川口英俊のブログ - 2015/12/12

川口英俊のブログ




2015年12月12日(Sat)▲ページの先頭へ
未来の住職塾・本科、来期受講へ向けて/hasunoha問答ピックアップ/「ハリバドラの伝える瑜伽行中観派思想」
既に10月に申し込みを済ませて、11月に審査・入金・受付が完了して来期・第五期の参加が決まっております「未来の住職塾」の本科受講。

未来の住職塾・本科
http://www.oteranomirai.or.jp/juku/regular_course/

数年前から親しい方々より色々とお誘いがあったものの、やや敬遠しておりましたところがございましたが、少し思うところ、心変わりがあり、この度、参加させて頂くことと致しました。

「経営と仏教」、「ビジネスと仏教」・・

仏教・仏法本来の目的である衆生済度の聖業のための「方便」として、色々なもの、ご縁をどう活かしていくべきであるのかを少し考えてみたいと思うようになりました。

今はまだ申せませんが、塾で作成することとなる「寺業計画書」、少し大風呂敷を広げた、かなり壮大なものを構想してみたいと考えております。

その結果は、再来年となりますが、この一年で色々と学びとご縁を、広げ、深められればと思っております。

・・

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

hasunoha問答ピックアップ・・

問い「「チベット仏教哲学」について」
http://hasunoha.jp/questions/2520

【ご質問内容】

松本史朗氏は『チベット仏教哲学』に於いてツォンカパを称賛される一方で、
「縁起説を擁護するツォンカパでも、縁起よりも無自性を重視し過ぎてしまった事により、
論理的矛盾から逃れられなかった。」(意訳)
と仰っておられますが、果たしてツォンカパの論理的矛盾とはどういう物でしょうか?

【拙回答】

ツォンカパ大師「縁起賛」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

ツォンカパ大師には「縁起賛」という著作もございますが、「縁起賛」はツォンカパ大師の「縁起」に関する見解について、最も理解できる著作であり、そこから鑑みても、「縁起よりも無自性を重視し過ぎてしまった」と果たして言えるのかどうかというところが実はございます・・

「縁起賛」につきましては、下記の内容をご参照下さいませ。

「縁起賛」他
http://goo.gl/Fk8Hje

もちろん、ご質問の内容は、『チベット仏教哲学』松本史朗先生の第9章「ツォンカパ哲学の根本的立場」p287-320、第10章「ツォンカパと離辺中観説」p321-401の内容を指事されてのことであるかと存じます。

松本史朗先生が、「縁起説を擁護するツォンカパでも、縁起よりも無自性を重視し過ぎてしまった事により、論理的矛盾から逃れられなかった。」(ご質問者の意訳) と述べられておられますのは、『「空」(無実体・無自性・無自相)を指示するための空思想・中観思想が、実体論・実在論的なもの、あるいは如来蔵思想的なものへと転落してしまった』ということの論理的矛盾についておっしゃられようとされているのではないかと存じます。

この点は、色々と危惧すべきところがあり、あまりにも「空」を重視しすぎれば、「虚無・絶無」論へと転落してしまう可能性があり、「縁起」を重視しすぎれば、「実体・実在」論へと転落してしまう可能性があり、または、その逆も言えることで、「空」を重視しすぎて、「空」が「実体・実在」論へと転落してしまう、「縁起」を重視し過ぎて、「縁起」が「虚無・絶無」論へと転落してしまうこともあり得るだけに、気を付けなければならないものとなります。

とにかく比量における理解においては、「空」は「縁起」と同等のレベルにて捉えて理解すべきものとして、「空」→「縁起」と「縁起」→「空」と、互いに理解を相互補完すべきものであると存じております。

ツォンカパ大師が、「縁起よりも無自性を重視し過ぎてしまった」のかどうかにつきましては、まだまだツォンカパ大師の中観思想について拙学びの課題として意識して、安易に結論は出さずにおきたいと存じております。ご容赦の程を宜しくお願い申し上げます。

川口英俊 合掌


問い「ツォンカパと戯論寂静」
http://hasunoha.jp/questions/2497

【ご質問内容】

中論では涅槃を「吉祥にて戯論寂静なる縁起」と表現しています。
しかしゲルク派の開祖のツォンカパは、勝義において戯論寂静を唱える中観論者を
「摩訶衍の教義に等しい」と痛烈に批判しました。

凡夫の素人目から見ると、ツォンカパの二諦解釈は『中論』の涅槃解釈と対立するように思えますが、
これは一体どういう風に解釈するのが宜しいのでしょうか?

【拙回答】

中論の二諦とツォンカパ大師の二諦について

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

ツォンカパ大師の世俗諦と勝義諦の二諦の解釈には、大きく分けても三通りございますため、どの二諦のことについて言及されているのかが少し分かりませんので、お答えしにくいことでございますが、まず、中論の帰敬序における「吉祥にて戯論寂静なる縁起」の記述は、あくまでもそのことをお説きになられた仏陀に対することにて、「戯論寂静」=「涅槃」=「勝義諦」へと向かわしめるための善き縁起(因縁)、つまりは「八不中道」、「四聖諦」をお説きになられた仏陀への礼賛であると考えることができます。

ツォンカパ大師が「摩訶衍の教義に等しい」と痛烈に批判したのは、「無分別」、その意味合いとして、特に「無念無想」が悟りであるという考え方に対してであり、それは、悟り・涅槃へと向けた「善い無分別」があれば、堕落・邪道となる「悪い無分別」もあり、後者に対しての批判であると考えるべきであるかと存じます。

以前にも「無分別」について少し述べさせて頂いているのですが、要は、無分別における善い無分別(空性了解)と悪い無分別(悪取空見、虚無への陥り、縁起(因縁果)の理の破壊など)があり、仏道においては、善い分別・無分別を慎重に選択していきながら、確かな修行・修習を進めていかなければならないというのが、現時点における拙見解となります。

とにかく、ツォンカパ大師の二諦各解釈も、中論における二諦に関する下記の各偈の内容から逸脱しているとは考えにくいものであるかと存じます。但し、世俗諦についての解釈には下記の第八偈の邦訳から推測される内容とは少し異なるところがございます。その点は注意が必要になるかと存じております。

中論「観四諦品」(第二十四・第八偈〜第十偈)

『二つの真理(二諦)にもとづいて、もろもろのブッダの法(教え)の説示〔がなされている〕。〔すなわち〕、世間の理解としての真理(世俗諦)と、また最高の意義としての真理(勝義諦)とである。』

『およそ、これら二つの真理(二諦)の区別を知らない人々は、何びとも、ブッダの教えにおける深遠な真実義を、知ることがない。』

『〔世間の〕言語慣習に依拠しなくては、最高の意義は、説き示されない。最高の意義に到達しなくては、ニルヴァーナ(涅槃)は、証得されない。』

川口英俊 合掌

これまでの悟りに関連するご質問の拙回答アーカイブ
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/cat_443680.html

東日本大震災を機縁として立ち上がりました「hasunoha」に参画できましたこと、誠に感謝致しております。微力ながらにも一つ一つ少しずつでもお役に立てれる善行・功徳となりましたら、亡くなられました皆様への追善供養として回向申し上げたくに存じております。合掌

hasunoha・拙回答まとめ集
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/

hasunoha・拙生紹介ページ
http://hasunoha.jp/users/16

hasunoha・拙寺紹介ページ
http://hasunoha.jp/temples/6

・・

「ハリバドラの伝える瑜伽行中観派思想」一郷正道先生・東本願寺
http://books.higashihonganji.jp/defaultShop/disp/CSfLastGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=17404&dispNo=001002

これは、想像以上に凄い内容です。誠にこちらにして良かったです。理解を進めさせて頂きます。




・・

ガンデン・ガチュー、ツォンカパ大師の寂滅の日(12/5)に、ゲルク派版「チベット死者の書」をようやく読了。

やはり、ニンマ派版の「チベット死者の書」(バルドゥ・トェ・ドル)とはかなり違いましたね・・正直、ニンマ派バージョンは、もう二度目の読解は無いように存じます・・

次に、以前購入致して棚に眠らせてしまっておりました「チベットの死の修行」を読み進めることと致します。

チベットの「死の修行」


「チベットの死者の書」一読了感・・
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52206171.html

・・

呪殺祈祷僧団再結成への懸念考察からのゾクチェン再考は、途切れ途切れながらにも少しずつ続けさせて頂いております。

ボン教のゾクチェンの教え「智恵のエッセンス」読了。

「智慧のエッセンス」ボン教のゾクチェンの教え 春秋社


・・

呪殺祈祷僧団の復活に対しての懸念の考察から、派生的に「ゾクチェン」の再考を進めていく中で、「ゾクチェン」と「マインドフルネス」、「仏教3.0」における思想的奇妙な一致について、いくつか考えるところがあります。釈尊八万四千法門、善巧方便の根源についての重大事項に関わってくる問題でもあるため、正直、これ以上の考察は保留せざるを得ないところとなってございます・・

少しだけ拙FBコメント追記・・バージョンアップ・アップデートの必要性については色々と恣意的・独善的な上下・優劣等の問題があるかと存じますが、別のコメントとして『・・「ゾクチェン」・「マインドフルネス」・「仏教3.0」の根っこにあるものは、実は非常によく似ています。そのため、それぞれの弊害もよく似ており、しいては、セクト化によっての弊害もよく似ています。とにかく「マインドフルネス」・「仏教3.0」も当初思っていたよりか全然盛り上がっていないのも、ある意味でしかるべきかな・・と思うところもございます。・・』と述べさせて頂いておりますが、実は、「ゾクチェン」・「マインドフルネス」、そして「仏教3.0」も修行の否定と誤解されてしまいかねない思想的背景も誠によく似ています。誤解によるセクト化や修行否定による堕落という弊害を避けるためにも、今一度深奥のところを考察していかないといけないかと存じております。/拙生的には、修行の否定(しているという誤解)については、浄土真宗に対してのその誤解とも似ているところがあるような気は致しております。誤解により仏道(の基本となる四聖諦)そのものを破壊してしまう懸念があるだけにそれぞれ厄介であると考えております。問題は真俗二諦の解釈(の誤解)によるところにあるのではないかと存じております。

・・

ゾクチェンについては再考を継続しております。正直、ある程度の答えは出ているのですが、誤解を招きかねないため躊躇致しております。

リクパ・光明・原初的叡知(イェシェ・原初の智慧)については、以前より随分と理解が深まって参りました。

「ゾクチェン」再考中・1
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/9e4f73fe356e845d9d76c923bae8fac7

・・

泉屋さん12/13・14 【終活セミナー・「お葬式の知恵袋」(なぜお葬式をするの?)】ご案内
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/51423c2214150f33d98968a887199550
講師を務めさせて頂くこととなっております。ご興味のございます方は、是非、お申込み下さいませ。

・・

佐々井秀嶺師 CROSS hasunohaご報告「佐々井秀嶺師ご法話・質疑応答の要旨について」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/c2f4432afb312e76387fde494ac6f178

「お坊さん×IT」!【hasunoha】代表の堀下氏にプラットフォーム運営について聞いてみました
http://www.m-hand.com/hirumeshimae/web-encycropedia/hasunoha/

運営者によるhasunoha(ハスノハ) blog
http://taka.hasunoha-blog.info

・・

大阪府知事選挙・大阪市長選挙の結果雑感・・
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52205800.html

・・

「維新の党、分裂騒動の醜態についての雑感・・2」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52203627.html

「維新の党、分裂騒動の醜態についての雑感・・1」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52203465.html

・・

「2015.9.27 東大阪市・市長選挙・市議会議員選挙」の結果を振り返って(謝罪含む・・)
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/5e9c83ab98b1b5b319fb3688167c4a6f

追悼「塩川正十郎先生との想い出・・」(2015.9.24)
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/9414bc58e96d41a9090542e076524486

「今秋の東大阪市・市長選挙・市議会議員選挙についての雑感」2015.8.27
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/4451ba3c2b7a73019388332e06b0a424

「9/27 東大阪市・市議会議員選挙について」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/c498421ab72ce533489194f6e09b9cc7

・・

拙考「仏教と政治」について(2015.4.24)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52190445.html

「呪殺祈祷僧団復活に対しての懸念について・7・最終」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/9bb187338f5bd4b6b01674157b908136

・・

「実にこの世においては、怨みに報いるに怨みを以ってしたならば、ついに怨みの息むことがない。怨みをすててこそ息む。これは永遠の真理である。」(法句経・5偈)

「テロで妻を失ったレリスさんのメッセージ和訳全文」
http://www.asahi.com/articles/ASHCM73BSHCMUHBI033.html?ref=yahoo

 金曜の夜、君たちは素晴らしい人の命を奪った。私の最愛の人であり、息子の母親だった。でも君たちを憎むつもりはない。君たちが誰かも知らないし、知りたくもない。君たちは死んだ魂だ。君たちは、神の名において無差別な殺戮(さつりく)をした。もし神が自らの姿に似せて我々人間をつくったのだとしたら、妻の体に撃ち込まれた銃弾の一つ一つは神の心の傷となっているだろう。

 だから、決して君たちに憎しみという贈り物はあげない。君たちの望み通りに怒りで応じることは、君たちと同じ無知に屈することになる。君たちは、私が恐れ、隣人を疑いの目で見つめ、安全のために自由を犠牲にすることを望んだ。だが君たちの負けだ。(私という)プレーヤーはまだここにいる。

 今朝、ついに妻と再会した。何日も待ち続けた末に。彼女は金曜の夜に出かけた時のまま、そして私が恋に落ちた12年以上前と同じように美しかった。もちろん悲しみに打ちのめされている。君たちの小さな勝利を認めよう。でもそれはごくわずかな時間だけだ。妻はいつも私たちとともにあり、再び巡り合うだろう。君たちが決してたどり着けない自由な魂たちの天国で。

 私と息子は2人になった。でも世界中の軍隊よりも強い。そして君たちのために割く時間はこれ以上ない。昼寝から目覚めたメルビルのところに行かなければいけない。彼は生後17カ月で、いつものようにおやつを食べ、私たちはいつものように遊ぶ。そして幼い彼の人生が幸せで自由であり続けることが君たちを辱めるだろう。彼の憎しみを勝ち取ることもないのだから。

「君たちに憎しみあげない」テロ遺族FB文章に共感の輪
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151119-00000055-asahi-int

どうか、レリスさん、メルビルくんに幸あらんことを。エレンさんに、神の御加護のあらんことを。合掌

・・

『ダライラマ、パリ同時多発テロでコメント「神に祈っても問題は解決しない」』
http://www.businessnewsline.com/news/201511182019260000.html

「ダライラマ、パリのテロについて語る」石濱裕美子先生ブログ
http://shirayuki.blog51.fc2.com/blog-entry-768.html
石濱裕美子先生によります、パリ同時多発テロに際してのダライ・ラマ法王猊下様のお考えについての和訳と解説。

誠に、祈りだけではなく、一人一人の善き動機に基づいた、善き行動が大切となります。法王様に敬礼申し上げます。合掌

・・

四方僧伽さんの会員として些少ながらご支援させて頂きました「仏陀バンク」、この5月に説明会へとお伺いさせて頂きました。仏教精神を活かしての、その活動の意義、志、実績、誠に素晴らしいものがございます。是非、説明会、ご参加、そしてご支援下さいませ。。11/27、大阪開催、11/29、名古屋開催。詳細は四方僧伽さんのサイト、またはFacebookページでご確認下さいませ。

2015.5.30・NGO「四方僧伽」「仏陀バンク説明会」参加報告
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52193200.html

四方僧伽・バングラデシュのキセキ 〜菩提樹の種「仏陀バンク」〜 @大阪・名古屋
http://goo.gl/Hx5oc8

四方僧伽サイト
http://catuddisa-sangha.org/

四方僧伽フェイスブックページ
https://goo.gl/qfNHDU

・・

パリ同時多発テロ・・痛ましい限りでございます・・犠牲者の皆様のご冥福を心から祈念申し上げます。

フェイスブックのプロフィール画像のトリコロール透過についての賛否両論が多く見られており、議論することは誠に大切なことであると存じております。

パリ同時多発テロ、誠にこのような非道は断固として許されるべきことではありません。また、報復による負の連鎖が更なる悲劇へと繋がらないように、平和的解決へと向かうよう、日本も含めての国際社会の協力が必要となります。

拙生と致しましては、イスラム教があのような非道を説くような教えでは無いことの確認として、下記のコーランの一節と共に、

「人を殺した者、地上で悪を働いたという理由もなく人を殺す者は、全人類を殺したのと同じである。人の生命を救う者は、全人類の生命を救ったのと同じである。」(クルアーン5章32節)

安全保障関連法成立の際における拙見解において引用させて頂きました、下記の内容も今一度しっかりと見直しておきたいと存じております。

「平和のための犠牲」という虚妄 積極的平和主義と戦没者
http://gendainoriron.jp/vol.05/rostrum/ro03.php
筑波大学非常勤講師・今井勇氏

以下抜粋・・

『・・戦地に派遣される兵士に犠牲者が生じた場合、「国のため」の「尊い犠牲」とされることは当然のことながら、国内外でテロ犠牲者が発生した場合でさえも、上記における一般戦災犠牲者の枠組みで「国のため」の「尊い犠牲」として評価され得るためである。そして、「国のため」の「尊い犠牲」は容易に「平和のため」の「尊い犠牲」に読み替えられ、テロ犠牲者でさえも日本の平和と繁栄の礎として感謝と尊敬の対象とされることになる。それは、テロの発生さえ積極的平和主義を推進する根拠となり得ることを意味するだけでなく、もはや兵士と一般市民の区別なく、すべての国民が日本の平和と繁栄のために負担と犠牲を強いられる可能性を明確に示しているといえよう。

その負担と犠牲を拒否することは、日本の平和と繁栄を望まない国賊として断罪されることを私たちは覚悟しなければならない。それほどまでに、現状における平和の乱用は新たな戦争を明確に想定するものであり、積極的平和主義における「平和への貢献」が、全ての国民に対して「国家への貢献」、さらには「尊い犠牲」を強いるものであることを理解しなければならないのである。 ・・』

・・

安全保障関連法成立・・

国のため、平和のため、安定のため、繁栄のため、世界のため、人類のためとは何かを今一度、真摯に問わなければならない・・

「平和のための犠牲」という虚妄 積極的平和主義と戦没者
http://gendainoriron.jp/vol.05/rostrum/ro03.php
筑波大学非常勤講師・今井勇氏

・・

時の権力者たちの利権や保身のために、都合のよい大義名分が立てられて、強引、傲慢に物事が進められることによって、国民がますます危地に立たされてしまうことになる・・またその一つの悪例とならないことを切に願っております・・

あれほどの犠牲を礎としての平和憲法も、アメリカの圧力、軍産複合体の圧力を前にして勝てない敗戦国の寂しさと虚しさ、世俗世界の愚かさ、あさましさ、卑しさ、醜さを思ふ戦後70年なり。合掌

「仏教と戦争 〜 戦後70年と仏教 〜」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/c479dc1d59328df2708ba23499b4d92b

「デモ運動の次のステージについて」(2015.8.30)
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/6d4ac5e08c6fccb99cb126af42e2be10

「アベ政治を許さない」デモ運動への違和感・2(2015.7.20)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52197923.html

・・

掃除の作務の合間には、RealPlayerのクラウドから保存してあるダライ・ラマ法王猊下様のご法話をiPhoneで拝聴しながらが誠に有り難いことでございます。


https://www.youtube.com/watch?v=gy946OHXbP0


https://www.youtube.com/watch?v=VZzenV0FLHo&list=UUQG1iEjZPBw9m4HSZgyVoUg&index=746


https://www.youtube.com/watch?v=xDZiMSE3z8Q&list=UUQG1iEjZPBw9m4HSZgyVoUg

その他参照・・
https://www.youtube.com/channel/UCooPHBUmXxxtXG3yhSSAkNg

http://www.dalailamajapanese.com/webcasts

https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%83%80%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%9E

ダライ・ラマ法王猊下様ダラムサラ法話会(9/7〜9/10)動画配信4本・日本語通訳バージョン
http://dalailamajapanese.com/webcasts

1日目 https://youtu.be/l5Uz2avpC7I

2日目 https://youtu.be/nksalnyWMqI

3日目 https://youtu.be/_aN-h8-WLfo

4日目 https://youtu.be/3oOuHj04EW8

「偉大なる第十四世の長寿を祈願する如意自在王〔経〕」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/8f49efb18934ec00993d52e91c603327

ダライ・ラマ14世法王猊下様・公式サイト日本語版
http://www.dalailamajapanese.com/

ダライ・ラマ14世法王猊下様・Facebook日本版公式ページ
https://www.facebook.com/dalailamajapanese

ドキュメンタリー映画「ダライ・ラマ14世」
http://www.d14.jp/

2015.4.17「ダライ・ラマ法王猊下様のこと・・」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52189915.html

2015.4.13「ダライ・ラマ法王14世来日法話 般若心経・菩提心の解説・観音菩薩の許可灌頂」ご報告
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3ac42f140aef2fb85956f1fcd45e1b13

2014.4.14 ダライ・ラマ法王猊下様によるチベット密教・胎蔵曼荼羅灌頂・ご報告
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/bc5c08f69d78bdda5c6cca62d17d87df

2013.11.19「空と縁起」に関する拙質問に対してのダライ・ラマ法王猊下様の御回答内容について
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/710b99c74854aebc871a6f75e28dde12

・・

勝義方便メモNo.11
http://togetter.com/li/827044

超宗派系一覧
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/ad8366ba25bc4f15de68c375bc313e0b

「拙理解仏教図式No.7」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/f11483ea1a2eb35ce5dcda72284b2bfa

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

・・

「仏教と戦争 〜 戦後70年と仏教 〜」平成27年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/c479dc1d59328df2708ba23499b4d92b

「仏教の基本的な理解のために」平成27年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/55ced9a1512c6ef6e095caa4fbe9eb8c

「死後について」平成26年9月・秋彼岸墓前回向 配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/46df9bb57071ef4f2b56161423dba66f

「お葬式について」平成26年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/0816eb5e788bf5ecfc8eed8e901b1a76

・・

「自らを灯明と化した菩薩たちの願い」〜チベット問題・焼身抗議を考える〜
http://t.co/PwVvYWck

「焼身抗議」などで中国と戦うチベットの人々を追う、ドキュメンタリー映画『ルンタ』
http://lung-ta.net/

・・

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529


   





カレンダ
2015年12月
   
12
   

アーカイブ
2008年 (187)
5月 (17)
6月 (30)
7月 (32)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (20)
11月 (3)
12月 (24)
2009年 (175)
1月 (26)
2月 (20)
3月 (20)
4月 (8)
5月 (18)
6月 (4)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (27)
10月 (23)
11月 (2)
12月 (1)
2010年 (62)
1月 (8)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (1)
5月 (4)
6月 (7)
7月 (6)
8月 (1)
9月 (13)
10月 (8)
11月 (6)
12月 (2)
2011年 (49)
1月 (7)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (5)
6月 (6)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (3)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (39)
1月 (4)
2月 (8)
3月 (1)
4月 (2)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (4)
10月 (2)
11月 (7)
12月 (5)
2013年 (25)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (5)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (1)
2014年 (44)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (11)
7月 (4)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (1)
11月 (3)
12月 (2)
2015年 (59)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (8)
5月 (6)
6月 (3)
7月 (7)
8月 (11)
9月 (4)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (4)
2016年 (34)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (4)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (5)
10月 (1)
11月 (4)
12月 (1)
2017年 (16)
1月 (4)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (2)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (2)

アクセスカウンタ
今日:373
昨日:1,805
累計:838,876