で3人死亡(読売新聞) - Y!ニュース
http://t.co/Mp6cX3g8

ウーセル・ブログ「瘋蟹:4枚のチベット漫画」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/pVMBsSgO

「ウゲンの遺体はすぐにザムタン・チョナン僧院に運ばれ、良き来世のためにポアが行われた」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/OXGfRMkD

「ザムタン、タウ、ペマ、ラギャ、ラサ...各地で次々事件が起こる」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/fpqN0vq2

<速報>ンガバ、ザムタン県バルマ郷で保安部隊と地域の住民が衝突、発砲により1人死亡か? - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/l2Law0Bp

「ダンゴ、セルタ事件に関する中国側の発表等」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/cu5A8iLV

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所・ニュースリリース 一覧
http://t.co/1Vl02uXx

「セルタ、ダンゴ、ンガバの状況」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/EXBXWZ0s

「カム、ダンゴの続報/今日セルタでデモ、当局の発砲により5人死亡か?」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/uABy9Zyq

時事ドットコム:チベット問題に「重大な懸念」=中国副主席に提起へ−米
http://t.co/yzqKiu6p

「速報:今朝カム、ダンゴで大規模デモ、当局の発砲により2人死亡か?(続報追記あり)」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/LfyT1Myw

中国:デモに治安部隊発砲、チベット族1人死亡…四川省 - 毎日jp(毎日新聞)
http://t.co/jtcwTHqE

チベット族住民が死亡=治安部隊、デモ隊に無差別発砲―30人負傷情報も・中国四川(時事通信) - Y!ニュース
http://t.co/B87RG11W

「アムドの高僧 拷問の結果死亡」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/bKBDjtg7

「8日に焼身抗議死亡のソバ・リンポチェ 遺言テープが届く」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/k3xGmyWR

ウーセル・ブログ「なぜカロン・ティパ(首相)はタベーの名を呼ばないのか?」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/wbGGnhaz

「14日にンガバで焼身抗議を行ったロブサン・ジャミヤン 死亡確認」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/DIoNyvUj

「ゴロ:ダルラとペマ、カンゼ:セルタで抗議デモ その他」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/HUxNvxHk

何ということを・・ RT @tonbani Tibet Timesによれば、15日に行われたソバ・リンポチェの葬儀の際、当局は葬儀を蹴散らしただけでなく、遺体を奪ったという。
http://t.co/BBSiGPu0

王力雄「焼身抗議以外に何ができるというのか?」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/g3xdzSk2

【チベット問題】(2012.1.15までまとめ)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52061157.html

【ダライ・ラマ法王猊下関連アーカイブ】(2012.1.15までまとめ)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52061159.html

・・

「ダライ・ラマ法話 文殊の智慧による救い」(DVDブック)・春秋社

ダライ・ラマ14世法王猊下 (著)
クンチョック・シタル師 (翻訳)
阿門朋子氏 (翻訳)

1)「ダライ・ラマ法話 文殊の智慧による救い」(DVDブック)・春秋社( http://t.co/V5CcVZ95 )。ブックをまず一読了。ダライ・ラマ7世著の詩文「中観の四念住」をテキストとして文殊菩薩の慈悲と智慧についての教えに関してのご法話が中心。

2)中観思想の理解から密教の入り口付近の理解についての内容も扱われていました。思想精査理解は再読後からとして、DVDの方も楽しみに拝聴致したく存じております。

3)本DVDブックと併せて、「チベット仏教 文殊菩薩の秘訣」ソナム・ギャルツェン・ゴンタ 師著(法蔵館)の内容についても再々読理解に努めたいと考えております。

・・

ここのところ論考考察の時間がなかなかとれずで、ブログに書く内容が単調化してきてしまっていますが、「ダライ・ラマ法王 Teaching in 広島 2006 公式伝授録」[DVD] エピソード3・4・5・6を随時に拝聴させて頂いているところでございます。

一度目では理解ができなかったところも多々ありますので、二回目に入っている次第でございます。内容は、これまでも猊下の関連著書にて色々と学んで参りましたことから鑑みましてもより深い内容が扱われていると感じております。珠玉のすばらしい内容であります。

「ダライ・ラマ法王 Teaching in 広島 2006 公式伝授録」[DVD]


「縁起賛」・「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)」・「四つの捕われから離れる秘訣」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/d/19761125

下記ストアにて昨年末に購入させて頂きました。
http://store.kokonor.com/products/list.php?category_id=14

・・

『超世間賛』(出世間賛)ナーガールジュナ(龍樹)大師
(マリア・リンチェン氏訳)
http://t.co/g72Zlyhu

龍樹(ナーガールジュナ)大師
「出世間讃」抜粋(1.2.13.15.16.20.21.22.24.25.26)
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/2671162f7cc65963614c5d43ea771bf9

・・

市政功労者表彰(行政進展功労)について・東大阪市市政施行45周年記念式典に際して
http://hide-1.jugem.jp/?eid=481

・・

「中観派の不共の勝法について、「聖ツォンカパ伝」読了、他」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52058375.html

・・

「無分別」・「離戯論」について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52054473.html

#勝義方便メモ まとめNO.1
http://togetter.com/li/200586

#勝義方便メモ まとめNO.2
http://togetter.com/li/219557

・・

天罰論に関しましての私見関連考察の追記
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034966.html

『空と縁起と』〜仏教の存在論〜  平成23年度・秋季彼岸施餓鬼・配布用資料
http://t.co/wHL7TR0

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

自らを灯明と化されたツェワン・ノルブ師による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034027.html

【仏教存在論】1-45
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52031260.html

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

7/18 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52026611.html

7/6 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52024256.html

故丸山照雄師「公害企業主呪殺祈祷僧団」の活動から考える
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52018516.html

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529

日本仏教改革の視座
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52015538.html

【アンチ葬式仏教の危うさ http://bit.ly/muwOcn 】ツイッター・コメント投稿・1-26
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52014077.html

【紹介】真詮ブログ・「本願寺のヒットラー(1)宗政とは何か・(2)「最初の宗議会」の自殺」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012810.html

東大阪市における市民活動・まちづくり活性化へ向けたネットワーク構築に関しての意見交換会の雑感
http://hide-1.jugem.jp/?eid=440

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・23-27
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012801.html

「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007856.html

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51997575.html


2012年01月26日(Thu)▲ページの先頭へ
【チベット問題】焼身抗議・デモと続発し、チベット情勢は更に深刻な事態に
【チベット問題】

焼身抗議・デモと続発し、チベット情勢は更に深刻な事態となっています。中原一博氏( @tonbani )からのツイッター・ブログによる情報には特に注視が必要であります。チベットNOW@ルンタ・ダラムサラ通信 http://t.co/rk94bOgV

「セルタ、ダンゴ、ンガバの状況」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/EXBXWZ0s

「カム、ダンゴの続報/今日セルタでデモ、当局の発砲により5人死亡か?」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/uABy9Zyq

時事ドットコム:チベット問題に「重大な懸念」=中国副主席に提起へ−米
http://t.co/yzqKiu6p

「速報:今朝カム、ダンゴで大規模デモ、当局の発砲により2人死亡か?(続報追記あり)」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/LfyT1Myw

中国:デモに治安部隊発砲、チベット族1人死亡…四川省 - 毎日jp(毎日新聞)
http://t.co/jtcwTHqE

チベット族住民が死亡=治安部隊、デモ隊に無差別発砲―30人負傷情報も・中国四川(時事通信) - Y!ニュース
http://t.co/B87RG11W

「アムドの高僧 拷問の結果死亡」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/bKBDjtg7

「8日に焼身抗議死亡のソバ・リンポチェ 遺言テープが届く」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/k3xGmyWR

ウーセル・ブログ「なぜカロン・ティパ(首相)はタベーの名を呼ばないのか?」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/wbGGnhaz

「14日にンガバで焼身抗議を行ったロブサン・ジャミヤン 死亡確認」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/DIoNyvUj

「ゴロ:ダルラとペマ、カンゼ:セルタで抗議デモ その他」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/HUxNvxHk

何ということを・・ RT @tonbani Tibet Timesによれば、15日に行われたソバ・リンポチェの葬儀の際、当局は葬儀を蹴散らしただけでなく、遺体を奪ったという。
http://t.co/BBSiGPu0

王力雄「焼身抗議以外に何ができるというのか?」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/g3xdzSk2

【チベット問題】(2012.1.15までまとめ)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52061157.html

【ダライ・ラマ法王猊下関連アーカイブ】(2012.1.15までまとめ)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52061159.html

・・

ここのところ論考考察の時間がなかなかとれずで、ブログに書く内容が単調化してきてしまっていますが、「ダライ・ラマ法王 Teaching in 広島 2006 公式伝授録」[DVD] エピソード3・4・5・6を随時に拝聴させて頂いているところでございます。

一度目では理解ができなかったところも多々ありますので、二回目に入っている次第でございます。内容は、これまでも猊下の関連著書にて色々と学んで参りましたことから鑑みましてもより深い内容が扱われていると感じております。珠玉のすばらしい内容であります。

フェイスブックの方にて紹介のあった下記も購入予約致しました。

「ダライ・ラマ法話 文殊の智慧による救い」 (DVDブック)春秋社
http://www.amazon.co.jp/dp/4393970462/
ダライ・ラマ14世法王猊下 (著)
クンチョック・シタル師 (翻訳)
阿門朋子氏 (翻訳)

「ダライ・ラマ法王 Teaching in 広島 2006 公式伝授録」[DVD]


「縁起賛」・「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)」・「四つの捕われから離れる秘訣」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/d/19761125

下記ストアにて昨年末に購入させて頂きました。
http://store.kokonor.com/products/list.php?category_id=14

・・

『超世間賛』(出世間賛)ナーガールジュナ(龍樹)大師
(マリア・リンチェン氏訳)
http://t.co/g72Zlyhu

龍樹(ナーガールジュナ)大師
「出世間讃」抜粋(1.2.13.15.16.20.21.22.24.25.26)
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/2671162f7cc65963614c5d43ea771bf9

・・

市政功労者表彰(行政進展功労)について・東大阪市市政施行45周年記念式典に際して
http://hide-1.jugem.jp/?eid=481

・・

「中観派の不共の勝法について、「聖ツォンカパ伝」読了、他」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52058375.html

・・

「無分別」・「離戯論」について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52054473.html

#勝義方便メモ まとめNO.1
http://togetter.com/li/200586

#勝義方便メモ まとめNO.2
http://togetter.com/li/219557

・・

天罰論に関しましての私見関連考察の追記
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034966.html

『空と縁起と』〜仏教の存在論〜  平成23年度・秋季彼岸施餓鬼・配布用資料
http://t.co/wHL7TR0

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

自らを灯明と化されたツェワン・ノルブ師による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034027.html

【仏教存在論】1-45
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52031260.html

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

7/18 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52026611.html

7/6 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52024256.html

故丸山照雄師「公害企業主呪殺祈祷僧団」の活動から考える
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52018516.html

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529

日本仏教改革の視座
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52015538.html

【アンチ葬式仏教の危うさ http://bit.ly/muwOcn 】ツイッター・コメント投稿・1-26
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52014077.html

【紹介】真詮ブログ・「本願寺のヒットラー(1)宗政とは何か・(2)「最初の宗議会」の自殺」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012810.html

東大阪市における市民活動・まちづくり活性化へ向けたネットワーク構築に関しての意見交換会の雑感
http://hide-1.jugem.jp/?eid=440

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・23-27
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012801.html

「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007856.html

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51997575.html


2012年01月09日(Mon)▲ページの先頭へ
【チベット問題】転生活仏・トゥルク、ソナム・ワンギェル師による焼身抗議供養
【チベット問題】

中原一博氏( @tonbani )ブログ「高僧が壮絶な焼身抗議 その場で死亡」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/MKpyEZb4

1)1月8日にチベット・アムド地方にあるドゥンキャップ僧院のトゥルク(転生活仏)、ソナム・ワンギェル師が焼身抗議供養を行われたとの報あり・・産まれながらにも智慧と方便の素養溢れるトゥルクでさえも焼身抗議供養をなされるような異常なる事態・・

2)トゥルク、ソナム・ワンギェル師の焼身抗議供養におけるご功徳が円満に成就し、諸々善処ならしめんことを深く祈念申し上げます。輪廻の苦にある一切衆生を涅槃へとお導きになられるために再びご転生の程を賜れますよう、仰ぎ冀い奉ります。川口英俊合掌九拝

3)転生活仏・トゥルク、ソナム・ワンギェル師による焼身抗議供養は尚いっそうにチベット問題の深刻さを国際世論に訴えることとなります・・合掌九拝。「高僧が壮絶な焼身抗議 その場で死亡」 http://t.co/MKpyEZb4

4)転生活仏・トゥルク、ソナム・ワンギェル師・・深遠なる空性の現量了解による智慧・慈悲・方便・菩提心の働きとしての焼身抗議供養は間違いないでしょう・・「高僧が壮絶な焼身抗議 その場で死亡」 http://t.co/MKpyEZb4

5)焼身抗議供養なされました転生活仏・トゥルク、ソナム・ワンギェル師・・菩薩化身様として再びご転生なされて、輪廻の苦にある一切衆生への到涅槃のお導きを賜れますように深く祈念申し上げます。 川口英俊 合掌九拝 http://t.co/MKpyEZb4

・・

RT @tonbani: 昨日焼身抗議を行い死亡したトゥルク・ソナム・ワンギェル:多量の灯油を飲んで焼身したらしく、炎が上がると同時に大きな爆発が起こった。身体がバラバラになったと。警官は散らばった小さな遺体の部分を川に流した。RFA 英文 http://t.co/hhTOT0RL

RT @tonbani: 今日(8日)の焼身抗議の件:RFAに詳しいレポートあり。http://t.co/aNPFvLl0 アムド、ゴロ、ダリ郷でドゥンキャップ僧院のトゥルク(転生ラマ)ソナム・ワンギェルが焼身抗議を行い、その場で死亡。一旦警察に遺体を持ち去られるも、チベット人住民が警察署から奪い返す。

RT @tonbani: 焼身抗議のトゥルクは焼身前に丘にの登り焼香し、町の至る所にチラシを張り、ルンタを撒きならが「チベットは独立すべきだ!法王に長寿を!」と叫んだ。チラシの中には「自分が焼身するのはチベットの自由と幸福のため。又09年以降焼身抗議をした人々を偲ぶためであり、自分のためではない」>続く

RT @tonbani: 2、「法王長寿のためであるから同胞は希望を失ってはいけない。チベットには必ずや喜びの太陽が登る日が来る」と。またあるチラシには「チベット人は中国風の料理を食べてはならない。中国製の商品を買うべきではない。チベット人の経済を助けるべきだ。地域や宗派の差を越え連帯すべきだ」とも。

チベット高僧、焼身自殺 遺体返却求め数百人デモ - MSN産経ニュース
http://t.co/GoYn2X30

チベット族住民、また焼身自殺 中国政府に抗議
http://t.co/2wcD5Slh

「新たな焼身抗議ンガバで2人、今年初めて」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/iDkOavs2

時事ドットコム:また焼身自殺図る=四川省チベット族居住区−中国
http://t.co/YXB2hy7H
あぁ・・またも焼身抗議供養の報が・・残念極まりないことでございます・・

・・

『超世間賛』(出世間賛)ナーガールジュナ(龍樹)大師
(マリア・リンチェン氏訳)
http://t.co/g72Zlyhu

龍樹(ナーガールジュナ)大師
「出世間讃」抜粋(1.2.13.15.16.20.21.22.24.25.26)
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/2671162f7cc65963614c5d43ea771bf9

「カーラチャクラ灌頂初日」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/1pQhdpv6

「前行法話最終日/ナーガールジュナ『超世間賛』全文」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/isB2j7G7

「カーラチャクラ・マンダラの仏神を招くチャム」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/o61rfwZj

・・

「ダライ・ラマ法王 Teaching in 広島 2006 公式伝授録」[DVD]


エピソード4を改めて拝聴させて頂きました。法王猊下によります「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)・ツォンカパ大師」の詳しいご解説は誠に珠玉であります。深遠なる空と縁起の理法をお説きになられます法王猊下に最敬礼申し上げます。合掌九拝。

「縁起賛」・「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)」・「四つの捕われから離れる秘訣」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/d/19761125

下記ストアにて昨年末に購入させて頂きました。
http://store.kokonor.com/products/list.php?category_id=14

・・

市政功労者表彰(行政進展功労)について・東大阪市市政施行45周年記念式典に際して
http://hide-1.jugem.jp/?eid=481

・・

「中観派の不共の勝法について、「聖ツォンカパ伝」読了、他」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52058375.html

【中観派の不共の勝法】8)「空が縁起の意味である。」・「縁起している存在は、無自性・空である。」・「自性を有するものがあるとすれば、縁起しているものとは言えない。」・「空・無自性なるものにおいて縁起するものが措定される。」「空・無自性と縁起は矛盾しない。」

・・

川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

「無分別」・「離戯論」について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52054473.html

#勝義方便メモ まとめNO.1
http://togetter.com/li/200586

#勝義方便メモ まとめNO.2
http://togetter.com/li/219557

・・

【チベット問題まとめ】

テンジン・プンツォ師・焼身供養遺書詩偈、ツイッター投稿まとめ(2011.12.16)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52055243.html

【チベット問題】まとめ含む他(2011.12.11まで)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52054473.html

【チベット問題】まとめ(2011.12.1まで)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52052192.html

【チベット問題】まとめ(2011.11.17まで)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52049561.html

来日ダライ・ラマ法王猊下関連・チベット問題関連のアーカイブ(2011.11.8)
http://t.co/HfFotDxv

【チベット問題】2011.11.4までのまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52047373.html

相次ぐチベット仏教僧による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52044749.html

・・

来日ダライ・ラマ法王猊下関連・チベット問題関連のアーカイブ(2011.11.8)
http://t.co/HfFotDxv

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・1」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52046554.html

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・2」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52047133.html

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・3」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52047410.html

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・4」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52048279.html

・・

天罰論に関しましての私見関連考察の追記
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034966.html

『空と縁起と』〜仏教の存在論〜  平成23年度・秋季彼岸施餓鬼・配布用資料
http://t.co/wHL7TR0

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

自らを灯明と化されたツェワン・ノルブ師による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034027.html

【仏教存在論】1-45
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52031260.html

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

7/18 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52026611.html

7/6 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52024256.html

故丸山照雄師「公害企業主呪殺祈祷僧団」の活動から考える
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52018516.html

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529

日本仏教改革の視座
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52015538.html

【アンチ葬式仏教の危うさ http://bit.ly/muwOcn 】ツイッター・コメント投稿・1-26
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52014077.html

【紹介】真詮ブログ・「本願寺のヒットラー(1)宗政とは何か・(2)「最初の宗議会」の自殺」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012810.html

東大阪市における市民活動・まちづくり活性化へ向けたネットワーク構築に関しての意見交換会の雑感
http://hide-1.jugem.jp/?eid=440

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・23-27
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012801.html

「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007856.html

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51997575.html


2012年01月07日(Sat)▲ページの先頭へ
『超世間賛』(出世間賛)ナーガールジュナ(龍樹)大師(マリア・リンチェン氏訳)
『超世間賛』(出世間賛)ナーガールジュナ(龍樹)大師
(マリア・リンチェン氏訳)
http://t.co/g72Zlyhu

サンスクリット語で『ローカーティータ・スタヴァ』
チベット語で『ジクテン・レ・デーパル・トゥパ』

若き文殊菩薩に礼拝いたします


〔二つの障りを〕離れた〔空の〕智慧に精通し
世間を超越されたあなた(釈尊)に礼拝いたします
あなたは有情を利益するために
慈悲の心で長く苦しんでこられた


「単なる〔五〕蘊と別個に存在する有情はいない」
とあなたは言われるが
有情を救済する行ないにも完全に従事して
偉大な成就者であるあなたはとどまっておられる


賢者であるあなたは
五蘊もまた、幻、蜃気楼、乾闥婆(食香)の都
そして夢のようなものであると
知性ある者たちに正しく説き示された


因から生じたものはみな
それ(因)がなければ存在しないので
映像と同じようなものだと
何故明らかに主張しないのか


〔四大〕要素は目で認識できないのだから
その実体をどうやって目で認識できると言うのか
物質的な存在〔の実体〕をとらえることを完全に否定して
あなたは物質的な存在をこのように説かれた


感じる対象がなければ感覚はないのだから
感覚自体には実体がない
故に、感覚もまた
自性によって存在しているのではない、
とあなたは言われている


名前とその意味するものが別のものでないならば
火〔という名前だけ〕で口が焼けてしまうことになる
〔火とその名前が〕別のものならば、〔火を〕認識できなくなってしまう
真実を語るあなたは、このように説かれた


行為者は独立した存在であり、行為もまた〔独立した存在〕であるというのは世俗のレベルにおいてあなたが説かれたことである
〔行為者と行為は〕互いに依存して成立しているだけだと
あなたは説き示されている


行為者は存在せず、主体者も存在しない
功徳も存在せず、これらは縁起によって生じている
「他に依存して生じるが、〔それ自体の力で〕生じたのではない」と
言葉の主であるあなたは言われた

10
意識〔によって認識されること〕がなければ、認識対象ではない
それ(認識対象)がなければ意識もない
故に、意識と認識対象に
固有の実体はない、とあなたは言われた

11
定義と定義対象が別個のものならば
定義対象は、定義を持たないことになる
別個のものでなくても、〔どちらも実体を持って〕存在しているのではないとあなたは明らかに示された

12
定義も定義対象もなく
言葉による表現もないと
あなたは智慧の目によって
有情たちに寂静をもたらされた

13
存在している事物が生じることはない
存在していない〔事物が生じること〕もないし、両方〔が生じること〕もない
それ自体から〔生じるの〕でもなく、他から〔生じるの〕でもない
その両者から〔生じるの〕でもないのだから、どうやって生じると言うのか

14
〔自性によって〕存在しているものがとどまり続けるのは論理にかなっており消滅していくことはない
存在していないものがとどまり続けることはないのも論理にかなっており
消滅していくことはない

15
まず、消滅した因から結果が生じるというのは
論理にかなっていない
また、消滅しない〔因〕から〔結果が生じること〕もないので
生成は夢に似ている、とあなたは説かれた

16
消滅した因や消滅していない因から
結果が生じることは
幻が生じるようなものである
すべてはこのようなものだとあなたは言われた

17
故に、あなたは
これら〔の認識対象〕は完全に概念作用から生じたものなので
すべての認識対象が生じても
生成も消滅もないと言われた

18
永遠なるものに輪廻は存在しない
無常なるものにも輪廻は存在しない
これを知った最勝なるあなたは
輪廻は夢の如きものだと言われた

19
苦しみは、自分が作ったもの
他者が作ったもの、両者が作ったもの
あるいは〔苦しみに〕因はない、と弁論者たちは主張するが
あなたは縁起によって生じたと言われた

20
他に依存して生じたもの
それは空である、とあなたは説かれた
事物には独立した実体はないと
比類なきあなたは獅子の声で〔言われた〕

21
すべての概念作用を滅するために
あなたは甘露のような空を示された
しかし、これ(空)に執われる者を
あなたは強く非難された

22
自力で機能できず、他に依存し、空であり
幻のようで、条件〔に依存して〕生じるものなので
すべての現象には実体がないということを
守護者であるあなたは〔世に〕知らしめられた

23
あなたは何も生み出されていないし
否定されたことも何もない
以前から真如を理解されており
これからも同じである

24
聖者たちが示されたような
瞑想に入ることなく
意識を無相の状態に
することなどできようか

25
無相〔の修行〕に入らなければ
解脱はないと〔あなたは〕言われた
故に、あなたは大乗〔経典〕のすべてに
それ(無相)を示されたのである

26
賞賛すべき器であるあなたを讃えることにより
私が積んだすべての功徳によって
すべての有情たちを
相の束縛から解放することができますように

『超世間賛』(世間を超越された〔仏陀への〕賞賛)という聖なる師ナーガールジュナによる著作はここに完結した

インドの僧院長クリシュナ・パンディッタと翻訳官ツルティム・ギャルワが翻訳・校正し、完成させた

Japanese translation completed by Maria Rinchen, Dec. 2011

参照ブログ チベットNOW@ルンタ
http://blog.livedoor.jp/rftibet/
ダラムサラ通信 by中原一博(www.lung-ta.org)

「前行法話最終日/ナーガールジュナ『超世間賛』全文」内より 2012年01月06日
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51723274.html

・・

龍樹(ナーガールジュナ)大師
「出世間讃」抜粋(1.2.13.15.16.20.21.22.24.25.26)
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/2671162f7cc65963614c5d43ea771bf9

・・

「ダライ・ラマ法王 Teaching in 広島 2006 公式伝授録」[DVD]


エピソード4を改めて拝聴させて頂きました。法王猊下によります「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)・ツォンカパ大師」の詳しいご解説は誠に珠玉であります。深遠なる空と縁起の理法をお説きになられます法王猊下に最敬礼申し上げます。合掌九拝。

「縁起賛」・「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)」・「四つの捕われから離れる秘訣」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/d/19761125

下記ストアにて年末に購入させて頂きました。
http://store.kokonor.com/products/list.php?category_id=14

・・

市政功労者表彰(行政進展功労)について・東大阪市市政施行45周年記念式典に際して
http://hide-1.jugem.jp/?eid=481

・・

「中観派の不共の勝法について、「聖ツォンカパ伝」読了、他」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52058375.html

【中観派の不共の勝法】8)「空が縁起の意味である。」・「縁起している存在は、無自性・空である。」・「自性を有するものがあるとすれば、縁起しているものとは言えない。」・「空・無自性なるものにおいて縁起するものが措定される。」「空・無自性と縁起は矛盾しない。」

・・

川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

「無分別」・「離戯論」について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52054473.html

#勝義方便メモ まとめNO.1
http://togetter.com/li/200586

#勝義方便メモ まとめNO.2
http://togetter.com/li/219557

・・

【チベット問題まとめ】

テンジン・プンツォ師・焼身供養遺書詩偈、ツイッター投稿まとめ(2011.12.16)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52055243.html

【チベット問題】まとめ含む他(2011.12.11まで)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52054473.html

【チベット問題】まとめ(2011.12.1まで)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52052192.html

【チベット問題】まとめ(2011.11.17まで)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52049561.html

来日ダライ・ラマ法王猊下関連・チベット問題関連のアーカイブ(2011.11.8)
http://t.co/HfFotDxv

【チベット問題】2011.11.4までのまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52047373.html

相次ぐチベット仏教僧による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52044749.html

・・

来日ダライ・ラマ法王猊下関連・チベット問題関連のアーカイブ(2011.11.8)
http://t.co/HfFotDxv

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・1」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52046554.html

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・2」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52047133.html

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・3」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52047410.html

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・4」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52048279.html

・・

天罰論に関しましての私見関連考察の追記
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034966.html

『空と縁起と』〜仏教の存在論〜  平成23年度・秋季彼岸施餓鬼・配布用資料
http://t.co/wHL7TR0

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

自らを灯明と化されたツェワン・ノルブ師による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034027.html

【仏教存在論】1-45
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52031260.html

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

7/18 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52026611.html

7/6 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52024256.html

故丸山照雄師「公害企業主呪殺祈祷僧団」の活動から考える
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52018516.html

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529

日本仏教改革の視座
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52015538.html

【アンチ葬式仏教の危うさ http://bit.ly/muwOcn 】ツイッター・コメント投稿・1-26
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52014077.html

【紹介】真詮ブログ・「本願寺のヒットラー(1)宗政とは何か・(2)「最初の宗議会」の自殺」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012810.html

東大阪市における市民活動・まちづくり活性化へ向けたネットワーク構築に関しての意見交換会の雑感
http://hide-1.jugem.jp/?eid=440

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・23-27
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012801.html

「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007856.html

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51997575.html


2012年01月04日(Wed)▲ページの先頭へ
市政功労者表彰(行政進展功労)について・東大阪市市政施行45周年記念式典に際して、他まとめ
明けましておめでとうございます。本年も誠に宜しくお願い申し上げます。

・・

市政功労者表彰(行政進展功労)について・東大阪市市政施行45周年記念式典に際して

平成24年2月1日に市政施行45周年を迎える東大阪市では、記念式典の開催と併せて、市政功労者表彰も行われることとなり、表彰の案内が市役所・秘書室から届きました。

記念式典と表彰が、市民会館・市民ホールで挙行されるようであります。

東大阪市のまちづくり・市民活動歴は、確かに既に8年に及びますが、この間、表彰されるような功績を挙げることは十分にはできていないように存じております・・

これまでの東大阪市のまちづくり・市民活動に係る履歴は下記となり、市公式審議会・協議会が、七つ、市民活動団体が、三つとなっており、恐らく市公式審議会・協議会の履歴において、他薦があったか、秘書課による実績審査での推薦によるものかで、この度の表彰となったのでありますでしょう・・もちろんながら、自薦ではありません。自薦できるほどに功労的なことは何もしていないとはっきりと自身でも十分に了解しているところであります。

(既歴)
・東大阪市民ふれあい祭り実行委員会パレード部会委員 (2003年〜2011年)
・東大阪市四条リージョンセンター やまなみプラザ企画運営委員会 (2003年4月〜2010年3月)
・東大阪市こころの健康推進連絡協議会委員 (2004年7月〜2006年7月)
・東大阪市市民行革会議委員 (2005年10月〜2007年2月)
・東大阪市 (仮称) 市民活動支援センター 設立準備会世話人会世話人(2007年4月〜2008年3月)
・東大阪市生涯学習市民推進会議委員(2007年9月〜2011年8月)
・東大阪市・第2次総合計画・後期基本計画の中心となる地域別計画の提言作成を行う地域ワークショップ員(2008年8月〜11月)
・東大阪市・第2次総合計画・後期基本計画審議会委員(2009年7月〜2010年2月)

(現歴中)
・東大阪市民会議プランニング委員 (2007年5月〜)
・瓢箪山地域まちづくり協議会事務局長 (2009年12月〜)

他の活動歴は下記をご参照下さいませ。
http://www.hide.vc/profile.html

上記のほとんどは20代後半〜30代前半にわたるもので、若さゆえによる情熱の志の跡が伺えるところであります。しかし、30代に入りますと、それまでの志に幾分か陰りが出てきてしまっており、いわゆる理想主義から現実主義への転換、挫折や失敗の経験による萎縮などが影響してきてしまっているようにも思います。志だけで現実を改革していくということの難しさを実地に体験したというところでもありますでしょうか・・

「理想や理論だけでは改革は成せない」ということがはっきりと分かっただけでも自身の成長があったとは言えるでしょう・・

しかし、まがいなりにも推薦して頂いたことは無下にできないので、辞退することは致しませんが、当日の記念式典・表彰式には、若い改革の志に溢れて私よりもバイタリティのある拙弟に代理で参加してもらおうと考えております。改革の志ある若者にこれからは色々と任せていかないといけないと考えております。

あとは、この数年間において仏教的な考え方における善行の定義と世俗世間における善行の定義との相違についても改めて考えることのできる機会となったのも確かであります。

以上のような仕儀にて、この度のことを捉えたく存じております。

平成24年1月3日

川口 英俊 拝

・・

「ダライ・ラマ法王 Teaching in 広島 2006 公式伝授録」[DVD]


下記ストアにて年末に購入させて頂きました。
http://store.kokonor.com/products/list.php?category_id=14

まずはエピソード3・4と合間合間の夜の空いた時間で視聴させて頂きました。まさに空と縁起を考察する上で重要な内容が扱われており、今の自身における論考内容にジャストヒットであります。しかし、一度だけでは理解できないところも多々あるため、これは何度も何度も猊下によるご講義の内容を思惟せねばならないと存じております。

・・

【中観派の不共の勝法】8)「空が縁起の意味である。」・「縁起している存在は、無自性・空である。」・「自性を有するものがあるとすれば、縁起しているものとは言えない。」・「空・無自性なるものにおいて縁起するものが措定される。」「空・無自性と縁起は矛盾しない。」

・・

「中観派の不共の勝法について、「聖ツォンカパ伝」読了、他」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52058375.html

・・

川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

「インドで日本の本格的大晦日を味わいたい人は...」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/yT99wxAO

「ブッダガヤ・カーラチャクラ灌頂始まる」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/KDe21OMY

「ロシア人リクエストによるダライ・ラマ仏教講義」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/dWsCjCjm
深遠なる空と縁起の理法をお説きになられます慈悲深き尊師、ツォンカパ大師、ダライ・ラマ法王猊下に最敬礼申し上げます。

龍樹(ナーガールジュナ)大師
「出世間讃」抜粋(1.2.13.15.16.20.21.22.24.25.26)
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/2671162f7cc65963614c5d43ea771bf9

「無分別」・「離戯論」について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52054473.html

#勝義方便メモ まとめNO.1
http://togetter.com/li/200586

#勝義方便メモ まとめNO.2
http://togetter.com/li/219557

・・

【チベット問題まとめ】

カルマパ「中国の軍人も同じ人間である」と - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/DaU5ektH

ンガバで新たに判決 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/R0FrqV

チベット各地で独立を求めるチラシ タルタン僧院大火災 その他 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/kgv39tIg

ウーセル・ブログ「ラサ?ラサ!」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/yVZxsQh0

チベット本土で最初の焼身抗議者僧タペーの生存が確認された - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/KUO970Jx

テンジン・プンツォ師・焼身供養遺書詩偈、ツイッター投稿まとめ(2011.12.16)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52055243.html

ブログ成都の学校で2000人の漢人学生が200人のチベット人学生に襲いかかり大乱闘 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/MVbBlOO3

ネパール、ムスタンに越境したチベット人5人が中国側に引き渡された - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/CAIH8VVN

「焼身抗議し死亡したテンジン・プンツォ氏の遺書」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/8ZqIvqS1

国際人権デー - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/4hW9miHd

【チベット問題】まとめ含む他(2011.12.11まで)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52054473.html

【チベット問題】まとめ(2011.12.1まで)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52052192.html

【チベット問題】まとめ(2011.11.17まで)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52049561.html

来日ダライ・ラマ法王猊下関連・チベット問題関連のアーカイブ(2011.11.8)
http://t.co/HfFotDxv

【チベット問題】2011.11.4までのまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52047373.html

相次ぐチベット仏教僧による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52044749.html

・・

ダライ・ラマ法王猊下<Cosmology & Consciousness> 僧侶と科学者との対話 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/ICwF8F3x

来日ダライ・ラマ法王猊下関連・チベット問題関連のアーカイブ(2011.11.8)
http://t.co/HfFotDxv

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・1」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52046554.html

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・2」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52047133.html

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・3」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52047410.html

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・4」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52048279.html

・・

天罰論に関しましての私見関連考察の追記
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034966.html

『空と縁起と』〜仏教の存在論〜  平成23年度・秋季彼岸施餓鬼・配布用資料
http://t.co/wHL7TR0

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

自らを灯明と化されたツェワン・ノルブ師による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034027.html

【仏教存在論】1-45
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52031260.html

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

7/18 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52026611.html

7/6 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52024256.html

故丸山照雄師「公害企業主呪殺祈祷僧団」の活動から考える
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52018516.html

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529

日本仏教改革の視座
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52015538.html

【アンチ葬式仏教の危うさ http://bit.ly/muwOcn 】ツイッター・コメント投稿・1-26
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52014077.html

【紹介】真詮ブログ・「本願寺のヒットラー(1)宗政とは何か・(2)「最初の宗議会」の自殺」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012810.html

東大阪市における市民活動・まちづくり活性化へ向けたネットワーク構築に関しての意見交換会の雑感
http://hide-1.jugem.jp/?eid=440

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・23-27
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012801.html

「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007856.html

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51997575.html


2011年12月16日(Fri)▲ページの先頭へ
テンジン・プンツォ師・焼身供養遺書詩偈、ツイッター投稿まとめ(2011.12.16)
川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

1)テンジン・プンツォ師・焼身供養遺書詩偈 http://t.co/8ZqIvqS1 元チベット仏教僧であられたテンジン・プンツォ師・・「世の人々は世間の八法に侵され、敵を怖れ逃げ惑う哀れな動物の如し。取るに足らぬ今生にも縁起の法はある。導師ブッダシャカムニに祈りを捧げる。」・・

2)この詩偈の内容だけからでも、空と縁起の理法をご理解なさりつつ、自ら灯明と化されるに至ったつらく苦しい想いが厳しくも伝わって参ります・・御仏のご加護があらんことを切に祈念致します。合掌九拝。テンジン・プンツォ師・焼身供養遺書詩偈 http://t.co/8ZqIvqS1

3)テンジン・プンツォ師・焼身供養遺書詩偈 http://t.co/8ZqIvqS1 「チベット全土と今年のカルマ僧院の受難を思うとき、私はこの世に留まることができない。」・・いったいいかほどの無念なる想いの中で焼身供養なされたことか・・善処への赴きのあらんことを。

・・

「無分別」・「離戯論」について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52054473.html

・・

往生院メールマガジンNO.87発行
http://archive.mag2.com/0000098047/index.html

十三仏・七回忌導師「阿しゅく如来」様
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51916900.html

・・

「ダライ・ラマ こころの自伝」読了。

ダライ・ラマ14世テンジン・ギャツォ師 (著)
ソフィア ストリル=ルヴェ氏(編集)
ルトランジェ 治美氏(翻訳)

ダライ・ラマ法王猊下が歩まれてきた苦難の道のりの内容が凝縮されています。チベット問題を考える上でも重要な論著と言えます。

本著では、龍樹大師の著作とされている「出世間讃」の一部が和訳されています。深遠なる空と縁起の理法をお説きになられました龍樹大師に最敬礼申し上げます。

龍樹(ナーガールジュナ)大師
「出世間讃」抜粋(1.2.13.15.16.20.21.22.24.25.26)

空の智慧に精通し、出世間なさったあなたを礼讃いたします。
衆生に献身なさるため、あなたは慈悲を抱き長きにわたりご苦労された。

単なる五蘊の集まり[という在り方]を超えて
[実体的に存在する]有情はないとあなたは認められたのだ。
世尊よ、それにもかかわらず、あなたは有情に尽くされた。

[実体として]存在するものが生じることはない。
[実体として]存在しないものが生じることもない。
[実体として]存在し、かつ存在しないものが生じることもない。
[実体的なものは]それ自体からも、他からも生じない。
自他ふたつからも生じない。ならば、どのようにして生じるのであろうか。

まず、すでに滅した原因からも結果が生じるということは理にかなわない。
まだ滅していない[原因]から[結果が生じるということ]も[道理にあわない]。
それゆえあなたは、[ものごとは]夢のごとくに生じると理解なさった。

原因が消滅し、あるいは消滅せずに結果が生じる。
生じるということは、まるで幻が現れるごとく[実体性を欠いている]。
あなたは、あらゆるものごとも同様[に実体性はないの]だとお説きになった。

縁起はすなわち空であるとあなたは説かれた。
ものごとに自性はない。
これが比類なきあなたの獅子吼である。

一切の分別を断つためにあなたは空性という甘露のような教えを説かれる。
ともあれ、空性に執着することをあなたはつよく戒められた。

物質は、他に依存し、空性であり、幻のように縁より生じる。
依怙尊よ。
一切のものごとは[究極的には]存在しないということをあなたは繰り返し瞑想なさった。

聖者の方々が示されたような[空性を対象とする]三昧に住さずに
意識はけっして無相に至れないのではなかろうか。

無相の状態に入らずに解脱はないと説かれたゆえに。
それゆえ、あなたは大乗の諸経典にそれを残さず示された。

恭敬の器であるあなたを礼讃し、私もいくばくかの功徳を積んだ。
それにより、衆生が余さず世俗諦への束縛から解き放たれますように。

(参照・「ダライ・ラマ こころの自伝」p334-336)

・・

末木文美士先生( @bunmao )ブログ( http://t.co/4CrONUSp )においてお約束の拙勝義方便のまとめ考察ですが、おおよそまずツイッターでのメモの形にてですが、ひとまず完結致しましたのでご報告を申し上げます。遅滞致しまして誠に申し訳ございませんでした。

#勝義方便メモ まとめNO.1
http://togetter.com/li/200586

#勝義方便メモ まとめNO.2
http://togetter.com/li/219557

この浅学菲才なる未熟である者ゆえによる多々の過失あることをお許しください。ご叱正、ご批正賜れますよう、どうか宜しくお願い申し上げます。

諸賢者の皆様からのご叱正、ご批正をお受けさせて頂きましてから、拙最終稿をまとめて参りたく存じております。

末木文美士先生( @bunmao )ブログ( http://bunmao.cocolog-nifty.com/blog/ )の「ネット議論のあり方」( http://bunmao.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-f30d.html )に一連の拙勝義方便メモのまとめに関しまして、コメント投稿をさせて頂きました。

・・

【チベット問題】

「焼身抗議し死亡したテンジン・プンツォ氏の遺書」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/8ZqIvqS1

国際人権デー - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/4hW9miHd

【チベット問題】まとめ含む他(2011.12.11まで)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52054473.html

【チベット問題】まとめ(2011.12.1まで)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52052192.html

【チベット問題】まとめ(2011.11.17まで)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52049561.html

来日ダライ・ラマ法王猊下関連・チベット問題関連のアーカイブ(2011.11.8)
http://t.co/HfFotDxv

【チベット問題】2011.11.4までのまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52047373.html

相次ぐチベット仏教僧による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52044749.html

・・

「世界仏教徒会議におけるダライ・ラマ法王のスピーチ」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/cFJPtXlp

石濱裕美子先生( @okamesaiko )のブログ 「この人生をムダにするな」ゲン・ロサン師・護国寺ご講演の内容
http://t.co/WcKJrsYy

石濱裕美子先生( @okamesaiko )ブログ 「人格者の国・ブータンとチベット」 http://t.co/qga5DIdB ネパール人ブータン難民問題に関しての重要な示唆。

来日ダライ・ラマ法王猊下関連・チベット問題関連のアーカイブ(2011.11.8)
http://t.co/HfFotDxv

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・1」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52046554.html

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・2」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52047133.html

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・3」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52047410.html

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・4」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52048279.html

・・

天罰論に関しましての私見関連考察の追記
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034966.html

『空と縁起と』〜仏教の存在論〜  平成23年度・秋季彼岸施餓鬼・配布用資料
http://t.co/wHL7TR0

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

自らを灯明と化されたツェワン・ノルブ師による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034027.html

【仏教存在論】1-45
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52031260.html

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

7/18 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52026611.html

7/6 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52024256.html

故丸山照雄師「公害企業主呪殺祈祷僧団」の活動から考える
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52018516.html

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529

日本仏教改革の視座
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52015538.html

【アンチ葬式仏教の危うさ http://bit.ly/muwOcn 】ツイッター・コメント投稿・1-26
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52014077.html

【紹介】真詮ブログ・「本願寺のヒットラー(1)宗政とは何か・(2)「最初の宗議会」の自殺」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012810.html

東大阪市における市民活動・まちづくり活性化へ向けたネットワーク構築に関しての意見交換会の雑感
http://hide-1.jugem.jp/?eid=440

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・23-27
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012801.html

「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007856.html

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51997575.html


2011年12月02日(Fri)▲ページの先頭へ
勝義方便メモ完結 / 【チベット問題】まとめ(2011.12.1まで)
末木文美士先生( @bunmao )ブログ( http://t.co/4CrONUSp )においてお約束の拙勝義方便のまとめ考察ですが、おおよそまずツイッターでのメモの形にてですが、ひとまず完結致しましたのでご報告を申し上げます。遅滞致しまして誠に申し訳ございませんでした。

#勝義方便メモ まとめNO.1
http://togetter.com/li/200586

#勝義方便メモ まとめNO.2
http://togetter.com/li/219557

この浅学菲才なる未熟である者ゆえによる多々の過失あることをお許しください。ご叱正、ご批正賜れますよう、どうか宜しくお願い申し上げます。

諸賢者の皆様からのご叱正、ご批正をお受けさせて頂きましてから、拙最終稿をまとめて参りたく存じております。

末木文美士先生( @bunmao )ブログ( http://bunmao.cocolog-nifty.com/blog/ )の「ネット議論のあり方」( http://bunmao.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-f30d.html )に一連の拙勝義方便メモのまとめに関しまして、コメント投稿をさせて頂きました。

・・

【チベット問題】

ウーセル・ブログ「僧尼12人の焼身抗議に向き合って……」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/yeByppI9

「両手のみで亡命を果たした僧侶が語るチベットの現状」 - チベットNOW@ルンタ http://t.co/HuE4VPD1

12月10日(土)17:00〜「チベット僧侶の追悼とチベットの平和を祈るキャンドル・ナイト」@新宿・常圓寺 http://t.co/TbOTmFCs SFTJ主催。

中印国境交渉無期延期:中国「ダライが出席する仏教会議を中止させろ。さもなくば行かない」!? - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/no4aEOqw

RT @SFTJapan チベットの悲劇を終わらせるため、野田佳彦首相にあてて、中国政府に対する国際協調介入に日本政府も賛同するよう促す緊急メッセージを送ってください。
http://org2.democracyinaction.org/o/5380/p/dia/action/public/?action_KEY=8877

【国際情勢分析 矢板明夫の目】相次ぐチベット僧侶自殺を憂う - MSN産経ニュース
http://t.co/yaMnMSCj

「抗議の焼身自殺、チベット僧葬儀に1万人」 News i - TBSの動画ニュースサイト
http://t.co/tZfdsXap

カンゼ・タウ地区尼僧、焼身自殺の悲劇
http://t.co/2ACMxJa1
2011年11月24日・ダライ・ラマ法王日本代表部事務所

ンガバ・キルティ僧院:逮捕と監視は続く - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/9ceb5smg

李江琳女史コラム「チベット僧自殺から見る中国共産党『宗教の自由』政策」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/KHukRknb

ゴロ、ラギャ僧院の屋上に大きなダライ・ラマ法王の写真とチベット国旗が掲げられる - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/OkrA2S2E

<衝撃映像・閲覧注意>尼僧パルデン・チュツォの壮絶な焼身 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/9FXNK6SA

デブン僧院長に無期/ラサ周辺の僧院弾圧強化/僧侶作家1年近く拘束 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/WnM2t6CT

チベットを救うために署名を - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/pRBLaM4F

【チベット毛布プロジェクト】 インド亡命チベット人と東日本大震災被災者へのダブル支援事業
http://t.co/dMKWMEPi

【チベット問題】まとめ(2011.11.17まで)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52049561.html

来日ダライ・ラマ法王猊下関連・チベット問題関連のアーカイブ(2011.11.8)
http://t.co/HfFotDxv

【チベット問題】2011.11.4までのまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52047373.html

相次ぐチベット仏教僧による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52044749.html

・・

石濱裕美子先生( @okamesaiko )のブログ 「この人生をムダにするな」ゲン・ロサン師・護国寺ご講演の内容
http://t.co/WcKJrsYy

石濱裕美子先生( @okamesaiko )ブログ 「人格者の国・ブータンとチベット」 http://t.co/qga5DIdB ネパール人ブータン難民問題に関しての重要な示唆。

来日ダライ・ラマ法王猊下関連・チベット問題関連のアーカイブ(2011.11.8)
http://t.co/HfFotDxv

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・1」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52046554.html

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・2」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52047133.html

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・3」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52047410.html

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・4」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52048279.html

・・

川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

#勝義方便メモ まとめNO.1
http://togetter.com/li/200586

#勝義方便メモ まとめNO.2
http://togetter.com/li/219557

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

・・以下、関連考察

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

『空と縁起と』〜仏教の存在論〜  平成23年度・秋季彼岸施餓鬼・配布用資料
http://t.co/wHL7TR0

・・

川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

天罰論に関しましての私見関連考察の追記
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034966.html

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

自らを灯明と化されたツェワン・ノルブ師による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034027.html

【仏教存在論】1-45
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52031260.html

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

7/18 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52026611.html

7/6 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52024256.html

故丸山照雄師「公害企業主呪殺祈祷僧団」の活動から考える
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52018516.html

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529

日本仏教改革の視座
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52015538.html

【アンチ葬式仏教の危うさ http://bit.ly/muwOcn 】ツイッター・コメント投稿・1-26
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52014077.html

【紹介】真詮ブログ・「本願寺のヒットラー(1)宗政とは何か・(2)「最初の宗議会」の自殺」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012810.html

東大阪市における市民活動・まちづくり活性化へ向けたネットワーク構築に関しての意見交換会の雑感
http://hide-1.jugem.jp/?eid=440

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・23-27
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012801.html

「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007856.html

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51997575.html


2011年11月18日(Fri)▲ページの先頭へ
【チベット問題】まとめ(2011.11.17まで)
【チベット問題】

チベット人が大規模デモ インド - MSN産経ニュース
http://t.co/6pZTeDTc

TIME Magazine:タウ現地レポート「自由のための焼身願望」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/R7qr68vb

中国:相次ぐチベット僧の焼身自殺  抗議に耳傾けよ
http://t.co/eIeZELcC

チベット僧抗議の焼身11人「他に方法がない」 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://t.co/ekKH8BWh

チベット人が大規模デモ インド - MSN産経ニュース
http://t.co/6pZTeDTc

「チベットのための署名<ENOUGH>」
http://t.co/Fb1Z6imh

米元外交官「チベットの文化ジェノサイドは本当だ」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/pfrgOTdA

ネパール政府はチベット人の権利を全て剥奪する? - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/suMciKX4

ウーセル・ブログ「壊滅的な災いに直面しているもう一つの僧院―カルマ僧院」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/kiu9OXbo

ウーセル・ブログ「関心喚起:カルマ僧院の僧侶逮捕、避難の現況」/当局の陰謀か? - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/mUvfpkGk

焼身中止を訴えるギャワ・カルマパの声明全文 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/u7D7QaEp

・・

ダライ・ラマ法王による原子力エネルギーに関するご発言について(2011/11/15 ダライ・ラマ法王日本代表部事務所)
http://t.co/kn7BglET

・・

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・1」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52046554.html

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・2」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52047133.html

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・3」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52047410.html

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・4」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52048279.html

・・

ダライ・ラマ14世が私たちに伝えたい2つのこと
http://t.co/hdf5lfyV

来日ダライ・ラマ法王猊下関連・チベット問題関連のアーカイブ(2011.11.8)
http://t.co/HfFotDxv

・・

【チベット問題】

カトマンドゥ、ボドナート仏塔そばで焼身抗議 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/gdTmNiCz

チャムド、カルマ郷爆発事件続報 僧院に戻らねば銃撃 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/IJ4NKjTs

カルマパ 焼身抗議の中止を要請 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/rTCp2aIL

キルティ僧院僧侶2人拘束 18歳未満を中国の学校に入れよと命令 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/XU5sEf9a

来日ダライ・ラマ法王猊下関連・チベット問題関連のアーカイブ(2011.11.8)
http://t.co/HfFotDxv

【チベット問題】2011.11.4までのまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52047373.html

相次ぐチベット仏教僧による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52044749.html

・・

「もんじゅ」「ふげん」命名の経緯と永平寺シンポ(ブログ『山本宗補の雑記帳』)
http://t.co/8ngCp7xL 

・・

川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

93)末木文美士先生( @bunmao )ブログ 「メモと近況」ご更新 http://bunmao.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-6fbc.html 末木文美士先生のご論考整理内容を受けて、拙勝義方便のまとめ考察もまた対応していけましたらと存じております。

#勝義方便メモ まとめNO.1
http://togetter.com/li/200586

堀江宗正先生( @NorichikaHorie )が末木文美士先生( @bunmao )のブログにおかれまして、一連の「天罰論」の議論に関してコメント投稿をなされておられます。 http://t.co/fnGcZ81R

・・

#勝義方便メモ まとめNO.1
http://togetter.com/li/200586

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

・・以下、関連考察

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

『空と縁起と』〜仏教の存在論〜  平成23年度・秋季彼岸施餓鬼・配布用資料
http://t.co/wHL7TR0

・・

川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

天罰論に関しましての私見関連考察の追記
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034966.html

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

自らを灯明と化されたツェワン・ノルブ師による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034027.html

【仏教存在論】1-45
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52031260.html

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

7/18 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52026611.html

7/6 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52024256.html

故丸山照雄師「公害企業主呪殺祈祷僧団」の活動から考える
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52018516.html

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529

日本仏教改革の視座
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52015538.html

【アンチ葬式仏教の危うさ http://bit.ly/muwOcn 】ツイッター・コメント投稿・1-26
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52014077.html

【紹介】真詮ブログ・「本願寺のヒットラー(1)宗政とは何か・(2)「最初の宗議会」の自殺」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012810.html

東大阪市における市民活動・まちづくり活性化へ向けたネットワーク構築に関しての意見交換会の雑感
http://hide-1.jugem.jp/?eid=440

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・23-27
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012801.html

「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007856.html

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51997575.html


2011年11月10日(Thu)▲ページの先頭へ
ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・4
ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・4

さて、猊下は、7日に離日なされました。とにかく、念願であった実際に猊下のご法話をお聴きすることができまして、誠に幸せでありました。

改めまして深遠なる空と縁起の理法をお説きになられます慈悲深きお方、観音菩薩様の化身、ダライ・ラマ法王猊下に最敬礼申し上げます。

今はしっかりと復習を進めている次第でございます。

その中で、「ダライ・ラマの『中論』講義」大蔵出版の再々再読も終え、やはり今回は猊下のご法話を直接聴くことができたことの加持の力もあるのでしょうか、今まで理解が滞っていたところが少しまた理解に前進があったように存じております。

猊下が講演会の最後に日本における希望の一つとしておっしゃられました、二、三日かけてじっくりと中観思想の講義をすることが開催されるとなりましたら、実にすばらしいことであります。何とか再びご尊顔を拝する日が参りますことを切に祈念致しております。

さて、実は末木文美士先生のブログ(http://bunmao.cocolog-nifty.com/blog/)におきましての私の課題としてございます勝義方便に関するまとめが遅れておりますが、実は、ダライ・ラマ法王猊下の高野山大学記念事業・大阪特別講演に参加致すなどして、ご来日での法王猊下の様々なお考えをネットを通じてでも一通り拝聴致してからまとめをと考えておりましたもので遅滞致しております。

これまでのまとめへ向けましたメモは以下のようにございます。

#勝義方便メモ まとめNO.1
http://togetter.com/li/200586

特には、東日本大震災に関しての仏教の「業論」からの法王猊下のお考えを改めて色々と拝聴させて頂きまして理解できましたことからも考えていく必要があると存じております。なるべく早期に勝義方便に関するまとめを仕上げて参りたいと存じておりますので、宜しくお願い申し上げます。

・・

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・1」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52046554.html

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・2」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52047133.html

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・3」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52047410.html

・・

ダライ・ラマ14世が私たちに伝えたい2つのこと
http://t.co/hdf5lfyV

来日ダライ・ラマ法王猊下関連・チベット問題関連のアーカイブ(2011.11.8)
http://t.co/HfFotDxv

・・

【チベット問題】

カルマパ 焼身抗議の中止を要請 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/rTCp2aIL

キルティ僧院僧侶2人拘束 18歳未満を中国の学校に入れよと命令 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/XU5sEf9a

来日ダライ・ラマ法王猊下関連・チベット問題関連のアーカイブ(2011.11.8)
http://t.co/HfFotDxv

【チベット問題】2011.11.4までのまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52047373.html

相次ぐチベット仏教僧による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52044749.html

・・

「もんじゅ」「ふげん」命名の経緯と永平寺シンポ(ブログ『山本宗補の雑記帳』)
http://t.co/8ngCp7xL 

・・

川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

93)末木文美士先生( @bunmao )ブログ 「メモと近況」ご更新 http://bunmao.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-6fbc.html 末木文美士先生のご論考整理内容を受けて、拙勝義方便のまとめ考察もまた対応していけましたらと存じております。

#勝義方便メモ まとめNO.1
http://togetter.com/li/200586

堀江宗正先生( @NorichikaHorie )が末木文美士先生( @bunmao )のブログにおかれまして、一連の「天罰論」の議論に関してコメント投稿をなされておられます。 http://t.co/fnGcZ81R

・・

#勝義方便メモ まとめNO.1
http://togetter.com/li/200586

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

・・以下、関連考察

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

『空と縁起と』〜仏教の存在論〜  平成23年度・秋季彼岸施餓鬼・配布用資料
http://t.co/wHL7TR0

・・

川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

天罰論に関しましての私見関連考察の追記
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034966.html

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

自らを灯明と化されたツェワン・ノルブ師による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034027.html

【仏教存在論】1-45
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52031260.html

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

7/18 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52026611.html

7/6 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52024256.html

故丸山照雄師「公害企業主呪殺祈祷僧団」の活動から考える
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52018516.html

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529

日本仏教改革の視座
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52015538.html

【アンチ葬式仏教の危うさ http://bit.ly/muwOcn 】ツイッター・コメント投稿・1-26
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52014077.html

【紹介】真詮ブログ・「本願寺のヒットラー(1)宗政とは何か・(2)「最初の宗議会」の自殺」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012810.html

東大阪市における市民活動・まちづくり活性化へ向けたネットワーク構築に関しての意見交換会の雑感
http://hide-1.jugem.jp/?eid=440

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・23-27
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012801.html

「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007856.html

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51997575.html


2011年11月09日(Wed)▲ページの先頭へ
来日ダライ・ラマ法王猊下関連・チベット問題関連のアーカイブ(2011.11.8)
【ダライ・ラマ法王自由報道協会記者会見】2011.11.07アーカイブ http://t.co/rDLVWTIN

ダライ・ラマ法王談話:ダライ・ラマ法王石巻慰霊法要を終えて(文殊師利大乗仏教会)
http://t.co/RdbT2Oct

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・1」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52046554.html

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・2」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52047133.html

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・3」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52047410.html

・・



@DalaiLama twitpic.com/7b1xik
東日本大震災の津波で両親を亡くした子どもに抱擁なされる法王猊下様。

深遠なる空と縁起の理法をお説きになられます慈悲深きお方、観音菩薩様の化身であられるダライ・ラマ法王猊下に最敬礼申し上げます。

川口英俊合掌九拝

http://twitpic.com/7b1xik

HHDL comforts a young boy who lost his parents to the tsunami last March in Ishinomaki, Japan, on November 5th. His Holiness traveled to Ishinomaki to meet with the survivors from the area most devastated by the tsunami. Photo/Kimimasa Mayama

・・

ダライ・ラマと日本メディアの「保守性」 | From the Newsroom | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
http://t.co/z1wEWvCf

<ダライ・ラマ14世「ゾウのような鼻をもって現実を知り、報道することが大切」(1/2ページ)>#niconews
http://t.co/hm7Usvfn

ダライ・ラマと会談して口頭注意された長島補佐官 外務省は「条件はない」と説明 - MSN産経ニュース
http://t.co/40eR5yBD

ダライ・ラマ14世と会談 防衛副大臣ら有志議員:日本経済新聞
http://t.co/g6Xd4sxG

安倍元首相、ダライ・ラマと会談=長島補佐官ら同席
http://t.co/HgvpA09d

『ダライ・ラマ法王』石巻へのメッセージ
http://t.co/m6OziMhH

希望新聞:東日本大震災 「悲しみを力に」 ダライ・ラマ14世が仙台訪問 - 毎日jp(毎日新聞)
http://t.co/Wc6imJYu

ダライ・ラマ14世、宮城・石巻市などを訪れ東日本大震災の犠牲者の慰霊法要に出席
http://t.co/b8F4p8ID

東日本大震災:ダライ・ラマ犠牲者慰霊 未来を開いてほしい−−石巻の西光寺 /宮城 - 毎日jp(毎日新聞)
http://t.co/A0d2s9kU

ダライ・ラマ法王猊下 石巻・仙台の講話に計2000人
http://t.co/Dif94Rvv

「悲しみを前進の力に」 ダライ・ラマ、福島で講演(中国新聞)
http://t.co/J4IEBGR1

HH the Dalai Lama offer prayer and meets victims of tsumami in Ishinomaki, Japan 11月5日 石巻での法要、法話の映像(英語のみ)
http://t.co/tIAOhzCJ

石濱裕美子先生( @okamesaiko )ブログ ダライラマ in 高野山
http://t.co/k2pTJD7W

<ダライ・ラマ>被災地の石巻を訪問 般若心経と講話
http://t.co/8PYFvA6x

河北新報 東北のニュース/「悲しみを頑張る力に」 ダライ・ラマ14世、東北入り
http://t.co/mNuZp0ec

ダライ・ラマ14世、石巻で「必ず再興できる」
http://t.co/HX4eaAGz

ダライ・ラマ、被災地で法要=「悲しみを再建の力に」−宮城・石巻
http://t.co/OYNBFsmu

ダライ・ラマ、仙台で会見 被災地の苦しみ「分かち合いたい」(日経)
http://t.co/gwAQLnyn

・・

【チベット問題】

チベット僧の焼身抗議、「文化的虐殺」が背景=ダライ・ラマ | ワールド | Reuters
http://t.co/gmDkVIqS

7日の法王記者会見より「中国指導者の頭の中には常識を司る部分が欠けている」 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/yF0KWo5K

3月焼身抗議を行った僧プンツォの家族に苦難 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/2DjvoGpQ

3日に抗議の焼身を行い死亡した尼僧パルデン・チュツォの葬儀に1万人 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/hwSPHXl9

現在、チベット仏教僧による焼身供養が続発するに至っている現状に関しての詳しい証言内容となっております。中原一博氏( @tonbani )ブログ 米議会人権委員会におけるキルティ・リンポチェの証言 - チベットNOW@ルンタ http://t.co/hqeiescM

中国にチベット政策の改善要求 米報道官 僧侶らの焼身自殺相次ぐ - MSN産経ニュース
http://t.co/JKA5NZGx

時事ドットコム:「少数民族の扱い、見直しを」=チベット僧焼身自殺でダライ・ラマ
http://t.co/2o1BuwD6

「絶望的状況が焼身自殺の原因 中国はチベット政策を見直すべきだ」と今日、仙台で法王 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/e8lXKTzX

<速報>今朝、ニューデリー中国大使館前でチベット人が抗議の焼身 今年12人目/仙台で法王「焼身自殺は絶望の印」「政策の直しを」と - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/n4LMEHJe

【チベット問題】2011.11.4までのまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52047373.html

相次ぐチベット仏教僧による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52044749.html

・・

川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

93)末木文美士先生( @bunmao )ブログ 「メモと近況」ご更新 http://bunmao.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-6fbc.html 末木文美士先生のご論考整理内容を受けて、拙勝義方便のまとめ考察もまた対応していけましたらと存じております。

#勝義方便メモ まとめNO.1
http://togetter.com/li/200586

堀江宗正先生( @NorichikaHorie )が末木文美士先生( @bunmao )のブログにおかれまして、一連の「天罰論」の議論に関してコメント投稿をなされておられます。 http://t.co/fnGcZ81R

・・

#勝義方便メモ まとめNO.1
http://togetter.com/li/200586

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

・・以下、関連考察

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

『空と縁起と』〜仏教の存在論〜  平成23年度・秋季彼岸施餓鬼・配布用資料
http://t.co/wHL7TR0

・・

川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

天罰論に関しましての私見関連考察の追記
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034966.html

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

自らを灯明と化されたツェワン・ノルブ師による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034027.html

【仏教存在論】1-45
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52031260.html

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

7/18 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52026611.html

7/6 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52024256.html

故丸山照雄師「公害企業主呪殺祈祷僧団」の活動から考える
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52018516.html

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529

日本仏教改革の視座
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52015538.html

【アンチ葬式仏教の危うさ http://bit.ly/muwOcn 】ツイッター・コメント投稿・1-26
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52014077.html

【紹介】真詮ブログ・「本願寺のヒットラー(1)宗政とは何か・(2)「最初の宗議会」の自殺」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012810.html

東大阪市における市民活動・まちづくり活性化へ向けたネットワーク構築に関しての意見交換会の雑感
http://hide-1.jugem.jp/?eid=440

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・23-27
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012801.html

「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007856.html

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51997575.html


2011年11月06日(Sun)▲ページの先頭へ
東日本大震災の津波で両親を亡くした子どもに抱擁なされるダライ・ラマ法王猊下様
@DalaiLama twitpic.com/7b1xik 東日本大震災の津波で両親を亡くした子どもに抱擁なされる法王猊下様。深遠なる空と縁起の理法をお説きになられます慈悲深きお方、観音菩薩様の化身であられるダライ・ラマ法王猊下に最敬礼申し上げます。川口英俊合掌九拝

http://twitpic.com/7b1xik



HHDL comforts a young boy who lost his parents to the tsunami last March in Ishinomaki, Japan, on November 5th. His Holiness traveled to Ishinomaki to meet with the survivors from the area most devastated by the tsunami. Photo/Kimimasa Mayama

「ダライ・ラマの般若心経 日々の実践」三和書籍を読み進め。

ダライ・ラマ14世テンジン・ギャツォ師・著
マリア リンチェン氏・翻訳

石濱裕美子先生( @okamesaiko )ブログ ダライラマ in 高野山
http://t.co/k2pTJD7W

<ダライ・ラマ>被災地の石巻を訪問 般若心経と講話
http://t.co/8PYFvA6x

河北新報 東北のニュース/「悲しみを頑張る力に」 ダライ・ラマ14世、東北入り
http://t.co/mNuZp0ec

ダライ・ラマ14世、石巻で「必ず再興できる」
http://t.co/HX4eaAGz

ダライ・ラマ、被災地で法要=「悲しみを再建の力に」−宮城・石巻
http://t.co/OYNBFsmu

ダライ・ラマ、仙台で会見 被災地の苦しみ「分かち合いたい」(日経)
http://t.co/gwAQLnyn

【チベット問題】

中国にチベット政策の改善要求 米報道官 僧侶らの焼身自殺相次ぐ - MSN産経ニュース
http://t.co/JKA5NZGx

時事ドットコム:「少数民族の扱い、見直しを」=チベット僧焼身自殺でダライ・ラマ
http://t.co/2o1BuwD6

中原一博氏( @tonbani )ブログ 「絶望的状況が焼身自殺の原因 中国はチベット政策を見直すべきだ」と今日、仙台で法王 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/e8lXKTzX

<速報>今朝、ニューデリー中国大使館前でチベット人が抗議の焼身 今年12人目/仙台で法王「焼身自殺は絶望の印」「政策の直しを」と - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/n4LMEHJe

【チベット問題】2011.11.4までのまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52047373.html

相次ぐチベット仏教僧による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52044749.html

・・

ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・3

改めましてこの度は、ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加できる縁に恵まれましたのは、誠に幸せなることでございました。

深遠なる空と縁起の理法をお説きになられます慈悲深きお方、観音菩薩様の化身であられるダライ・ラマ法王猊下に最敬礼申し上げます。

初めてご尊顔を拝することができまして、恐悦至極でございました。

第一部では般若心経の説く深遠なる空の思想を、第二部では、慈悲の思想をお説きになられました。

どうか、できるだけ長らくにこの世にお留まり賜りまして、根本的無知なる無明による煩悩・業によって輪廻に迷い苦しむ一切衆生を到涅槃へとお導き賜りますようにご祈念申し上げます。

さて、この度の猊下ご法輪をお受けさせて頂きまして、これから私自身の仏教に対する取り組みの見直しについて考えて参りたいと存じております。

これまでもう六年ほどとなりますが一から仏教の学びを進めて参りまして、現在は中観帰謬論証派の思想を学ぶに至らせて頂いております。チベット仏教哲学における中観帰謬論証派の思想は、まさに全般的な仏教思想(顕教のレベル)の中でも最高峰に位置する思想哲学であると確信致しております。

深遠なる空と縁起の理法を理解することは、まさに善行・徳行・慈悲・利他行、菩薩行を行う上での大前提であり、全く疎かにすることはできません。そして、顕教から密教を学ぶためにも、欠かせないところとなります。

もちろん、中観帰謬論証派の思想を真に学べているのかどうかは、まだまだ定かではありませんが、何とか深遠なる空と縁起の理法を了解するに至り、次の段階へと向かうべくの精進努力が必要であると存じております。

そのためには、中観帰謬論証派の思想の学びの進め(聞)と平行しての瞑想行・思惟行(思)、善行・徳行・慈悲・利他行、菩薩行(修)の確かなる実践が重要であると再認識致しております。

これからも仏教に取り組んでいくためには、現在の私の姿勢のあり方を大きく見直すことが求められるところであると浅学菲才の我が身を恥じており、特に後者の思と修には相当な怠りがあると猛省致しております。

日々の雑務の中においても何らかの形にて思と修を体現できていけましたらと存じております。

さて、この度のダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演における内容の復習からまずは進めていかなければならないと考えております。

特には、「ダライ・ラマ 般若心経入門」(春秋社)と本日に届きました「ダライ・ラマの般若心経」(三和書籍)の二著、

「ダライ・ラマの般若心経 日々の実践」三和書籍

ダライ・ラマ14世テンジン・ギャツォ師・著
マリア リンチェン氏・翻訳

そして、これまでの中でも関連して重要な内容が扱われていると思われる

「チベットの般若心経」春秋社
「ダライ・ラマの仏教哲学講義」大東出版社
「ダライ・ラマの仏教入門」光文社
「ダライ・ラマ 実践の書」春秋社
「ダライ・ラマ 生き方の探究」春秋社
「ダライ・ラマ 空と縁起」同朋舎出版
「ダライ・ラマの「中論」講義」大蔵出版

「チベット仏教・菩薩行を生きる」大法輪閣

等も随時に読み進めて参りたいと存じております。

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・4」に続く・・

・・

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・2」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52047133.html

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・1」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52046554.html

・・

川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

93)末木文美士先生( @bunmao )ブログ 「メモと近況」ご更新 http://bunmao.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-6fbc.html 末木文美士先生のご論考整理内容を受けて、拙勝義方便のまとめ考察もまた対応していけましたらと存じております。

#勝義方便メモ まとめNO.1
http://togetter.com/li/200586

堀江宗正先生( @NorichikaHorie )が末木文美士先生( @bunmao )のブログにおかれまして、一連の「天罰論」の議論に関してコメント投稿をなされておられます。 http://t.co/fnGcZ81R

・・

#勝義方便メモ まとめNO.1
http://togetter.com/li/200586

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

・・以下、関連考察

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

『空と縁起と』〜仏教の存在論〜  平成23年度・秋季彼岸施餓鬼・配布用資料
http://t.co/wHL7TR0

・・

川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

天罰論に関しましての私見関連考察の追記
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034966.html

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

自らを灯明と化されたツェワン・ノルブ師による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034027.html

【仏教存在論】1-45
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52031260.html

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

7/18 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52026611.html

7/6 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52024256.html

故丸山照雄師「公害企業主呪殺祈祷僧団」の活動から考える
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52018516.html

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529

日本仏教改革の視座
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52015538.html

【アンチ葬式仏教の危うさ http://bit.ly/muwOcn 】ツイッター・コメント投稿・1-26
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52014077.html

【紹介】真詮ブログ・「本願寺のヒットラー(1)宗政とは何か・(2)「最初の宗議会」の自殺」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012810.html

東大阪市における市民活動・まちづくり活性化へ向けたネットワーク構築に関しての意見交換会の雑感
http://hide-1.jugem.jp/?eid=440

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・23-27
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012801.html

「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007856.html

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51997575.html


2011年11月03日(Thu)▲ページの先頭へ
ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・2
さて、少し遅くなってしまいましたが、ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演の拙感想でございます。

第一部「ダライ・ラマ法王 般若心経を語る−空から慈悲へ−」の内容に関しましては、基本的には、「ダライ・ラマ 般若心経入門」春秋社の内容をベースとされての要約的なものとなっていたように存じております。

第一部の講演要旨につきましては、石濱裕美子先生のブログ

「2011年大阪、法王の般若心経講義(前半)」
http://shirayuki.blog51.fc2.com/blog-entry-580.html

にご報告がございますが、石濱先生も後半のご感想にて述べられておられますように、密教を扱う真言宗・高野山大学記念事業として開催されていましたため、般若心経における密教的な要素にも少し触れられての内容も力説されておられたように存じます。

その中で「如来蔵経」・「宝性論」の内容についても言及されておられました。

また、般若心経の真言部分「タッドヤター・ガテー・ガテー・パーラガテー・パーラサムガテー・ボーディ・スヴァーハー」の隠された意味における「資糧道・加行道・見道・修道・無学道」の示唆についてもご解説をなされておられました。

しかし、ほんの二時間あまりにて般若心経の真髄についてご解説を賜るのは実に難しいことで、事前に「ダライ・ラマ 般若心経入門」春秋社や「ダライ・ラマの仏教哲学講義」大東出版社の二著の熟読は最低でも求められていたように存じます。

また、猊下は、この度のご講演にて、般若心経の説く「空」に関して、かなり力説をなされておられましたが、一方で、「縁起」について直接的に言及されたのはほんの僅かであり、通訳者が「縁起」・「相互依存の関係」という言葉を使われたのも、二、三度ほどにしか過ぎなかったように存じます。

もちろん、縁起の三層(因果の依存関係性、全体と部分との依存関係性、相互依存の関係性)の見解のうち、第三層目の「相互依存の関係性」に関する中観帰謬論証派における見解である「いかなる現象、存在も単なる概念的名称にすぎない」・「単なる名のみの存在にしか過ぎない」という縁起についても何度かおっしゃられていましたが、ご解説はほとんど無く、それよりも「空」に関することにやはり力点をおかれていたのが印象的でございました。

私と致しましては、世俗のレベルにおける存在・現象の設定に至る縁起の見解について更に深いご解説をお聴き致したかったというところもございましたが、やはり、時間の無さによるところもあり、あまり詳しくご講義賜るところまではご無理であられたように見受けられました。

この点、猊下にご質問ができなかったことは実に残念でございました・・このような機会は今後滅多に得られるとは思えないため事前に少し用意しておりました「中観帰謬論証派における非有非無の中道解釈」に関してのご質問を何とか申し上げれるようにすべきであったと猛省致しております。

とにかく、時間もかなり限られてしまっておりましたが、全般的には、高度な仏教専門用語が随所に出て参りましたため、一般向けという内容ではなく、やはりある程度仏教に慣れ親しんでいる者へ向けられてのご講義であったのではないかと存じます。

また、猊下は、英語ではなくて、チベット語によるご法話でもあったことからも、本気度の高さも伺えたところでございました。しかし、同時通訳の方の卓越した通訳ぶりには、実に感心致しました。

さて、後半の第2部「人生の困難を生きぬく力」に関しましては、やはり石濱裕美子先生のブログの内容にその要旨がございますので、そちらをご参照頂けましたらと存じます。

「2011年 ダライラマ法王の大阪講演(後半)」
http://shirayuki.blog51.fc2.com/blog-entry-581.html

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・3」へと続く・・

・・

「ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・1」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52046554.html

RT @tonbani: 31日高野山で行われた法王/管長と僧侶たちとの対話:完全ビデオRT@eliwakamatsu Tibetan and Japanese Languages: Discussion with ... at Koyasan http://t.co/CFbo3hie via

中原一博氏( @tonbani )ブログ
ダライ・ラマ法王、金剛界灌頂を始められる - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/3D4nsi8N

ダライ・ラマ法王猊下 高野山で法話
http://t.co/nLM2BLPL

http://t.co/mDqgKwdn

「ダライ・ラマ こころの自伝」春秋社を読み進め中。

ダライ・ラマ14世テンジン・ギャツォ師 (著)
ソフィア ストリル=ルヴェ氏 (編集)
ルトランジェ治美氏 (翻訳)

“@tonbani: 法王の大阪講義52分半チベ語/日本語 RT@MyYak http://t.co/CLM0HjlZ

ダライ・ラマ14世 高野山訪問(11/1) MBS毎日放送 http://t.co/xeMJ6WmH 朝日 http://t.co/CZg8zy4Z 読売 http://t.co/Euf3dbZQ PJニュース http://t.co/jnXLzVMU

高野山大:ダライ・ラマ14世と対話 青年僧らが次々質問 /和歌山 - 毎日jp(毎日新聞) http://t.co/TrkQjR3h

・・

【チベット問題】

時事ドットコム:僧侶自殺、実態調査を=米に対中圧力要請−チベット首相
http://t.co/bb7gPtVi

【日経ビジネス】チベット僧侶の殉教 胡温体制は歴史に名を残すチャンスを生かせるか(福島香織)
http://t.co/HsBxVg7F

チベット本土のチベット人のための特別法要における、カロン・テイパ(内閣首席大臣)の声明(ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 HOME) http://t.co/VeqU9lwZ

チベット本土の危機的な状況を受け、数千人が連帯のために集う(ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 HOME) http://t.co/LCBEhfu4

アバ州にてチベット人尼僧が焼身自殺、カルゼではチベット人2名が撃たれ負傷(ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 HOME) http://t.co/odmANi7W

相次ぐチベット仏教僧による焼身供養・・いったいどのような想いの中で僧衣に灯油を染み込ませて、自らに火を点け、灯明と化し、絶命するその瞬間まで叫び訴え続けられたことであろうか・・深遠なる慈悲・利他行としての焼身供養が無明の闇を照らす光明とならんことを切に祈願申し上げます。合掌九拝

1)相次ぐチベット仏教僧による焼身供養に関してのダライ・ラマ法王猊下のお考えをご推察申し上げる上で、一つの重要な示唆が含まれている著書としては、『ダライ・ラマ「死の謎」を説く』(角川ソフィア文庫)大谷幸三氏とダライ・ラマ法王猊下との対話における内容が参考になるかと存じております。

2)『ダライ・ラマ「死の謎」を説く』(角川ソフィア文庫)・第一章「死」とは何か・3自殺と殺人、p39-51の内容においては、まず猊下は、自殺をする原因、本来的な自殺の不成立、基本的には自殺は悪業であること、自殺許容の可能性、不可避な殺人について述べられておられます。

3)ここで注目すべきは、「自殺許容の可能性」に関する猊下の言及であります。本文の趣旨から猊下のお考えを察すると、慈悲・利他行として、他の者たちに悪行・悪業を積ませないため、他の者たちに善行・善業を積ませるための自殺は許される可能性があるということではないかと存じております。

4)もちろん、自殺にしろ殺人にしろ、仏教の不殺生戒からは、当然に禁じられており、極力避けることが当然のことであって、許容されるとすれば、それは極めて限定された極限状態において、例外的に否定されない場合があるということであります。ここのところを間違えてしまってはいけません。

5)では、この度の相次ぐチベット仏教僧による焼身供養に関して、自殺として許容される可能性、否定されない可能性があるかどうかもしっかりと見極めていく必要があります。つまり、焼身供養が、真なる慈悲・利他行であるのかどうかを考えていかなければならないということであります。

6)まず、慈悲・利他行として成立するのは間違いないと理解できるところであります。これ以上、中国当局側の者たちに悪業を積ませないために、また、少しでも困苦にある皆のおかれている立場が改善されて幸せに過ごしていけるようにとの想いが込められていると考えられるからであります。

7)あとは、極めて限定された極限状態にあるかどうかということであります。ここのところは、現地の状況をしっかりと見極めていく必要があると考えております。これまでの情報を鑑みますと、かなり厳しく追いつめられていることは想像できますが、今一度分析して参りたいと存じております。

『日本仏教界より中国政府によるチベット僧院弾圧を 非難する声明 緊急記者会見』 http://t.co/lSDP0BPs 「中国政府のチベット人への弾圧に抗議」

中原一博氏( @tonbani )ブログ

ダラムサラにチベットの土20トンが運び込まれた - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/Kbuc8Kod

チベット内地情報更新:「<速報>今日、カンゼで再び抗議の焼身供養」 http://t.co/dFcIBiKw

あぁ・・またしてもチベット仏教僧による焼身供養がなされてしまったようです・・これまで自らを灯明と化され焼身供養をなされたチベット仏教僧・尼僧各師の深遠なる慈悲・利他行が無明の闇を照らす光明とならんことを祈願申し上げます。合掌九拝

相次ぐチベット仏教僧による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52044749.html

・・

川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

93)末木文美士先生( @bunmao )ブログ 「メモと近況」ご更新 http://bunmao.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-6fbc.html 末木文美士先生のご論考整理内容を受けて、拙勝義方便のまとめ考察もまた対応していけましたらと存じております。

#勝義方便メモ まとめNO.1
http://togetter.com/li/200586

堀江宗正先生( @NorichikaHorie )が末木文美士先生( @bunmao )のブログにおかれまして、一連の「天罰論」の議論に関してコメント投稿をなされておられます。 http://t.co/fnGcZ81R

・・

#勝義方便メモ まとめNO.1
http://togetter.com/li/200586

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

・・以下、関連考察

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

『空と縁起と』〜仏教の存在論〜  平成23年度・秋季彼岸施餓鬼・配布用資料
http://t.co/wHL7TR0

・・

川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

天罰論に関しましての私見関連考察の追記
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034966.html

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

自らを灯明と化されたツェワン・ノルブ師による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034027.html

【仏教存在論】1-45
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52031260.html

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

7/18 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52026611.html

7/6 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52024256.html

故丸山照雄師「公害企業主呪殺祈祷僧団」の活動から考える
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52018516.html

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529

日本仏教改革の視座
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52015538.html

【アンチ葬式仏教の危うさ http://bit.ly/muwOcn 】ツイッター・コメント投稿・1-26
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52014077.html

【紹介】真詮ブログ・「本願寺のヒットラー(1)宗政とは何か・(2)「最初の宗議会」の自殺」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012810.html

東大阪市における市民活動・まちづくり活性化へ向けたネットワーク構築に関しての意見交換会の雑感
http://hide-1.jugem.jp/?eid=440

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・23-27
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012801.html

「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007856.html

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51997575.html


2011年10月31日(Mon)▲ページの先頭へ
ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・1
本日は、いよいよ待ちに待ったダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演の日。

早朝に寺院の開門・梵鐘・落ち葉掃除と済ませて、午前9時着を目処に舞洲アリーナへと出発。

舞洲に入ると既に駐車場入りの車渋滞。少し焦るも順調に流れて、無事に駐車。かなりの広い敷地の臨時駐車場、料金は千円。そして、会場へ向かい受付。セキュリティーチェックが厳しい。金属探知器に持ち物検査。傘やペットボトルが回収されていた。厳重な警戒体制。そして会場入り。

アリーナ壇上には巨大なタンカ(中央はお釈迦様、下部には観音菩薩様・文殊菩薩様かな?)が奉られており、雰囲気は荘厳。既に会場は半分ほどの参加者で溢れていた。チベット人や韓国人の方たちもちらほら。1階、2階と併せて開場の頃には最終的には1万人ぐらいの参加者になるかな。一階で昼食になるおにぎりとお茶を頂く。



広い会場内、席を探すのも一苦労。一階席はパイプ椅子のぎゅうぎゅう詰めでかなり窮屈。スタンド席の方がゆったりと座れていたのかも(笑)。ようやく座ってトイレに行ったりして開場を待つ。女性トイレはかなり混雑して列をなしていた。これだけの人数、臨時の仮設トイレがないと少し可愛そうでしたね。

さあ、もう定刻の10時、でもまだ始まる気配がない。そこで、主催者から発表があり、開場が20分ほど遅れるとのこと。ダライ・ラマ法王猊下の車も渋滞に巻き込まれてしまって到着が遅れてしまっていたようです。

そして10時25分頃、いよいよ開始。まずは、高野山大学・学長・藤田光寛師のご挨拶。ご挨拶後、ダライ・ラマ法王猊下ご登壇。皆総立ちに。まずタンカへ向けて三拝なされて、御着座。そして、最初に般若心経を皆さんで読経しましょうということをおっしゃられて、般若心経の大合唱。漢語、韓国語、チベット語の般若心経が会場内に響く。その後、法王様が、帰敬偈、般若心経の真言部分を誦経なされて、すばらしい始まりとなった。

さあ、どのような内容になるのか、ワクワクと楽しみながら、法王猊下のお話ぶりに徐々に引き込まれていきました。

そして、即時のすばらしい通訳に感嘆。仏教講義を即時通訳するには相当な専門知識と事前準備が問われますが、非常に円滑にこなされておられました。

さて、講演要旨の詳しいご解説は、石濱裕美子先生のブログをご参照頂くのが最良かと存じます。

「2011年大阪、法王の般若心経講義(前半)」
http://shirayuki.blog51.fc2.com/blog-entry-580.html

かなりレベルの高い講義になっていたことは確かでありましたでしょう。次々に出てくる専門用語のオンパレード、よほどしっかりと予習していない限り、お話に付いていくことは容易では無かったと思いました。私の周りの方たちも難しすぎて理解できないとこぼしておられましたね。

とにかく、第一部では般若心経の説く「空」を繰り返し、繰り返しに力強くにご解説なされておられましたのが印象的でした。『「空」と言っても何もないという意味の虚無とは違う。あくまでも実体が無いということです。』、『世俗のレベルでは確かに存在はしているが、究極的なレベルでは、実体が無いのだ。』と。

またご講演内容の感想については、次のエントリーにて述べさせて頂くことと致します。

少し残念でしたのは、法王猊下にご質問ができなかったことでありました。事前に少し用意しておりました「中観帰謬論証派における非有非無の中道解釈」に関しての質問でしたが、今回はやはり難しかったですね。みんな結構必死に質問のコーナーへと殺到して列になっていました。一部と二部併せてで10名ぐらいの質疑応答になりました。中には難しい内容や意外な内容もあり、猊下も親切丁寧、熱心にお答えになられておられました。

質問の一つに、小学生と思われる子どもさんが、「法王様がおっしゃられるように私たちが幻のような存在というならば、友達との友情も幻みたいなものなのでしょうか?」と素朴に聞いていた質問はある意味で良い質問だと感心しました。

しかし、そのお答えはやはりかなり難しい内容であるため、もちろん、ご本人には納得できないところ多々であったでしょうが、是非頑張って学校の学びと併せて仏教の学びも進めて頂いて、いずれ理解できるようになることを祈念致します。

「ダライ・ラマ こころの自伝」春秋社を会場内にて購入。

ダライ・ラマ14世テンジン・ギャツォ師 (著)
ソフィア ストリル=ルヴェ氏 (編集)
ルトランジェ治美氏 (翻訳)

ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演に参加・2へと続く・・

・・


ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演へ向けた予習
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52042949.html

・・

「みんなの寺の作り方―檀家ゼロからでもお寺ができた!」

天野和公師著・雷鳥社

拝読中。

・・

相次ぐチベット仏教僧による焼身供養・・いったいどのような想いの中で僧衣に灯油を染み込ませて、自らに火を点け、灯明と化し、絶命するその瞬間まで叫び訴え続けられたことであろうか・・深遠なる慈悲・利他行としての焼身供養が無明の闇を照らす光明とならんことを切に祈願申し上げます。合掌九拝

1)相次ぐチベット仏教僧による焼身供養に関してのダライ・ラマ法王猊下のお考えをご推察申し上げる上で、一つの重要な示唆が含まれている著書としては、『ダライ・ラマ「死の謎」を説く』(角川ソフィア文庫)大谷幸三氏とダライ・ラマ法王猊下との対話における内容が参考になるかと存じております。

2)『ダライ・ラマ「死の謎」を説く』(角川ソフィア文庫)・第一章「死」とは何か・3自殺と殺人、p39-51の内容においては、まず猊下は、自殺をする原因、本来的な自殺の不成立、基本的には自殺は悪業であること、自殺許容の可能性、不可避な殺人について述べられておられます。

3)ここで注目すべきは、「自殺許容の可能性」に関する猊下の言及であります。本文の趣旨から猊下のお考えを察すると、慈悲・利他行として、他の者たちに悪行・悪業を積ませないため、他の者たちに善行・善業を積ませるための自殺は許される可能性があるということではないかと存じております。

4)もちろん、自殺にしろ殺人にしろ、仏教の不殺生戒からは、当然に禁じられており、極力避けることが当然のことであって、許容されるとすれば、それは極めて限定された極限状態において、例外的に否定されない場合があるということであります。ここのところを間違えてしまってはいけません。

5)では、この度の相次ぐチベット仏教僧による焼身供養に関して、自殺として許容される可能性、否定されない可能性があるかどうかもしっかりと見極めていく必要があります。つまり、焼身供養が、真なる慈悲・利他行であるのかどうかを考えていかなければならないということであります。

6)まず、慈悲・利他行として成立するのは間違いないと理解できるところであります。これ以上、中国当局側の者たちに悪業を積ませないために、また、少しでも困苦にある皆のおかれている立場が改善されて幸せに過ごしていけるようにとの想いが込められていると考えられるからであります。

7)あとは、極めて限定された極限状態にあるかどうかということであります。ここのところは、現地の状況をしっかりと見極めていく必要があると考えております。これまでの情報を鑑みますと、かなり厳しく追いつめられていることは想像できますが、今一度分析して参りたいと存じております。

『日本仏教界より中国政府によるチベット僧院弾圧を 非難する声明 緊急記者会見』 http://t.co/lSDP0BPs 「中国政府のチベット人への弾圧に抗議」

中原一博氏( @tonbani )ブログ

ダラムサラにチベットの土20トンが運び込まれた - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/Kbuc8Kod

チベット内地情報更新:「<速報>今日、カンゼで再び抗議の焼身供養」 http://t.co/dFcIBiKw

あぁ・・またしてもチベット仏教僧による焼身供養がなされてしまったようです・・これまで自らを灯明と化され焼身供養をなされたチベット仏教僧・尼僧各師の深遠なる慈悲・利他行が無明の闇を照らす光明とならんことを祈願申し上げます。合掌九拝

相次ぐチベット仏教僧による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52044749.html

・・

川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

93)末木文美士先生( @bunmao )ブログ 「メモと近況」ご更新 http://bunmao.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-6fbc.html 末木文美士先生のご論考整理内容を受けて、拙勝義方便のまとめ考察もまた対応していけましたらと存じております。

#勝義方便メモ まとめNO.1
http://togetter.com/li/200586

堀江宗正先生( @NorichikaHorie )が末木文美士先生( @bunmao )のブログにおかれまして、一連の「天罰論」の議論に関してコメント投稿をなされておられます。 http://t.co/fnGcZ81R

・・

#勝義方便メモ まとめNO.1
http://togetter.com/li/200586

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

・・以下、関連考察

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

『空と縁起と』〜仏教の存在論〜  平成23年度・秋季彼岸施餓鬼・配布用資料
http://t.co/wHL7TR0

・・

川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

天罰論に関しましての私見関連考察の追記
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034966.html

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

自らを灯明と化されたツェワン・ノルブ師による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034027.html

【仏教存在論】1-45
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52031260.html

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

7/18 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52026611.html

7/6 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52024256.html

故丸山照雄師「公害企業主呪殺祈祷僧団」の活動から考える
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52018516.html

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529

日本仏教改革の視座
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52015538.html

【アンチ葬式仏教の危うさ http://bit.ly/muwOcn 】ツイッター・コメント投稿・1-26
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52014077.html

【紹介】真詮ブログ・「本願寺のヒットラー(1)宗政とは何か・(2)「最初の宗議会」の自殺」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012810.html

東大阪市における市民活動・まちづくり活性化へ向けたネットワーク構築に関しての意見交換会の雑感
http://hide-1.jugem.jp/?eid=440

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・23-27
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012801.html

「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007856.html

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51997575.html


2011年10月20日(Thu)▲ページの先頭へ
相次ぐチベット仏教僧による焼身供養
現在、チベット東部アムド地方のンガバ県にて、相次いでチベット仏教僧の焼身供養が続き、チベット情勢は緊迫の度合いを増している。いったいチベット社会で今何が起きているのか・・私たちも真摯に直視せねばなりません・・

チベット本土で相次ぐ僧侶の焼身自殺とチベットへの支援と連帯に関する、
亡命政権内閣(カシャック)と議会の共同プレス声明 2011/10/17
http://www.tibethouse.jp/news_release/2011/111017_press.html

2008年の蜂起以降、チベット本土の状況は悪化傾向にあります。とりわけ今年3月以降は、中国によるチベット占領と抑圧を許しがたいと考える若者による焼身自殺が相次ぎ、事態は緊迫の度を増しています。

本土のチベット人は政治的抑圧、文化的同化政策、経済的疎外、および環境破壊に反対するために、こうした過激な行動に駆り立てられています。

今年焼身自殺を行った7人の若きチベット人僧侶のうち、以下の4人が死亡しました。

●ロブサン・プンツォック(チベット北東部キルティ僧院の僧侶) 2011年3月16日死亡享年21歳
●ツェワン・ノルブ(チベット東部ニーツォ僧院の僧侶) 2011年8月15日死亡 享年29歳
●カイン(キルティ僧院の元僧侶) 2011年10月7日焼身 8日死亡 享年18歳
●チョーペル(同上) 2011年10月7日焼身 11日死亡 享年19歳
●残りの3人、ロブサン・ケルサン(18歳)、ロブサン・クンチョク(19歳)、ケルサン・ワンチュク(17歳)の容態は依然、不明です。

チベット亡命政権は、3人の居場所と安否について深い懸念を持っています。
われわれは、死亡したチベット人および、民族の権利のために声を上げ、投獄された全てのチベット人に連帯を表明します。
われわれは国連と世界中の自由を愛する国々と人々に、重大な段階を迎えているチベット人に対し支援と連帯を表明してくださるよう要請します。

チベット本土には実質的に戒厳令が敷かれており、焼身自殺が増えています。国際社会はチベット人と中国人双方の利益のために、対話による自由の回復とチベット問題の解決にむけて中国政府が動くよう、圧力をかけるべきです。このためにまず、国際社会とメディアがチベット本土に代表団を送り、現地の状況を実地調査しなければなりません。

チベット亡命政権の内閣と議会は本土で深まる危機を広く知らしめるため、インド国内および世界で共同イベントを開催していく計画を立案しました。
自由世界のチベット人、およびチベット・サポーターの皆さんは自らの住んでいる場所で、本土の状況を知らせるイベントを開催してください。こうしたイベントは、平和的で、尊厳のあるもので、現地の法規制を守るものでなければなりません。
2011年10月19日、チベット亡命政権は終日法要を行い、本土のチベット人への連帯を示すため、すべての亡命チベット人に断食を呼びかけました。

チベット本土の兄弟姉妹よ、私たちはあなた方と同じ夢の実現に向けて頑張っています。そして、あなた方の犠牲の苦しみを分かち合っています。

2011年10月17日
チベット亡命政権議会
チベット亡命政権内閣(カシャック)
(訳:吉田明子)

・・

以下、中原氏のブログ・石濱氏のブログのご報告も参照にして下さい。

中原一博氏( @tonbani )ブログ

ダラムサラ:内地チベット人への連帯を示す祈りとニュンネ(断食)
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51707367.html

AFPレポーターがンガバ潜入取材「チベット人僧侶が抗議し、中国の街が包囲される」
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51707416.html

キルティ・リンポチェの呼び掛け
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51707169.html

ついに尼僧も焼身自殺 その場で死亡 今年9人目
http://t.co/ScXGYVNn

石濱裕美子先生( @okamesaiko )ブログ

増え続ける焼身自殺者
http://shirayuki.blog51.fc2.com/blog-entry-578.html

・・

1)若いチベット仏教僧、尼僧による焼身供養が続発している・・把握されているだけでも今年に入り9人目となってしまっているようだ・・そこまで追い込まれてしまっているチベット社会の現状については国際社会ももはや無視できないところまできていると言えるだろう・・

2)焼身供養については、ツェワン・ノルブ師におけることにて http://t.co/rLNV4P2S におきまして私の一つの私見を述べさせて頂きましたが、少し続発する若いチベット僧・尼僧による焼身供養は、血気盛んにはやまってしまっているようにも映ります・・

3)そこまで追い込まれてしまっているチベット社会の現実は到底無視できませんが、究極の深遠なる慈悲行としての焼身供養における功徳を成就するためには、最低でもゲシェー(チベット・仏教学博士)レベルの空性理解がなければ真なる功徳には及ばないのではないかと危惧致します。

4)慈悲・利他行としての焼身供養としての功徳は、確かに善趣への赴きへと向かうことは確実でしょうが、深遠なる空性の現量了解による智慧・慈悲の働きという根拠を明らかに持たない以上は、来世で菩薩行・仏道を歩むに弊害をもたらしかねない危険性を孕んでいると推察致しております。

5)もちろん、この若輩未熟者の拙一私見にしか過ぎず、誠に畏れ多いことでもありますが、私よりかなり若い前途あるチベット仏教僧・尼僧たちには、どうか、どうかこれ以上、はやまってしまわれないように強く願う次第でございます。

6)相次ぐ若いチベット仏教僧・尼僧の焼身供養を受けて、中国への抗議とチベット問題への国際介入を求める24時間ハンストがインド・デリーにて行われているようで、明日はダライ・ラマ14世法王猊下も1日ハンストをなされるようです。

7)焼身供養の功徳、抗議行動の功徳が、国際社会を大きく動かし、チベット社会の情勢改善、チベット仏教の興隆へと繋がることを切に祈念申し上げます。この観音菩薩様ご縁日にあたる本日(18日)、観音菩薩様の化身であられるダライ・ラマ14世法王猊下には改めまして最敬礼申し上げます。

8)自らを灯明と化され焼身供養をなされたチベット仏教僧・尼僧各師の慈悲・利他行が無明の闇を照らす光明とならんことを祈願申し上げます。どうか再び人間として転生なされて、菩薩様の化身として、輪廻の大海に深く沈んでいる私たち一切衆生を到涅槃へとお導き賜りますように祈念申し上げます。

チベットネットワークより:ンガバの状況に関する「緊急アクション」要請 - チベットNOW@ルンタ http://t.co/1BgufsWu

・・

川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

勝義方便に関するメモを塚越賢氏にtogetterにておまとめ頂いております。誠にありがとうございます。

#勝義方便メモ まとめNO.1
http://togetter.com/li/200586

・・

ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演 http://koyasan-daigaku.rgr.jp/ (高野山大学・創立125周年記念事業)までに、これまでのチベット仏教(顕教)・チベット仏教哲学(中観帰謬論証派)の学びの見直しと密教の入り口についての学びを進めております。

いよいよ月末のダライ・ラマ法王猊下の講演会が近づいて参りました。

なんと10月8日にはダライ・ラマ法王猊下から講義を受ける夢を見ました。幾人かのチベット仏教僧と共に薄汚れてしまっていた教室の中ではありましたが、その時、私は懸命に法王猊下に質問しておりました。現ダライ・ラマ14世師か、先代かその前々のダライ・ラマ師か、はっきりと顔を覚えてはいませんが、その前後の状況、雰囲気は確かにダライ・ラマ法王猊下であり、張り切って一生懸命に質問している自分がいました。。

ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演へ向けた予習
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52042949.html

・・

1)末木文美士先生ブログ( http://t.co/4CrONUSp )にてお約束していました私の「勝義方便」に関しての拙意見投稿が遅滞しております。その論考投稿のまとめへ向けたメモ書きを( #勝義方便メモ )のタグにて少しこれからしばらく残していけましたらと考えております。

2)この間、各個別的なご質問、ご批判には答えられないかもしれません。また、論点は散在することと思います。どうかご容赦の程を宜しくお願い申し上げます。誠に遅れておりますが、とにかくこの10月末までには何とかまとめることができましたらと考えております。 #勝義方便メモ

以下は、ツイッターにて #勝義方便メモ のタグにてご参照下さいませ。

#勝義方便メモ まとめNO.1
http://togetter.com/li/200586

・・これまでの考察については下記を参照に。

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

・・以下、関連考察

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

『空と縁起と』〜仏教の存在論〜  平成23年度・秋季彼岸施餓鬼・配布用資料
http://t.co/wHL7TR0

・・

川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

天罰論に関しましての私見関連考察の追記
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034966.html

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

自らを灯明と化されたツェワン・ノルブ師による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034027.html

【仏教存在論】1-45
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52031260.html

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

7/18 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52026611.html

7/6 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52024256.html

故丸山照雄師「公害企業主呪殺祈祷僧団」の活動から考える
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52018516.html

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529

日本仏教改革の視座
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52015538.html

【アンチ葬式仏教の危うさ http://bit.ly/muwOcn 】ツイッター・コメント投稿・1-26
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52014077.html

【紹介】真詮ブログ・「本願寺のヒットラー(1)宗政とは何か・(2)「最初の宗議会」の自殺」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012810.html

東大阪市における市民活動・まちづくり活性化へ向けたネットワーク構築に関しての意見交換会の雑感
http://hide-1.jugem.jp/?eid=440

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・23-27
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012801.html

「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007856.html

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51997575.html


2011年10月10日(Mon)▲ページの先頭へ
ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演へ向けた予習
ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演 http://koyasan-daigaku.rgr.jp/ (高野山大学・創立125周年記念事業)までに、これまでのチベット仏教(顕教)・チベット仏教哲学(中観帰謬論証派)の学びの見直しと密教の入り口についての学びを進めております。

「ダライ・ラマ 般若心経入門」を再々読中。

ダライ・ラマ14世師(著)・宮坂宥洪師(翻訳) 春秋社

今度のダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演では、第1部  「ダライ・ラマ法王 般若心経を語る−空から慈悲へ−」として講義がございます。その予習としては必読の最適本であります。

・・

いよいよ月末のダライ・ラマ法王猊下の講演会が近づいて参りました。

なんと10月8日にはダライ・ラマ法王猊下から講義を受ける夢を見ました。幾人かのチベット仏教僧と共に薄汚れてしまっていた教室の中ではありましたが、その時、私は懸命に法王猊下に質問しておりました。現ダライ・ラマ14世師か、先代かその前々のダライ・ラマ師か、はっきりと顔を覚えてはいませんが、その前後の状況、雰囲気は確かにダライ・ラマ法王猊下であり、張り切って一生懸命に質問している自分がいました。。

・・

チベットで続発する焼身供養。国際社会は尚いっそうにチベットのおかれている現実を直視すべきであります。しかし、焼身供養は空性の現量了解を根拠にしての究極の深遠なる慈悲・利他行としての功徳・・安易に焼身供養には走ってほしくはないです・・

若いチベット仏教僧の焼身供養がここ最近続発・・究極の深遠なる慈悲・利他行としての焼身供養は、空性の現量了解を成し得ていてこその功徳となります。まだまだ前途ある僧には、安易に焼身供養に走ってほしくはないですが、そこまで追い込まれてしまっているチベットの現実も無視できません・・

自らを灯明と化されたツェワン・ノルブ師による焼身供養について
http://t.co/rLNV4P2S

中原一博氏( @tonbani )ブログ 今日、再びンガバで2人の元僧侶が焼身自殺。内1人は死亡か? - チベットNOW@ルンタ http://t.co/hBi5Kp1r

チベットネットワークより:ンガバの状況に関する「緊急アクション」要請 - チベットNOW@ルンタ http://t.co/1BgufsWu

・・

ダライ・ラマ14世法王猊下・2011.10.30大阪特別講演 http://koyasan-daigaku.rgr.jp/ (高野山大学・創立125周年記念事業)までに、これまでのチベット仏教(顕教)・チベット仏教哲学(中観帰謬論証派)の学びの見直しと密教の入り口についての学びを進めております。

「チベット仏教 文殊菩薩(マンジュシュリ)の秘訣」

ソナム・ギャルツェン・ゴンタ師著 法蔵館

ツォンカパ師『道の三要訣』とサパン師が著した「四つの捕われから離れる秘訣」の詳細解説となっております。チベット仏教を学ぶ上では基本の必読中の必読書であります。

内外のチベットの仏教の伝統に従っている僧・俗のすべての方、そしてチベットとチベット人に関わるすべての方へ重要なお知らせ(ダライ・ラマ第14世テンジン・ギャツォ師)
http://t.co/q5rW3tZ0

第11回宗派代表者会議/法王が自身の生まれ変わりに関する話と声明を - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/rEYbmvzY 

ダライ・ラマ法王猊下関連の著作集


「ダライ・ラマ 生き方の探究」再々読中。

ダライ・ラマ14世テンジン・ギャツォ師著、藤田省吾氏 (翻訳)、ゲシェーソナムギャルツェンゴンタ師 (翻訳) 春秋社

「三十七の菩薩の実践」についてのダライ・ラマ法王猊下による解説であります。

「三十七の菩薩の実践」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51979461.html

「ダライ・ラマ「死の謎」を説く」読了。

ダライ・ラマ14世テンジン・ギャツォ師 (著)
角川学芸出版

内容は1993年の大谷幸三氏の法王猊下とのインタビューを基に大谷氏の解説が加筆されているもので、輪廻転生を焦点に死と生を見つめ直し、より良く生きて死ぬための仏教の智慧についての法王猊下のお考えが有意義に述べられています。

「ダライ・ラマ実践の書」読了。

ダライ・ラマ14世テンジン・ギャツォ師 (著),
ジェフリー ホプキンズ氏 (編集)
宮坂宥洪師 (翻訳)
春秋社

チベット仏教入門・実践のための基本書として推薦されるだけあってかなりの良書。空と縁起の理法に関しての新たなる知見も得れることができて誠に良かったです。深遠なる空と縁起の理法をお説きになられます法王猊下に最敬礼申し上げます。合掌九拝

「チベット密教 瞑想入門」読了。

ゲシェーソナムギャルツェンゴンタ師・著 法藏館

・・

最近における末木文美士先生との意見交換におきまして、先生ご発表のご論考「自然災害説は間違っている」 http://t.co/azZto22 の内容におかれまして、宗教と政治に関して先生が言及なされておられ、そのことと関連しましての私の考えを少し下記にてまとめさせて頂きました。

今の私の政治に対してのスタンスについて・5
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/e4b52ab681d6d767c26f10d5761cce08

末木文美士先生( @bunmao )「自然災害説は間違っている」 http://t.co/azZto22 のご論考に際しての「宗教と政治」に関する拙私見 http://t.co/KAXNfKDp についての補足を先生のブログにコメント投稿させて頂きました。

・・

末木文美士先生( @bunmao )「自然災害説は間違っている」 http://t.co/azZto22 のご論考に関し、勝義方便として、今回の東日本大震災における地震津波被害・放射能被害において、果たしてどのような具体的な現実的対応を取るべきであるのかについて、私なりの考えをまとめさせて頂こうと存じておりますが、発表は少し遅れてしまうかもしれません。秋彼岸後には何とか発表できればと思っております。

・・

末木文美士先生( @bunmao )「自然災害説は間違っている」 http://t.co/azZto22 のご論考に関しまして、浅学菲才の未熟者ながらの拙意見をコメント投稿させて頂きました。

http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52038082.html

末木文美士先生( @bunmao ) 「地震は自然現象か?」 http://t.co/fCEnGc4 のご論考に関しまして、浅学菲才の未熟者ながらの拙意見をコメント投稿させて頂きました。

http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52037860.html

末木文美士先生「地震は自然現象か?」
http://bunmao.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-c855.html

・・以下、これまでの考察

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

・・以下、関連考察

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

『空と縁起と』〜仏教の存在論〜  平成23年度・秋季彼岸施餓鬼・配布用資料
http://t.co/wHL7TR0

・・

川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

天罰論に関しましての私見関連考察の追記
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034966.html

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

自らを灯明と化されたツェワン・ノルブ師による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034027.html

【仏教存在論】1-45
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52031260.html

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

7/18 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52026611.html

7/6 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52024256.html

故丸山照雄師「公害企業主呪殺祈祷僧団」の活動から考える
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52018516.html

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529

日本仏教改革の視座
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52015538.html

【アンチ葬式仏教の危うさ http://bit.ly/muwOcn 】ツイッター・コメント投稿・1-26
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52014077.html

【紹介】真詮ブログ・「本願寺のヒットラー(1)宗政とは何か・(2)「最初の宗議会」の自殺」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012810.html

東大阪市における市民活動・まちづくり活性化へ向けたネットワーク構築に関しての意見交換会の雑感
http://hide-1.jugem.jp/?eid=440

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・23-27
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012801.html

「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007856.html

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51997575.html


2011年09月13日(Tue)▲ページの先頭へ
末木文美士先生「自然災害説は間違っている」に関する拙意見のコメント投稿内容二件
末木文美士先生( @bunmao )「自然災害説は間違っている」 http://t.co/azZto22 のご論考に関しまして、浅学菲才の未熟者ながらの拙意見をコメント投稿させて頂きました。

http://bunmao.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-25ae.html

その一

末木 文美士 先生 様

真摯なるご教授を賜りまして、誠に恐縮致しております。

「・・大事なことは、その理論が現実にどのように適用できるか、ということです。それを他人の借り物の理論ではなく、本当に自分の身についた理論として考え抜くことです。現実に力を持たない理論は、理論としての役割を果たしません。」(本文より)

「・・本当に現実に力を持つ理論を築かなければならない」(本文より)

上記の先生の言、重く受けとめさせて頂きます。浅学菲才の未熟者、猛省致すこと限りなしでございます。当方、理論と実践の兼ね備えは大きな課題であると深く認識致しております。

以前は、やみくもに慈悲の実践だ、利他行の実践だと、ある意味で盲目的に、立場を弁えず、理論をしっかりと構築させずにボランティア活動・福祉活動・市民活動と取り組んだ時期がございましたが、10年も満たない内に、理論・理念の薄さが祟ってか、モチベーションが維持できず、実践にほころびが生じ始め、今は以前ほどは精力的にはなれずに、人並みほどでしかできていないようになってしまっております・・

言い訳になるかもしれませんが、雑事に追われ、また立場的にもそう無理はできないようになってしまう中、周りに迷惑を掛けてまで、やみくもに取り組んでも所詮は自己満足に過ぎないのではないか、自身地に足付けれないままに進めてもどこかで無理が祟るのではないか、と臆病になってしまっているのかもしれません・・

そこで、私は仏教の慈悲・利他行の実践のためには、やはり智慧をしっかりと学ばなければならないと、初期仏教からチベット仏教まで、顕教の範囲内に過ぎませんが、今は理論・理念構築に取り組んでいる次第でございます。もちろん、浅学菲才の未熟者ゆえに、多々失敗、足踏み等反省はございますが・・

自身、今一度、先生のおっしゃられるように、「本当に現実に力を持つ理論」を「自分の身についた理論として考え抜くこと」で、必ずやその理論を実践へと結びつけ、本当の慈悲・利他行ができるように調えて参りたいと存じております。

ご教授、誠にありがとうございます。厚く感謝申し上げます。また、思うことがございましたら、コメント投稿、意見交換のお許しを頂けましたらと存じております。取り急ぎの拙文となりまして大変に失礼致しました。

川口 英俊 合掌九拝

その二

末木 文美士 先生 様

お返事、誠にありがとうございます。碩学の大先生とこのような形で意見交換ができますこと、幸甚に存じ上げます。普通ではあり得ないことだけに、深く感謝申し上げます。

「テーラヴァーダであれ、チベット仏教であれ、日本仏教であれ、たとえ違いがあっても、その違いをはっきりとさせながら、手を取り合って進めることを願う」。(コメント本文より)

根本仏教からチベット仏教まで、この未熟者、まだまだ概観したに過ぎないかもしれませんが、それぞれ同じ仏教として、根本に控えているお釈迦様の智慧と慈悲の教えに関しては、通底しているものがあると考えております。ただ、その智慧と慈悲についての方便、教義解釈、方法論的な相違はいささかにもあるようには思っております。

慈悲の実践に関しましては、以前に以下においても色々と考察させて頂きましたが、

3/1・NHKクローズアップ現代・「岐路に立つお寺」 ツイッター投稿内容・1〜59
http://sunya.cscblog.jp/content/0001736242.html

【アンチ葬式仏教の危うさ http://bit.ly/muwOcn 】ツイッター・コメント投稿・1-26
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52014077.html

その中で、少しここでは世俗方便と勝義方便の相違につきまして述べさせて頂こうと存じます。

現実・現世利益的な抜苦としての世俗方便に関しては、今や議会・行政・民間(医療法人・社会福祉法人・NPO法人・一般社団・財団法人・NGO団体・ボランティア団体・自治会等)等における分業化・専業化・専門化が進み、それらの方がよりきめ細かなニーズに応えやすいことも鑑みて、仏教・寺院・僧侶が特に取り組まなくても、それらに任せるのが概ね妥当であると考えております。無理してまで世俗方便に関することを仏教・寺院・僧侶が取り戻そうとすることは、もはや時代の流れとしても積極的には必要ではなく、もちろん、余裕があるならば取り組むことも大切ではありますが、第一義としてではないと考えております。

では、仏教・寺院・僧侶が第一義に本来行うべきことは何であるかと僭越にも述べさせて頂きますと、根本苦としてある無明を排撃させて、輪廻の迷い・苦しみについての解決を図らせるための勝義方便としての慈悲の働きであると考えております。

ここは、私なりに世俗方便におけることに取り組ませて頂いていた中でも、様々な考察や葛藤、失敗、反省も踏まえた上での現時点での私の考えとしてございます。

また、現代における仏教批判の中においては、その批判の根本として、現実・現世利益的な面ばかりを重視しすぎて、帰依者・信者・会員のみならず仏教に直接的に関わる者たちでさえも現実・現世利益的なところでの仏教の扱いに終始してしまっているという現状も幾分かあるのではないかと思うことからも、世俗方便に留まってしまっていてはいけないと考えるに至っております。

では、第一義としての勝義方便における慈悲の実践を行うためには、いったいどのような智慧が必要となるのかについて、仏教における学びを試行錯誤を経ながらも進めていく中で、やはり深遠なる空と縁起の理法を深く深く学ぶことが必要であると僭越ながらも現時点において私は考えており、その中でも顕教の範囲内にしか過ぎませんが、特にチベット仏教・哲学、中観思想に重点を置いて取り組んでいる次第でございます。

それでは、勝義方便として、今回の東日本大震災における地震津波被害・放射能被害において、果たしてどのような具体的な現実的対応を取るべきであるのかに関しましては、もちろん不十分な点、誤っている点等も多々あるかとは思いますが、ご叱責、ご批判を畏れずに次のコメント投稿にて私なりの拙いながらの考えをお示しさせて頂こうと存じております。

川口 英俊 合掌九拝

・・

末木文美士先生( @bunmao ) 「地震は自然現象か?」 http://t.co/fCEnGc4 のご論考に関しまして、浅学菲才の未熟者ながらの拙意見をコメント投稿させて頂きました。

http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52037860.html

末木文美士先生「地震は自然現象か?」
http://bunmao.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-c855.html

・・以下、これまでの考察

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

・・以下、関連考察

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

『空と縁起と』〜仏教の存在論〜  平成23年度・秋季彼岸施餓鬼・配布用資料
http://t.co/wHL7TR0

・・

東大阪鳩まめ倶楽部( http://t.co/rNvS7vc )・特番・第3回目 立候補予定の方々を交えて 『みんなで考えよう』 http://t.co/mAejbQF (10/2東大阪市長選・市議選へ向けて)

東大阪鳩まめ倶楽部・特番・第3回目 立候補予定の方々を交えて『みんなで考えよう』
http://www.do-natteruno.com/con_a/a35/a35.html

積極的に私も意見投稿させて頂いております。これまでの意見投稿の内容は下記となっております。市長選・市議選、各立候補予定者の皆様方からの回答を頂くことができましたら幸いでございます。

http://hide-1.jugem.jp/?eid=463

是非、東大阪市民の皆様には、この機会にお気軽に意見交換に参加を頂きまして、選挙に関心をお持ち下さいませ。少しでも投票率が上がり、市民の声が市政に反映されることを願っております。

・・

さて、私が平成23年10月2日(日)に予定されている東大阪市・市議会議員選挙に立候補を表明・予定していると、私に対しての誤解(私が市長選・市議選に出るなど)も幾ばくかまだあるようでして、その解消のために、これまでも下記のように、私の政治に対してのスタンスについての見解を述べさせて頂いております。

今の私の政治に対してのスタンスについて・1
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/728ce9880459f44c08bcc838f1d5ca27

今の私の政治に対してのスタンスについて・2
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/7451986ba59b0d95e19b2d1a93bc3550

今の私の政治に対してのスタンスについて・3
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3412e6260df5dd79193c0def81f7d611

今の私の政治に対してのスタンスについて・4
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/750ab7cc2c309159552a2ee80aee1705

・・

「ダライ・ラマ 至高なる道」を読了。「入菩提行論」・第九章・智慧の章のご講義が猊下ご自身も講義中におっしゃられておられるようにほとんど扱えられずに終えられてしまっており、特に第九章の内容ご解説に注目していた私にとりましては少し残念でありました・・

「チベット仏教・菩薩行を生きる―精読・シャーンティデーヴァ『入菩薩行論』」大法輪閣と併せてまた学びを進めていけましたらと考えております。

ダライ・ラマ14世法王猊下・2011大阪特別講演 http://koyasan-daigaku.rgr.jp/ (高野山大学・創立125周年記念事業)。既に仮予約、入金も済ませております。ご尊顔を拝する日が楽しみでございます。

ダライ・ラマ14世法王猊下 11月郡山で講演 http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=2011090613

・・

往生院メールマガジン発行・NO.85
http://archive.mag2.com/0000098047/index.html

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

・・

川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

末木文美士先生( @bunmao ) 「地震は自然現象か?」 http://t.co/fCEnGc4 をご発表なされました。前半のところを拝読する中で、「教理の考察」誰も知らない火事(齋藤保高氏) http://t.co/GWmNUQh の内容についてまた考察中です。

天罰論に関しましての私見関連考察の追記
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034966.html

自らを灯明と化されたツェワン・ノルブ師による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034027.html

【仏教存在論】1-45
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52031260.html

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

7/18 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52026611.html

7/6 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52024256.html

故丸山照雄師「公害企業主呪殺祈祷僧団」の活動から考える
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52018516.html

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529

日本仏教改革の視座
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52015538.html

【アンチ葬式仏教の危うさ http://bit.ly/muwOcn 】ツイッター・コメント投稿・1-26
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52014077.html

【紹介】真詮ブログ・「本願寺のヒットラー(1)宗政とは何か・(2)「最初の宗議会」の自殺」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012810.html

東大阪市における市民活動・まちづくり活性化へ向けたネットワーク構築に関しての意見交換会の雑感
http://hide-1.jugem.jp/?eid=440

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・23-27
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012801.html

「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007856.html

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51997575.html


2011年09月12日(Mon)▲ページの先頭へ
末木文美士先生「地震は自然現象か?」に関する拙意見のコメント投稿内容
末木文美士先生( @bunmao ) 「地震は自然現象か?」 http://t.co/fCEnGc4 のご論考に関しまして、浅学菲才の未熟者ながらの拙意見をコメント投稿させて頂きました。

末木文美士先生「地震は自然現象か?」
http://bunmao.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-c855.html

コメント投稿内容・・

末木 文美士 先生 様

「地震は自然現象か?」を拝読させて頂きました。

先生の真摯なるご考究に敬意を表させて頂きます。

この度も浅学菲才の未熟者の拙意見となりますが、コメント投稿をさせて頂きます。ご無礼の段、平にお許し下さいませ。

「人間も自然も相互に切り離せない関係の中に入っている、それが縁起ということ」(本文より)。誠にそのようであると存じます。複雑な相互縁起における諸現象の一つとして自然現象を捉える中で、私たち人間と自然現象との縁起関係において、自然とどのように向き合っていくべきであるのかは、様々に私たちに問われてくるところであると存じております。

しかし、上記のことは仏教における二諦において、世俗諦として捉えられることはあるとしても、勝義諦としては果たしてどうであるのかについてもやはり考えていく必要があるのではないだろうかとも存じております。

「誰も知らないところで起った、人間の認知ともまったく関係ない場合」(本文より)の自然現象に関しましては、「チベット仏教ゲルク派 宗学研究室」(http://rdor-sems.jp/)における「教理の考察・誰も知らない火事(齋藤保高氏)」(http://t.co/GWmNUQh)の内容が直接に参考になるのではないかと考えておりますが、それだけには留まらずに、教理の考察「誰も知らない火事」並びに「蟻の瓶と象の瓶」(http://t.co/LGdNG8g)(齋藤保高氏)」の内容を参考としての私なりの現段階における解釈での意見を以下に述べさせて頂きます。

中観帰謬論証派における第三の縁起としての「全ての存在は、私たちの意識作用・概念作用・思惟分別作用による仮名・仮説・仮設によっての依存関係で成り立っている」という見解は、「原因・条件と結果の依存関係」の縁起、「部分と全体の依存関係」の縁起に続いて、深遠なる縁起の考え方としてあります。

自然現象については、「原因・条件と結果の依存関係」の縁起、「部分と全体の依存関係」の縁起、そして第三の縁起におけることからも、その要素・性質・属性、効果的作用と私たちの営みとの関係性について、当然に色々と説明することはできるように存じております。

しかし、それはあくまでも世俗諦的においての域を抜けるものではなく、第三の縁起を深く鑑みた先の勝義諦的には、やはり自然現象は「単なる自然現象」と最終的には結論付けねばならないように考えております。もちろん、早計、短慮・短絡的に、「単なる自然現象」としてしまうのではなく、私たち人間と自然との縁起関係について十分に思慮・熟慮し、その縁起関係をしっかりと理解し、更には空性を理解した上においてということも大切であると思っております。縁起も空性も理解しないままに「単なる自然現象」と結論付けるわけでは決してございません。

ここからは少し余談となってしまいますが、これまでの以前の考察においては、当方は重大な過ちを犯しておりました。

縁起であるからして世俗有、空性であるからして勝義無と非有非無の中道を理解してしまっておりましたが、中観帰謬論証派の見解としては、空性であるからして世俗有、縁起であるからして勝義無として非有非無の中道を捉えなければならないと、最近になりまして少しずつながらようやくに理解することができて参りました。

そこからもまた色々とこれまでの論考を考察し直していかなければならないと考えております。

また、ダライ・ラマ法王猊下のこの度の東日本大震災に関してのお考えにつきましては、今秋のご来日の際におけるご法話にて、深遠なる縁起と空の理法から、更に何らかのご教示を賜れるのではないかと僭越ながらも存じております。

川口 英俊 合掌九拝

・・以上ここまで。

・・以下、これまでの考察

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

・・以下、関連考察

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

『空と縁起と』〜仏教の存在論〜  平成23年度・秋季彼岸施餓鬼・配布用資料
http://t.co/wHL7TR0

・・

東大阪鳩まめ倶楽部( http://t.co/rNvS7vc )・特番・第3回目 立候補予定の方々を交えて 『みんなで考えよう』 http://t.co/mAejbQF (10/2東大阪市長選・市議選へ向けて)

東大阪鳩まめ倶楽部・特番・第3回目 立候補予定の方々を交えて『みんなで考えよう』
http://www.do-natteruno.com/con_a/a35/a35.html

積極的に私も意見投稿させて頂いております。これまでの意見投稿の内容は下記となっております。市長選・市議選、各立候補予定者の皆様方からの回答を頂くことができましたら幸いでございます。

http://hide-1.jugem.jp/?eid=463

是非、東大阪市民の皆様には、この機会にお気軽に意見交換に参加を頂きまして、選挙に関心をお持ち下さいませ。少しでも投票率が上がり、市民の声が市政に反映されることを願っております。

・・

さて、私が平成23年10月2日(日)に予定されている東大阪市・市議会議員選挙に立候補を表明・予定していると、私に対しての誤解(私が市長選・市議選に出るなど)も幾ばくかまだあるようでして、その解消のために、これまでも下記のように、私の政治に対してのスタンスについての見解を述べさせて頂いております。

今の私の政治に対してのスタンスについて・1
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/728ce9880459f44c08bcc838f1d5ca27

今の私の政治に対してのスタンスについて・2
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/7451986ba59b0d95e19b2d1a93bc3550

今の私の政治に対してのスタンスについて・3
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3412e6260df5dd79193c0def81f7d611

今の私の政治に対してのスタンスについて・4
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/750ab7cc2c309159552a2ee80aee1705

・・

「ダライ・ラマ 至高なる道」を読了。「入菩提行論」・第九章・智慧の章のご講義が猊下ご自身も講義中におっしゃられておられるようにほとんど扱えられずに終えられてしまっており、特に第九章の内容ご解説に注目していた私にとりましては少し残念でありました・・

「チベット仏教・菩薩行を生きる―精読・シャーンティデーヴァ『入菩薩行論』」大法輪閣と併せてまた学びを進めていけましたらと考えております。

ダライ・ラマ14世法王猊下・2011大阪特別講演 http://koyasan-daigaku.rgr.jp/ (高野山大学・創立125周年記念事業)。既に仮予約、入金も済ませております。ご尊顔を拝する日が楽しみでございます。

ダライ・ラマ14世法王猊下 11月郡山で講演 http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=2011090613

・・

往生院メールマガジン発行・NO.85
http://archive.mag2.com/0000098047/index.html

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

・・

川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

末木文美士先生( @bunmao ) 「地震は自然現象か?」 http://t.co/fCEnGc4 をご発表なされました。前半のところを拝読する中で、「教理の考察」誰も知らない火事(齋藤保高氏) http://t.co/GWmNUQh の内容についてまた考察中です。

天罰論に関しましての私見関連考察の追記
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034966.html

自らを灯明と化されたツェワン・ノルブ師による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034027.html

【仏教存在論】1-45
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52031260.html

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

7/18 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52026611.html

7/6 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52024256.html

故丸山照雄師「公害企業主呪殺祈祷僧団」の活動から考える
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52018516.html

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529

日本仏教改革の視座
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52015538.html

【アンチ葬式仏教の危うさ http://bit.ly/muwOcn 】ツイッター・コメント投稿・1-26
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52014077.html

【紹介】真詮ブログ・「本願寺のヒットラー(1)宗政とは何か・(2)「最初の宗議会」の自殺」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012810.html

東大阪市における市民活動・まちづくり活性化へ向けたネットワーク構築に関しての意見交換会の雑感
http://hide-1.jugem.jp/?eid=440

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・23-27
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012801.html

「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007856.html

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51997575.html


2011年09月10日(Sat)▲ページの先頭へ
東大阪鳩まめ倶楽部・特番・第3回目 立候補予定の方々を交えて『みんなで考えよう』・意見投稿まとめ
東大阪鳩まめ倶楽部( http://t.co/rNvS7vc )・特番・第3回目 立候補予定の方々を交えて 『みんなで考えよう』 http://t.co/mAejbQF (10/2東大阪市長選・市議選へ向けて)

東大阪鳩まめ倶楽部・特番・第3回目 立候補予定の方々を交えて『みんなで考えよう』
http://www.do-natteruno.com/con_a/a35/a35.html

積極的に私も意見投稿させて頂いております。これまでの意見投稿の内容は下記となっております。市長選・市議選、各立候補予定者の皆様方からの回答を頂くことができましたら幸いでございます。

是非、東大阪市民の皆様には、この機会にお気軽に意見交換に参加を頂きまして、選挙に関心をお持ち下さいませ。少しでも投票率が上がり、市民の声が市政に反映されることを願っております。
014番

全市的な施策課題についての取り組みに関して、随所にて縦割り行政の弊害を思います。全市的に解決を図るべき事項に関しては、もっと庁内・各部局課間が横断的・積極的に連携・協働を進めることが必要であると思います。縦割り行政の弊害を少なくして、行政施策の効率化を図ってほしいと思いませんか?

040番

039番さんへ、お返事ありがとうございます。市民と対話する機会の多い部局課では、積極的に市民の声を聞いて頂けますが、そうでなければ、どうしても狭量・硬直的な視野に陥ってしまいます。タウンミーティング・ワークショップなど、市民対話の機会を増やしていってほしいと思っています。

041番

007番さんへ、大型量販店の市内進出がこれ以上進んでくると、更に商店街は苦境に立たされてくることが考えられます。地元商店街の活気を高めるためにも、地域のまちづくり活動と併せて活性化を考えていかなければならないと思います。瓢箪山地域まちづくり協議会の取り組みもその一例です。 

046番

市民自治を重視したまちづくり促進・活性化へ向けて、まちづくり基本条例・自治基本条例の制定へと向けた動きと併せて、市民まちづくり活動の全市的中核となるまちづくり協議会の設置へ向けた動きはあるのでしょうか?

047番

昨年に策定された東大阪市・第二次総合計画・後期基本計画に従っての戦略的・機動的・効果的なまちづくりの実施へ向けて、まだ本市では整備されていない自治体の憲法として注目されている「自治基本条例」(まちづくり条例・まちづくり基本条例)の制定へ向けた動きはないのでしょうか?

048番

行財政改革の一環として、行政施策の非効率、無駄な事業の見直しを図るために各自治体においても取り組みが進んでいる、いわゆる「事業仕分け」、公開の場にて中立的な市民視点・専門有識者的視点を取り入れながら行政事業の見直しを図っていくための取り組みを東大阪市でも行う予定はないのでしょうか?

049番

長年にわたる東大阪市議会の停滞・混乱状態によって、市政運営への悪影響・弊害が少なからずも見受けられるように思います。自治基本条例と併せて、議会が本来あるべき役割や機能を果たすための改革を行う上で、議会運営の基本原則を定める「議会基本条例」の制定へ向けた動きはないのでしょうか?

・・

さて、私が平成23年10月2日(日)に予定されている東大阪市・市議会議員選挙に立候補を表明・予定していると、私に対しての誤解(私が市長選・市議選に出るなど)も幾ばくかまだあるようでして、その解消のために、これまでも下記のように、私の政治に対してのスタンスについての見解を述べさせて頂いております。

今の私の政治に対してのスタンスについて・1
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/728ce9880459f44c08bcc838f1d5ca27

今の私の政治に対してのスタンスについて・2
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/7451986ba59b0d95e19b2d1a93bc3550

今の私の政治に対してのスタンスについて・3
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3412e6260df5dd79193c0def81f7d611

今の私の政治に対してのスタンスについて・4
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/750ab7cc2c309159552a2ee80aee1705

・・

「ダライ・ラマ 至高なる道」を読み進め中。「チベット仏教・菩薩行を生きる―精読・シャーンティデーヴァ『入菩薩行論』」大法輪閣と併せてまた学びを進めていけましたらと考えております。
ダライ・ラマ14世テンジン・ギャツォ (著) 谷口 富士夫 (翻訳) 春秋社

ダライ・ラマ法王猊下によりますシャーンティデーヴァ論師「入菩提行論」解説。深遠なる空と縁起の理法をお説きになられます法王猊下に最敬礼申し上げます。

ダライ・ラマ14世法王猊下・2011大阪特別講演 http://koyasan-daigaku.rgr.jp/ (高野山大学・創立125周年記念事業)。既に仮予約、入金も済ませております。ご尊顔を拝する日が楽しみでございます。

ダライ・ラマ14世法王猊下 11月郡山で講演 http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=2011090613

・・

秋彼岸・墓前施餓鬼回向のご案内
9月20日(火)〜26日(月)まで
午前8時〜午後4時
御墓前にて回向
お布施 2千円
当日受付・事前申込み不要

『空と縁起と』〜仏教の存在論〜 川口英俊
(平成23年度・秋季彼岸施餓鬼・配布資料)
http://t.co/wHL7TR0
※この本文の内容は、岩瀧山往生院六萬寺のご本堂における平成23年度・お盆施餓鬼法要(8/12-16)の際の法話の内容をまとめて、改めて加筆したものであります。

往生院メールマガジン発行・NO.85
http://archive.mag2.com/0000098047/index.html

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

・・

川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

天罰論に関しましての私見関連考察の追記
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034966.html

自らを灯明と化されたツェワン・ノルブ師による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034027.html

【仏教存在論】1-45
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52031260.html

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

7/18 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52026611.html

7/6 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52024256.html

故丸山照雄師「公害企業主呪殺祈祷僧団」の活動から考える
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52018516.html

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529

日本仏教改革の視座
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52015538.html

【アンチ葬式仏教の危うさ http://bit.ly/muwOcn 】ツイッター・コメント投稿・1-26
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52014077.html

【紹介】真詮ブログ・「本願寺のヒットラー(1)宗政とは何か・(2)「最初の宗議会」の自殺」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012810.html

東大阪市における市民活動・まちづくり活性化へ向けたネットワーク構築に関しての意見交換会の雑感
http://hide-1.jugem.jp/?eid=440

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・23-27
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012801.html

「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007856.html

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51997575.html


2011年08月28日(Sun)▲ページの先頭へ
天罰論に関しましての私見関連考察の追記
天罰論に関しましての私見関連考察の追記

末木文美士先生( @bunmao )の「天罰論再考」 http://t.co/jts6X3C におけるコメント欄に、天罰論に関しての拙私見考察の続きを僭越ながらも載せさせて頂きました。

1)「天罰」も「天佑」も、最終的には、私たちの意識作用・概念作用・思惟分別作用によって仮名・仮説・仮設されて一応はあり得ると言えるのかもしれませんが、もちろん、どちらも実体としてはあり得ないものと考えております。

2)自然の営みを「原因・条件と結果の依存関係」・「部分と全体の依存関係」という「縁起」においては、幾分か世俗諦的に社会共通の世間一般に認められている概念の範疇で、「天罰」・「天佑」として言えることがあるとは思います。

3)自然の奥底に神仏が関わっていると仮定して、それら神仏に対して敬虔な信仰にて安寧を祈願・祈祷し、供養しているからといっても、(分別によって一応、仮名・仮説・仮設してあると言える)災害・厄災が回避できるかどうかは、正直疑問です。

4)それよりも、自然と私たちとの縁起関係を理解することで、自然の恵み・大切さ・有り難さへの感謝を育み、私たちは生かされて存在することができているということをしっかりと再認識することが求められるものであると考えております。

5)そして、その再認識により、親切や思いやり・いたわりの心、慈悲や利他の心を滋養することとなれば、佐藤哲朗先生のおっしゃられるように「菩提心」の想起にも繋がり、多くの利益(りやく)をもたらすこととなるのではないかと存じております。

6)3と関連して、例えば「災害・厄災という苦」を、実体として私があると我執にとらわれている者における「死苦」に置き換えて考えてみてもわかりやすいのかもしれません。そのような「苦」を回避することは当然にできないものであります。

7)ただ、自然の奥底に神仏の存在を想念することによって、出離、菩提心、慈悲・智慧を滋養する契機になることまでは、私も否定は致しません。それらを滋養するための神仏(無実体・無自性・無自相ですが)の存在の想念は大切であるとは思います。

8)ダライ・ラマ法王猊下も深遠なる空と縁起の了解によるご見解を前提となされて、出離、菩提心、慈悲・智慧を滋養させることの契機となるための(想念による)神仏の存在まではご否定なされないのではないかと僭越ながらも存じております。

・・以下、これまでの考察

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

・・以下、関連考察

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

『空と縁起と』〜仏教の存在論〜  平成23年度・秋季彼岸施餓鬼・配布用資料
http://t.co/wHL7TR0

・・

往生院メールマガジン発行・NO.85
http://archive.mag2.com/0000098047/index.html

・・

川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

「非有非無の中道」・・正直、これまであまり深く考えずに、「空」が「非有」、「縁起」が「非無」だとばかりに理解してしまっていたが、どうやら中観帰謬論証派の見解では、「縁起」が「非有」で、「空」が「非無」で理解する方が正解のようだ。勝義無・・「非有」、世俗有・・「非無」。

・・

チベット密教(ゲルク派)の最奥義については浅学菲才の未熟なる私には到底知り得ないところですので、あくまでも私の勝手なる拙い見解にしか過ぎませんので、ご容赦のほどを・・。もし、ご精進の中で何か知見を得られましたらご教授賜れますよう、どうか宜しくお願い申し上げます。 @landcm

究極に高度な瞑想状態を維持しながらにおける臨終後において、既にその生まれ変わり認定の者への意識に何らかの作用を及ぼすことができるのかもしれません。 @landcm 生きているうちに、既にいる人を「生まれ変わり」だと言える..ダライ・ラマ法王猊下の輪廻転生

チベット密教(ゲルク派)の最奥義については浅学菲才の私には到底知り得ないところですが、究極に高度な瞑想状態を維持しながらにおける臨終後においては可能なのかも知れません。 @landcm 生きているうちに、既にいる人を「生まれ変わり」だと言える..ダライ・ラマ法王猊下の輪廻転生

ダライ・ラマ14世法王猊下・2011大阪特別講演 http://t.co/PkaKoUN (高野山大学・創立125周年記念事業)。既に仮予約、入金も済ませております。ご尊顔を拝する日が楽しみでございます。深遠なる空・縁起の理法をお説きになられます法王猊下に最敬礼申し上げます。

深遠なる空と縁起の理法をお説きになられますダライ・ラマ法王猊下に最敬礼申し上げます。 「存命中の後継者指名は可能である」と明言 http://t.co/HZVpomJ

・・

自らを灯明と化されたツェワン・ノルブ師による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034027.html

・・

【仏教存在論】1-45
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52031260.html

7/18 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52026611.html

7/6 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52024256.html

故丸山照雄師「公害企業主呪殺祈祷僧団」の活動から考える
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52018516.html

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529

日本仏教改革の視座
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52015538.html

【アンチ葬式仏教の危うさ http://bit.ly/muwOcn 】ツイッター・コメント投稿・1-26
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52014077.html

【紹介】真詮ブログ・「本願寺のヒットラー(1)宗政とは何か・(2)「最初の宗議会」の自殺」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012810.html

東大阪市における市民活動・まちづくり活性化へ向けたネットワーク構築に関しての意見交換会の雑感
http://hide-1.jugem.jp/?eid=440

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・23-24
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012801.html

25 RT @naagita ようこそ誓教寺のホームページへ http://t.co/RdgBc5g via @fujimotoariya 山口県下松市の浄土真宗寺院(単立)。「日本でテーラワーダ仏教」など刺激的なコンテンツが……。

26 @ RT @amanowako 【単立宗教法人の作り方】(1)宗教施設を作る。(自宅兼も可)(2)信者さんを100人程度集め、3年以上宗教活動をする。(3)役員を決め法人設立会議を開き、..(続く)

27 A RT @amanowako ..(@から続く・・)設立公告して、必要書類を揃え所轄庁に申請(4)法人化されたら(1)の施設のある土地建物を法人に寄付する。 以上です。

「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007856.html

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51997575.html


2011年08月23日(Tue)▲ページの先頭へ
自らを灯明と化されたツェワン・ノルブ師による焼身供養について
川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

自らを灯明と化されたツェワン・ノルブ師

1)究極の深遠なる慈悲行としての「焼身供養」には当然に賛否も含めて色々と考えさせられるところがあります。とにかく、一切衆生喜見菩薩様の化身による焼身供養に最敬礼申し上げます。川口英俊 合掌九拝 @okamesaiko 「自らを灯明と化す」http://shirayuki.blog51.fc2.com/blog-entry-566.html

2)そして、どうか再び人間として転生なされて、菩薩様の化身として、輪廻の大海に深く沈んでいる私たち一切衆生を到涅槃へとお導き賜りますように心から祈念申し上げます。川口英俊 合掌九拝  @okamesaiko 「自らを灯明と化す」http://shirayuki.blog51.fc2.com/blog-entry-566.html

3)中原一博氏( @tonbani )のブログによると、この度、焼身供養をなされたツェワン・ノルブ師は、13年間僧院で勉強なされ、ウマ(中観学)まで進んでおられたとのこと。空性の根拠ある究極の深遠なる慈悲行であることが伺えます。合掌九拝 http://t.co/e37sGk6

4)中原一博氏( @tonbani )のブログには、焼身供養をなされたツェワン・ノルブ師初七日忌法要厳修の記事も。一切衆生喜見菩薩様の化身様の再度、菩薩化身様としての転生による到涅槃へとお導きのあることを深く祈念申し上げます。 合掌九拝 http://t.co/ATpIxmu

5)自らを灯明と化されたツェワン・ノルブ師・・観音菩薩様の化身、ダライ・ラマ法王猊下様のお弟子であり、一切衆生喜見菩薩様の化身様は深遠なる空性の現量了解による智慧・慈悲の働きとしての「焼身供養」をお勤めなされて、日月浄明徳如来様の国土へと参られましたことでありますでしょう。

6)自らを灯明と化されたツェワン・ノルブ師・・日月浄明徳如来様の国土にて更にご功徳をお積みになられた後には、薬王菩薩様の化身様として再び人間にご転生なされ、深く輪廻の迷い苦しみにある私たち一切衆生に到涅槃へのお導きを賜れますことを深く祈念申し上げます。 川口英俊 合掌九拝

・・

『空と縁起と』〜仏教の存在論〜 川口英俊
(平成23年度・秋季彼岸施餓鬼・配布資料)
http://t.co/wHL7TR0
※この本文の内容は、岩瀧山往生院六萬寺のご本堂における平成23年度・お盆施餓鬼法要(8/12-16)の際の法話の内容をまとめて、改めて加筆したものであります。

・・

『東日本大震災に思う』 川口英俊 平成23年度・お盆施餓鬼法要配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

・・

往生院メールマガジン・NO.85
http://archive.mag2.com/0000098047/index.html

・・

さて、私が平成23年10月2日(日)に予定されている東大阪市・市議会議員選挙に立候補を表明・予定していると、私に対しての誤解(私が市長選・市議選に出るなど)も幾ばくかまだあるようでして、その解消のために、これまでも下記のように、私の政治に対してのスタンスについての見解を述べさせて頂いております。

今の私の政治に対してのスタンスについて・1
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/728ce9880459f44c08bcc838f1d5ca27

今の私の政治に対してのスタンスについて・2
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/7451986ba59b0d95e19b2d1a93bc3550

今の私の政治に対してのスタンスについて・3
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3412e6260df5dd79193c0def81f7d611

今の私の政治に対してのスタンスについて・4
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/750ab7cc2c309159552a2ee80aee1705

・・

【仏教存在論】1-45
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52031260.html

7/18 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52026611.html

7/6 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52024256.html

「今の私の政治に対してのスタンスについて・4」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/750ab7cc2c309159552a2ee80aee1705

今の私の政治に対してのスタンスについて・3
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3412e6260df5dd79193c0def81f7d611

故丸山照雄師「公害企業主呪殺祈祷僧団」の活動から考える
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52018516.html

今の私の政治に対してのスタンスについて・2
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/7451986ba59b0d95e19b2d1a93bc3550

今の私の政治に対してのスタンスについて
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/728ce9880459f44c08bcc838f1d5ca27

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529

日本仏教改革の視座
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52015538.html

【アンチ葬式仏教の危うさ http://bit.ly/muwOcn 】ツイッター・コメント投稿・1-26
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52014077.html

【紹介】真詮ブログ・「本願寺のヒットラー(1)宗政とは何か・(2)「最初の宗議会」の自殺」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012810.html

東大阪市における市民活動・まちづくり活性化へ向けたネットワーク構築に関しての意見交換会の雑感
http://hide-1.jugem.jp/?eid=440

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・23-24
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012801.html

25 RT @naagita ようこそ誓教寺のホームページへ http://t.co/RdgBc5g via @fujimotoariya 山口県下松市の浄土真宗寺院(単立)。「日本でテーラワーダ仏教」など刺激的なコンテンツが……。

26 @ RT @amanowako 【単立宗教法人の作り方】(1)宗教施設を作る。(自宅兼も可)(2)信者さんを100人程度集め、3年以上宗教活動をする。(3)役員を決め法人設立会議を開き、..(続く)

27 A RT @amanowako ..(@から続く・・)設立公告して、必要書類を揃え所轄庁に申請(4)法人化されたら(1)の施設のある土地建物を法人に寄付する。 以上です。

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

・・

3/11東日本大地震発生時より下記のハッシュタグ等で宗教・仏教・寺院・僧侶による支援情報を収集して参りましたが、今後、継続するか、休止するかは、また判断致さねばならないと存じております。ひとまずこれまでのご協力、誠に感謝申し上げます。ありがとうございました。

仏教・寺院・僧侶による総合支援情報タグ→ #buddhajihi
各宗派による支援情報タグ→ #shuha_save
寺院による支援情報タグ→ #jiin_save
僧侶による支援情報タグ→ #sou_save
仏教思想による支援情報タグ→ #buddha_save

全ての過去ログは、Twilogにおいて閲覧して頂くことができます。

http://twilog.org/hide1125/hashtags-buddhajihi

http://twilog.org/hide1125

・・

所望していた虎目石の数珠が届く[Chagamo Craftより]
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007816.html

・・

東日本大震災 ツイッターにて情報収集・情報発信が中心
http://twitter.com/hide1125

ツイッター・ログ
http://twilog.org/hide1125

「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007856.html

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51997575.html


2011年08月20日(Sat)▲ページの先頭へ
『空と縁起と』〜仏教の存在論〜 川口英俊
『空と縁起と』〜仏教の存在論〜 川口英俊
(平成23年度・秋季彼岸施餓鬼・配布資料)

 この度は、実際にこの「花瓶」を用いまして、仏教の存在論、仏教のモノの見方についてご説明致しましょう。この「花瓶」は突然に私の手元に現れたわけではありません。何も原因や条件を経ずにこの花瓶がここに存在するわけではなく、この花瓶が花瓶として存在するためには、様々な要素も集まり、また性質や属性、作用を備えなければならず、それらを無視してこの花瓶は成り立たないものであります。

 この花瓶の陶器は、当然に材料となる粘土があり、その粘土を捏ねて、轆轤(ろくろ)を回して形を整え、釉薬を用いて装飾し、窯で焼くなどの作業を経てできあがってきます。また、花瓶が花瓶として成り立つためには、胴は空洞の膨らみがあって、水を溜めることのできる性質・作用を持ち、花を生けるために先が細くなっての口ももちろん必要となります。

 そして、花瓶として実際に使われるためには、様々な流通過程に乗って、店頭に並び、そして、売る者と買う者の間での取引がある中で、この花瓶は私の手元にやってきたのであります。但し、私はリサイクルショップで210円にて購入してきたのですが(笑)。とにかく、この花瓶は色々な原因や条件、要素や性質、属性、作用などの集まりによってこのように存在することができています。このことを仏教では様々な依存関係、つまり「縁起」において存在は成り立っていると説明致します。依存関係には、三つの階層があり、第一に、「原因・条件と結果の依存関係」、第二に「部分と全体の依存関係」、第三に、私たちの「意識作用・概念作用・思惟分別作用によって仮名(けみょう)・仮説(けせつ)・仮設(けせつ)されるという依存関係」があります。第三の見解は中観帰謬(ちゅうがんきびゅう)論証派の見解で、少し難しいため、ここではあまり深くは踏み込まないでおきます。

 さて、少し話を戻しまして、この花瓶はこのまま花瓶として、固定して、独立して、単独で、一億年後も百億年後も永久永遠にあり得るモノと言えるでしょうか? そうではありませんね。また、様々な原因や条件によっては、もはや花瓶としては存在し得なくなってもゆきます。例えば、衝撃を与えてしまうという原因によって、結果として、粉々になってしまったものはもう花瓶とは言えません。また、物質は、長い時間の経過とともに劣化、風化(物理的風化・科学的風化)して分解されていく中において、いつまでも花瓶が花瓶として成り立つものでもないことも明らかであります。このように、様々な原因や条件により、事物が色々と変化していくことを「無常」と仏教では言います。「縁起」なるものは、「無常」でもあります。

 もしも、仮にこの花瓶が永久永遠にあり得る何らかの実体を持っているとすれば、この宇宙の始まる前からこの花瓶はこのままで私の手元にやってきて、そして、この宇宙が終わってもこの花瓶はこのまま存在し続けていなければいけませんが、そんなことがあり得ないのはもちろん言うまでもありません。それに、「花瓶」という存在は、人の手によって作られるもので、それも、花を生けるという慣習のある人間が作り出した造作物であり、もしも、高度な思考能力・知能を持っている人間のような生命が存在しなければ、当然に宇宙に存在するものでは無かったはずであります。

 また、先で例えば、もしも人間が絶滅すれば、人間の造作物であるモノは当然にも作られるものでなくなってしまうでしょう。人間が作り出して存在しているモノは、特に、人間の思考能力・知能に依存して成り立っているだけに過ぎないものとも言えます。もちろん、人間の作り出している存在だけではなく、全ての存在は、私たちの「意識作用・概念作用・思惟分別作用によって仮名(けみょう)・仮説(けせつ)・仮設(けせつ)によっての依存関係」で成り立っていると最終的に説明されるのですが、この見解の理解は難しいところもありますので、ひとまずここでは深くは踏み込まないままと致します。

 話を戻しまして、「花瓶」は様々な条件や原因、要素や性質、属性、作用などが集まって成り立っており、それらを一つ一つ分析しても「花瓶」としての実体は見当たりません。このことを仏教では「空」として説明致します。「花瓶」の実体だとして言えるものが実は何もないことを「空」というわけであります。もし、実体が有るとすれば、永久永遠に「花瓶」は「花瓶」として成り立ち、また、条件や原因を抜きにしても成り立たなければならず、更には、各部分(要素や性質、属性、作用)と全体、それぞれにおいて「花瓶」と言える実体も見いださなくてはいけませんが、全体のみならず、例えば「粘土」だけで、または、「水を溜めるという作用」だけで、それぞれ花瓶と言えるような実体が無いのは当たり前でもあり、また、各部分に依拠して全体があり、全体は各部分に依拠してあるという依存関係性でも成り立っているものの、そのどちらにも実体は何も当然見いだせないのであります。もちろん、「空」だとしても、何もない、存在しないという「無」・「虚無」・「絶無」ではありません。確かに皆さんの目の前に「花瓶」は存在しています。しかし、それは、実体として存在しているというわけではなくて、あくまでも「縁起」として存在しているということであります。

 このように、この世界においては、確かに一切には何にも実体は無く、「空」であり「有に非(あら)ず」でありますが、一方においては、一切は「縁起」によって成り立っている世界でもあり、「無に非ず」であります。この「非有・非無」の『中道』を理解することが仏教の存在論においては非常に重要となります。

 仏教の存在論、仏教のモノの見方は、このように「空」と「縁起」により調えられることとなります。では、仏教は、私たちの存在の捉え方の何を問題とするのでしょうか? それは、私たちの存在に対する「とらわれ」を問題とします。

 例えば、この花瓶に対して、私たちは様々に認識・価値判断をします。生け花を親しむ者にとっては興味ある存在、この花瓶を気に入った者は、ほしいという存在となり、気に入らない者にとっては、いらない存在、または、どうでもいい存在、骨董としての価値があると思う者は、財産としての存在、亡くなったおじいちゃんの形見であれば、大切な思い出としての存在・・と同じ存在を認識していたとしても、それぞれ多様に人は恣意的に認識・価値判断もしてゆきます。もちろん、花瓶という概念を学習していない赤ちゃんであれば、目の前にある単なるモノでしかなく、もちろん、蟻から見れば、目の前をふさぐ邪魔なモノ、象であれば石ころと変わらない程度のモノでしかないでしょう。

 もちろん、私たちは、ある一定の世間一般社会の共通認識、共通概念、共通名称によってモノを判断するための定義付けを行いますが、時代や国、社会、文化、慣習、教育等によっても微妙に変わるものであり、個々人でももちろん微妙に異なってしまうものとなります。ここでも実体として存在が成り立っていないことが少し理解できるところであります。

 つまり、それは、もしも何らか実体として確定しうるものがあるならば、皆、誰も一様に同じように認識・価値判断して当然なのですが、そうでないことからも、存在のあやふや性が理解できるものであり、実体として存在しているものではないということが言えるのではないかと思います。また、私たちの恣意的な認識・価値判断次第においても存在のありようを理解しているということは、つまり、存在は、人間の「意識作用・概念作用・思惟分別作用によって仮名(けみょう)・仮説(けせつ)・仮設(けせつ)によっての依存関係」で成り立っているという「縁起」の理解にも少し繋がってくることにもなると言えるでしょう。

 さて、「とらわれ」の問題です。この花瓶は、本当はリサイクルショップで買ってきた210円の花瓶なのですが(笑)、例えば、皆さんがこの花瓶に一千万円の骨董価値があるとして購入したとしましょう。そうすると、この花瓶は一千万円の価値がある花瓶であるとしてのとらわれ、執着が生じてきます。そのような中で、もしも「これは偽物で100円の価値しかない」と言われたらどうでしょうか。とても、受け入れられず怒り狂ってしまうでしょう。ましてやそんなこと信じられるはずもなく、相手を殴ってしまうかもしれません。もしも本当だとしたら酷い悲しみ、嘆き、後悔など苦しみが生じてしまうでしょう。また、その花瓶を愛でていて、過ってすべり落として割ってしまったりしたら、どうでしょうか? 同じようにとんでもなく苦しんでしまうことでしょう。

 では、一方で、この花瓶という存在を「空と縁起」の観点からしっかりと理解している者は、どうでしょうか? この花瓶は永久永遠なるものではなく、いつまでもこのままで固定して、独立して、単独であり続けるようなものでなく、原因や条件によっては、やがて割れたりして壊れてしまうものだと理解している者が、例え過って花瓶を落として割ってしまったとしても、「ああ、割れてしまったな」で終わり、そこに前者のような悲しみ、嘆き、後悔など生じることはなく、ただその有りようを受け入れて、淡々と掃除して、次を用意したりして対応するだけで、何らとして苦しみは生じないのであります。ここの違いが重要なのであります。一方ではかなり苦しみ、一方ではほとんど苦しまない、その差は、その存在への「とらわれ」から生じるのであります。

 本来、実体の無い「空」なるモノの実体を捉えようとしても捉えることはできないのですが、実は、私たちには、存在に対して誤って実体があるかのごとくに認識して捉えてしまうという性向が生まれながらに具わってしまっており、そのように実体があるかのごとくに存在を捉えて執着してしまうことで、実は迷い苦しみが生じてしまうことになるのであります。私たち仏教の目指すところは、もちろん、とらわれのない、迷い苦しみの生じないような存在の見方を調えることであります。

 さて、このように簡単ながらも、この花瓶を用いて、ここまでお話をして参りましたが、「空」と「縁起」の理解はなかなか容易ではありません。花瓶のことなら理解できたとしても、おおよそ私たちは自分・己のこととなるとなかなかそうはいかない程に、強烈なとらわれが生じてしまっています。特に我が身における老いや病気、死への迷い苦しみは、相当なものがあるでしょう。もちろん、生老病死の四苦と、愛別離苦・怨憎会苦・求不得苦・五蘊盛苦の四苦と併せて八苦するのも、その元となる根本原因は、「空」と「縁起」によっての「存在」の真なるありようを認識、理解できていないという無明(根本的な無知)によるものであります。様々な悪い行い(代表的な十悪、殺生・偸盗・邪淫・妄語・綺語・粗悪語・離間語・妄貪・瞋恚・邪見)の根本原因も「無明」から生じるものであって、そして、「無明」による煩悩によって、私たちは悪い行い(業・カルマ)を重ねてしまい、輪廻(迷い苦しみ続ける世界を廻り続ける)することとなってしまっているのであります。

 何とか「空」と「縁起」を観じて存在を理解する中において、その無明(根本的な無知)を排撃し、悪行を成さず、善行(不殺生・不偸盗・不邪淫・不妄語・不綺語・不粗悪語・不離間語・不妄貪・不瞋恚・不邪見)を成すことによって、輪廻からの解脱を目指すことが仏教の目的なのであります。

 常日頃から「空」と「縁起」をしっかりと観じる中において、善行の実践を継続して進めていくことによって、輪廻の根本原因である無明を打ち破って、迷い苦しみを超えていけるように調えることができていければ、悟り、涅槃へと達する道を歩むことも可能となっていくことでありますでしょう。

「深遠なる空・縁起の理法を真に了解(りょうげ)せし者は、悟り・涅槃への道を歩む」。

平成23年8月21日 川口英俊 合掌九拝

※この本文の内容は、岩瀧山往生院六萬寺のご本堂における平成23年度・お盆施餓鬼法要(8/12-16)の際の法話の内容をまとめて、改めて加筆したものであります。

・・

『東日本大震災に思う』 川口英俊 平成23年度・お盆施餓鬼法要配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

・・

川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

【仏教存在論】1-45
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52031260.html

7/18 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52026611.html

7/6 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52024256.html

「今の私の政治に対してのスタンスについて・4」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/750ab7cc2c309159552a2ee80aee1705

今の私の政治に対してのスタンスについて・3
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3412e6260df5dd79193c0def81f7d611

故丸山照雄師「公害企業主呪殺祈祷僧団」の活動から考える
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52018516.html

今の私の政治に対してのスタンスについて・2
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/7451986ba59b0d95e19b2d1a93bc3550

今の私の政治に対してのスタンスについて
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/728ce9880459f44c08bcc838f1d5ca27

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529

日本仏教改革の視座
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52015538.html

【アンチ葬式仏教の危うさ http://bit.ly/muwOcn 】ツイッター・コメント投稿・1-26
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52014077.html

【紹介】真詮ブログ・「本願寺のヒットラー(1)宗政とは何か・(2)「最初の宗議会」の自殺」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012810.html

東大阪市における市民活動・まちづくり活性化へ向けたネットワーク構築に関しての意見交換会の雑感
http://hide-1.jugem.jp/?eid=440

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・23-24
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012801.html

25 RT @naagita ようこそ誓教寺のホームページへ http://t.co/RdgBc5g via @fujimotoariya 山口県下松市の浄土真宗寺院(単立)。「日本でテーラワーダ仏教」など刺激的なコンテンツが……。

26 @ RT @amanowako 【単立宗教法人の作り方】(1)宗教施設を作る。(自宅兼も可)(2)信者さんを100人程度集め、3年以上宗教活動をする。(3)役員を決め法人設立会議を開き、..(続く)

27 A RT @amanowako ..(@から続く・・)設立公告して、必要書類を揃え所轄庁に申請(4)法人化されたら(1)の施設のある土地建物を法人に寄付する。 以上です。

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

・・

3/11東日本大地震発生時より下記のハッシュタグ等で宗教・仏教・寺院・僧侶による支援情報を収集して参りましたが、今後、継続するか、休止するかは、また判断致さねばならないと存じております。ひとまずこれまでのご協力、誠に感謝申し上げます。ありがとうございました。

仏教・寺院・僧侶による総合支援情報タグ→ #buddhajihi
各宗派による支援情報タグ→ #shuha_save
寺院による支援情報タグ→ #jiin_save
僧侶による支援情報タグ→ #sou_save
仏教思想による支援情報タグ→ #buddha_save

全ての過去ログは、Twilogにおいて閲覧して頂くことができます。

http://twilog.org/hide1125/hashtags-buddhajihi

http://twilog.org/hide1125

・・

東日本大震災 ツイッターにて情報収集・情報発信が中心
http://twitter.com/hide1125

ツイッター・ログ
http://twilog.org/hide1125

「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007856.html

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51997575.html


2011年08月09日(Tue)▲ページの先頭へ
『東日本大震災に思う』 川口英俊 平成23年度・お盆施餓鬼法要配布資料
『東日本大震災に思う』 川口英俊 平成23年度・お盆施餓鬼法要配布資料

平成23年3月11日に発生致しました東日本大震災の地震、津波にて被災されました皆様方には心からお見舞い申し上げます。また、お亡くなりになられました皆様方のご冥福を心からお祈り申し上げます。謹んで鎮魂御供養を申し上げます。

拙僧、4月19日に宮城県に参りまして、被災地にて行脚の追悼慰霊御供養、ご遺体安置所にての追悼慰霊御供養をお勤めさせて頂きました。

詳しいご報告につきましては、ホームページ( http://www.hide.vc/ )内にございますので、そちらをご覧頂けましたらと存じております。

また、この度の震災においては、仏教界のみならず宗教界全体が一丸となって、ご供養、お祈りを始めとして、様々な支援を積極的に展開し、復興に貢献しています。3月11日から、仏教・宗派・寺院・僧侶による支援情報のほんの一部となりますが、ツイッターのハッシュタグを用いて独自に収集させて頂いて参りました。その総数は8月8日の時点で2670にも及んでおります。( http://twilog.org/hide1125/hashtags-buddhajihi )

さて、被災地を巡らせて頂きます中で、改めまして、仏教思想における「諸行無常・諸法無我・諸法空性(・一切皆空)・一切行苦」の現実を真摯に直視させて頂きました。残酷で、つらく、惨く、悲しく、苦しい・・この度の震災の厳しい現実がそこには多くございました・・

あらゆる存在には実体がなく、無自性で、空であり、自立して、独立して、固定して、単独に、固有にて成り立っているような存在はない・・凄惨な現地の光景を目の当たりにして、無常・無我・空の風がこの世に強く吹き渡っていることを改めて実感致しました・・

もちろん、「諸法無我・諸法空性(・一切皆空)」なるこの世界においては、確かに何にも実体は無く、「有に非(あら)ず」ではありますが、一方においては、「縁起」によって成り立っている世界でもあり、「無に非ず」であります。この「非有・非無」の『中道』を理解することは、「空」を理解する上で非常に重要となります。ここで、最も注意すべきは、「空」は決して、「無」・「虚無」・「絶無」を表すものではないということであります。

では、この世界における存在は、どのようなあり方と言えるのでしょうか。それは、様々な依存関係、つまり「縁起」において存在は成り立っていると仏教では説明します。依存関係には、三つの階層があり、第一に、「原因・条件と結果の依存関係」、第二に「部分と全体の依存関係」、第三に、私たちの「意識作用・概念作用・思惟分別作用によって仮名(けみょう)・仮説(けせつ)・仮設(けせつ)されるという依存関係」の三つがあります。第三の依存関係は、仏教哲学思想の中でも最も優れているとされる中観帰謬(ちゅうがんきびゅう)論証派の立場によるもので、理解するのは非常に難解であります。

それぞれの依存関係について、ここでは字数が限られているため今回は詳しく説明は致しませんが、あくまで極簡単なイメージと致しまして、私という例を挙げてみるならば、私という存在は、様々なものによって支えられている中にあってこそ、私は生かされて存在することができているということであります。

私は、ただ私だけで生きていけるような存在ではありません。他の様々なものに依存して成り立っています。それは、空気、食べ物、飲み物など必要不可欠なものなどから、大宇宙・自然の営み・恵み、人・社会の営み・恵みなど、その依存関係性の広がりを、例えば、宇宙の始まりとされるビックバンの頃から今日までの過程も含めて考えてゆくと、際限なく、どこまでも、どこまでもキリなく広がって参ります。但し、依存関係性を何でもかんでも無限に広げ過ぎていってしまうと、却って「縁起」というものが、曖昧にぼやけてしまうため、ある程度の世間一般で認められている因果関係性の理解の中で留めておいて、存在は、無実体・無自性・無自相なる「空」であり、様々な依存関係性、つまり「縁起」で成り立っているのだということを観じることが何よりも大切となります。

しかし、私たちは、存在(対象)に対して誤って実体(・自性・自相)があるかのごとくに認識して捉えて執着してしまうことでの煩悩により、悪い行い(業・カルマ)を重ねてしまい、輪廻(迷い苦しみ続ける世界を廻り続ける)することとなります。その原因は、「空」と「縁起」によっての「存在」の真なるありようを理解できないという無明(根本的な無知)によるもので、その無明を排撃し、悪行を成さず、善行を成すことによって、輪廻からの解脱を目指すことが仏教の目的となります。

お釈迦様は、この輪廻の原因をまず基本的な要素としての十二支縁起(無明・行・識・名色・六処・触・受・愛・取・有・生・老死)からご理解なされ、そして、深遠なる空と縁起の理法による真理を悟られて、仏教を開かれたのであります。

とにかく、私たちは、日常世間において、ごく普通に当たり前であると常に疑うことなく考えてしまっている、「存在には実体があるかのごとくに捉えてしまっている認識」が、実は誤った認識であることに気が付かなければなりません。全て一切は実体(・自性・自相)としてのあり方としては成り立っていないという「空」、そして、一切の存在は「縁起」によって成り立っていることの理解が必要となります。

まず、何より私という存在は、様々なものに支えられている中にあってこそ、私は生かされて存在することができているということの理解により、「縁起」の中にて存在できていることに対しての大切さ、有り難さ、感謝を想い、それぞれが、親切の心や、思いやり・いたわりの心、慈悲の心や、利他の心を滋養して、積極的に善行を成すことが求められるのであります。

さて、話を本題に戻させて頂きますが、確かに被災地では、無常・無我・空の風がこの世に吹き渡っていることを強く実感致しましたが、一方で、「縁起」という関係性の世界を強く実感することもできました。

それは、この「縁起」なる関係性の世界の中において、様々な人たちによるこの度の震災におけることでの支援、協力、連携での「助け合い」・「支え合い」・「分かち合い」の和・輪・環の広がりに「希望」を見いだすことができるとも思った次第でございます。

この度の震災においては、それぞれがそれぞれにおいて小さなことからでもできうることで、復興の支援に携わり、「縁起」の中における「助け合い」・「支え合い」・「分かち合い」を少しでも実践して参りましょう。

もちろん、震災だけのことに留まらずに、常日頃から「空」と「縁起」をしっかりと観じる中において、善行の実践を継続して進めていくことによって、輪廻の原因である無明を打ち破って、迷い苦しみを超えていけるように調えることができていければ、悟り、涅槃へと達する道を歩むことも可能となっていくこととなりますでしょう。

「深遠なる空・縁起の理法を真に了解(りょうげ)せし者は、悟り・涅槃への道を歩む」。

合掌九拝

省略 ※十二支縁起、各支 (無明・行・識・名色・六処・触・受・愛・取・有・生・老死)の簡単な説明

・・

川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

【仏教存在論】1-45
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52031260.html

7/18 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52026611.html

7/6 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52024256.html

今の私の政治に対してのスタンスについて
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/728ce9880459f44c08bcc838f1d5ca27

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529

日本仏教改革の視座
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52015538.html

【アンチ葬式仏教の危うさ http://bit.ly/muwOcn 】ツイッター・コメント投稿・1-26
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52014077.html

【紹介】真詮ブログ・「本願寺のヒットラー(1)宗政とは何か・(2)「最初の宗議会」の自殺」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012810.html

東大阪市における市民活動・まちづくり活性化へ向けたネットワーク構築に関しての意見交換会の雑感
http://hide-1.jugem.jp/?eid=440

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・23-24
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012801.html

25 RT @naagita ようこそ誓教寺のホームページへ http://t.co/RdgBc5g via @fujimotoariya 山口県下松市の浄土真宗寺院(単立)。「日本でテーラワーダ仏教」など刺激的なコンテンツが……。

26 @ RT @amanowako 【単立宗教法人の作り方】(1)宗教施設を作る。(自宅兼も可)(2)信者さんを100人程度集め、3年以上宗教活動をする。(3)役員を決め法人設立会議を開き、..(続く)

27 A RT @amanowako ..(@から続く・・)設立公告して、必要書類を揃え所轄庁に申請(4)法人化されたら(1)の施設のある土地建物を法人に寄付する。 以上です。

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

・・

3/11東日本大地震発生時より下記のハッシュタグ等で宗教・仏教・寺院・僧侶による支援情報を収集して参りましたが、今後、継続するか、休止するかは、また判断致さねばならないと存じております。ひとまずこれまでのご協力、誠に感謝申し上げます。ありがとうございました。

仏教・寺院・僧侶による総合支援情報タグ→ #buddhajihi
各宗派による支援情報タグ→ #shuha_save
寺院による支援情報タグ→ #jiin_save
僧侶による支援情報タグ→ #sou_save
仏教思想による支援情報タグ→ #buddha_save

全ての過去ログは、Twilogにおいて閲覧して頂くことができます。

http://twilog.org/hide1125/hashtags-buddhajihi

http://twilog.org/hide1125

・・

所望していた虎目石の数珠が届く[Chagamo Craftより]
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007816.html

・・

東日本大震災 ツイッターにて情報収集・情報発信が中心
http://twitter.com/hide1125

ツイッター・ログ
http://twilog.org/hide1125

「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007856.html

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51997575.html


2011年07月18日(Mon)▲ページの先頭へ
7/18 最近のツイッターコメントまとめ
【仏教の存在論】

1 今年のお盆施餓鬼法要の際の法話資料の内容を思案。仮題「仏教の存在論について」、A4で4ページほどでまとめたいと考えております。そのため、これから【仏教の存在論】でメモ程度にてツイートしていこうと考えております。そのメモをまとめて論考していきたいと思います。

2 仏教の存在論は、「非有・非無」・「空と縁起」・「中観帰謬論証派思想」と、これだけでほぼ論考できると考えております。あとは、「論理学」・「認識論」も概観しつつ展開できるかどうかが課題であります。しかし、A4で4ページほどにまとめるのは難しくなるでしょうね・・

3 仏教存在論に関する中観帰謬論証派の見解に関しては、「ダライ・ラマの仏教哲学講義」(大東出版社)・「第Z章 仏教の哲学的見解」の内容が大いに理解に役立つところであります。ツォンカパ論師の中観思想まで含めていくと、やさしく述べることは難しくなって参りますね・・

4 仏教存在論はとにかく「空」と「縁起」の論考につきると言っても過言ではありませんが、容易に結論づけていくことには慎重でなければなりません。また、中観自立論証派と帰謬論証派における思想差異の理解も同様に慎重に吟味し続けていかなければならないものであります。

5 「無実体・無自性・無自相」なる存在である私たちそれぞれにおける「業・カルマ」、あるいは、「(業果の)潜在力・習気」に関しての説明については、「空」・「縁起」とも理論付けて説明する必要があります。因果論・因果応報論は、仏教の基本中の基本思想だけに重要となります。

6 「チベットの般若心経」(春秋社)を再読中。以前は理解不足で飛ばしていた各章の註の内容を主に考察。意外と本文よりも註の方に重要な内容が記されていることもあります。註が充実している論考においては、註の読解もしっかり心掛けておきたいものであります。

7 結局、「ツォンカパの中観思想」四津谷孝道先生著 大蔵出版の再々再々読に入りました…付箋がもうヨレヨレです。 http://t.co/QGvKzlP

8 存在が一応認められるためには、まず、@「世間極成」として、対象の概念・名称が、社会的通念上の共通認識として一応ある程度認められていることが必要となります。存在の「確からしさ」ということで世俗的に認められるというものであります。

9 存在の「確からしさ」ということで世俗的に認められるというものも、そのものを厳密、緻密に分析していくと、いずれにしても「実体」は見あたらず「勝義無」となりますが、「世間極成」の場合、それは少し待って理解しておく必要があります。

10 『ダライ・ラマの「中論」講義』第18・24・26章 大蔵出版も再々読に入ります。重要論書の一つです。 http://yfrog.com/kk12742902j


・・

川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

 「ダライ・ラマ法王と極東日本の仏教」 野村正次郎氏( @shojironomura ) http://t.co/SzX0MFv 深遠なる空と縁起の理法をお説きになられますダライ・ラマ法王猊下に最敬礼申し上げます。川口英俊合掌九拝

7/6 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52024256.html

「今の私の政治に対してのスタンスについて・4」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/750ab7cc2c309159552a2ee80aee1705

今の私の政治に対してのスタンスについて・3
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3412e6260df5dd79193c0def81f7d611

故丸山照雄師「公害企業主呪殺祈祷僧団」の活動から考える
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52018516.html

今の私の政治に対してのスタンスについて・2
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/7451986ba59b0d95e19b2d1a93bc3550

今の私の政治に対してのスタンスについて
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/728ce9880459f44c08bcc838f1d5ca27

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529

日本仏教改革の視座
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52015538.html

【アンチ葬式仏教の危うさ http://bit.ly/muwOcn 】ツイッター・コメント投稿・1-26
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52014077.html

【紹介】真詮ブログ・「本願寺のヒットラー(1)宗政とは何か・(2)「最初の宗議会」の自殺」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012810.html

東大阪市における市民活動・まちづくり活性化へ向けたネットワーク構築に関しての意見交換会の雑感
http://hide-1.jugem.jp/?eid=440

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・23-24
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012801.html

25 RT @naagita ようこそ誓教寺のホームページへ http://t.co/RdgBc5g via @fujimotoariya 山口県下松市の浄土真宗寺院(単立)。「日本でテーラワーダ仏教」など刺激的なコンテンツが……。

26 @ RT @amanowako 【単立宗教法人の作り方】(1)宗教施設を作る。(自宅兼も可)(2)信者さんを100人程度集め、3年以上宗教活動をする。(3)役員を決め法人設立会議を開き、..(続く)

27 A RT @amanowako ..(@から続く・・)設立公告して、必要書類を揃え所轄庁に申請(4)法人化されたら(1)の施設のある土地建物を法人に寄付する。 以上です。

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

・・

3/11東日本大地震発生時より下記のハッシュタグ等で宗教・仏教・寺院・僧侶による支援情報を収集して参りましたが、今後、継続するか、休止するかは、また判断致さねばならないと存じております。ひとまずこれまでのご協力、誠に感謝申し上げます。ありがとうございました。

仏教・寺院・僧侶による総合支援情報タグ→ #buddhajihi
各宗派による支援情報タグ→ #shuha_save
寺院による支援情報タグ→ #jiin_save
僧侶による支援情報タグ→ #sou_save
仏教思想による支援情報タグ→ #buddha_save

全ての過去ログは、Twilogにおいて閲覧して頂くことができます。

http://twilog.org/hide1125/hashtags-buddhajihi

http://twilog.org/hide1125

・・

所望していた虎目石の数珠が届く[Chagamo Craftより]
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007816.html

・・

東日本大震災 ツイッターにて情報収集・情報発信が中心
http://twitter.com/hide1125

ツイッター・ログ
http://twilog.org/hide1125

「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007856.html

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51997575.html


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    全300件





カレンダ
2017年10月
23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ
2008年 (187)
5月 (17)
6月 (30)
7月 (32)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (20)
11月 (3)
12月 (24)
2009年 (175)
1月 (26)
2月 (20)
3月 (20)
4月 (8)
5月 (18)
6月 (4)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (27)
10月 (23)
11月 (2)
12月 (1)
2010年 (62)
1月 (8)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (1)
5月 (4)
6月 (7)
7月 (6)
8月 (1)
9月 (13)
10月 (8)
11月 (6)
12月 (2)
2011年 (49)
1月 (7)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (5)
6月 (6)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (3)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (39)
1月 (4)
2月 (8)
3月 (1)
4月 (2)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (4)
10月 (2)
11月 (7)
12月 (5)
2013年 (25)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (5)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (1)
2014年 (44)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (11)
7月 (4)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (1)
11月 (3)
12月 (2)
2015年 (59)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (8)
5月 (6)
6月 (3)
7月 (7)
8月 (11)
9月 (4)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (4)
2016年 (34)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (4)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (5)
10月 (1)
11月 (4)
12月 (1)
2017年 (21)
1月 (4)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (2)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (3)
10月 (4)

アクセスカウンタ
今日:1,423
昨日:1,751
累計:880,392