川口英俊のブログ - 2011/05

川口英俊のブログ




2011年05月24日(Tue)▲ページの先頭へ
天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】(48-72)・完結
【大震災・空と縁起と】73 末木文美士先生 @bunmao ブログに、天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】(48-72)を追記させて頂きました。ご叱正、ご批正を多々覚悟致しております。http://t.co/jiFsie6 http://bunmao.cocolog-nifty.com/blog/

【大震災・空と縁起と】ツイッター投稿シリーズにて、天罰論に関しましての私見関連考察を追記させて頂きました。

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

浅学非才、若輩未熟者の一私見でございますが、(48-72)に関しまして、以下、こちらにもコメントを追記させて頂きますので、ご容赦の程、宜しくお願い申し上げます。

48 神・仏の存在に関しては、もちろん、無自性であり、実体として存在しているわけではない。存在するとすれば、空・縁起なるものとして、また、世俗(言説)有として認められるものであり、なおかつ効果的作用能力の有無がポイントとなる。

49 では、例えば如来・菩薩・明王など仏の存在の場合、その効果的作用能力としてどのようなものが考えられるか? 端的に述べると、真理を知らずに輪廻に縛られている原因である私たちの煩悩、無明を排撃し、到涅槃させるということが考えられます。

50 つまり、如来・菩薩・明王の存在は、各それぞれの存在が伝導しようとする教え(方便)が、覚者としての智慧と慈悲を土台とし、縁起と空の正しい理解を及ぼさせて、煩悩・無明を排撃していくための菩提心を起こさせるというものであります。

51 覚者に顕現する仏の存在は、否定されるものではなく、空と縁起による存在であり、かつ、効果的作用能力が有効に働くものであれば、世俗(言説)有として問題なく成立するものと考えます。もちろん、勝義無であり、決して実体的ではありません。

52 では、大地震天罰論について考えますと、罰を与える者を神仏と仮定したとして、その存在が、空と縁起による存在であり、かつ効果的作用能力が有効に働くものであれば、世俗(言説)有として一応はその存在を認めることができると考えます。

53 しかしながら、大地震と神仏との因果関係を解明することは容易ではなく、その効果的作用能力を推し量ることも難しいものであり、天罰論における罰を与える者としての神仏の存在は、正直、認めることは難しいように思えます。

54 49で述べた効果的作用能力に関して、今回の大地震が天罰の様相を呈していると仮定した上で、果たして神仏が、このような大地震・原発事故という方便を用いて、私たちの煩悩、無明を排撃させて、到涅槃させるということが可能であろうか?

55 また、大地震・原発事故が天罰であると仮定して、その大地震・原発事故が、神仏の智慧と慈悲を土台とし、私たちに菩提心を起こさせるための方便であると果たして言えるであろうか?倫理的にも認められうるものであろうか?

56 もしも、真に智慧と慈悲による方便を用いるのであれば、このような無慈悲で残酷、深刻、凄惨な事態を必要とするのであろうか?また、犠牲者・被災者とそうでない者との境目はどのようにお決めになられたのであろうか?罪業の差?煩悩・無明の差?

57 輪廻の大海に深く沈み、迷い苦しみの中を彷徨っている私たちにそのような差はほとんど無い。天罰と言うのであれば、その罰はあまねく等しくに下されてしかるべきであり、また、そのような方便で到涅槃の導きが果たされるとも到底思えない。

58 また、この度の事態において、輪廻の大海に深く沈む私たちのこの世界における一切皆苦・一切行苦の現実を直視し、無常・無我・空・縁起を深く思惟して、菩提心を起こす者が現れるということは、天罰に拘わらずに十分にあり得ることであります。

59 もしも、この度の事態を受けて、そのように菩提心を起こして、智慧と慈悲の実践にて多くの衆生を涅槃へと導く尊師・菩薩が現れるのであれば、天罰ではなく、むしろ天佑と言えなくもないのではないだろうか・・ここは実に難しいところであります。

60 とにかく、天罰か、天佑か、いずれでもないかは、それぞれの恣意的思惟分別によって異なるものであり、いずれにしてもあまりとらわれてしまってもいけないものであります。それよりも現実をどのように対処すべきかが重要なこととなります。

61 天罰論に関しての、神仏の存在の関わりの議論や、または宿命論・決定論、神の存在証明の議論、また、天罰か、天佑か、そのいずれもか、そのいずれでもないかの議論も、仏教ではやはり「無記・戯論」として退けられるものであると考えます。

62 大地震は、単なる自然現象の作用であり、もちろん、空・縁起なる事象。原発事故は、強いて言えば煩悩、無明を抱えている愚かなる人間による所業の関わりが大小なり幾分かあるかもしれませんが、もちろん、空・縁起なる事象におけること。

63 空・縁起なることにおける存在、現象、事象においては、原因や結果、または条件も、当然に実体的に成立するものではありません。もちろん、あくまでも排除されるのは、実体的、つまり勝義的な存在としての原因・結果・条件であります。

64 それはつまり、あくまでも否定、排除されるのは、実体的・勝義的な存在であり、世俗(言説)諦として成立しうる相互依存関係における原因・結果・条件までもが否定、排除されるわけではありません。

65 かといって、世俗(言説)諦として、その存在が何でもかんでも自由に認められるわけでもありません。世俗(言説)諦といえども、認められるべきものと認められないものとを明確に分けて考える必要があります。36の内容がその基準となります。

66 天罰論に関しての私見の一つの結論としては、世俗(言説)諦としても、61で述べたように、「無記・戯論」を踏まえた上で、36の内容の基準に適合する存在だけを、あくまでも原因・結果・条件として認めるべきであると考えております。

67 そこでは、神仏の関わりの存在を認めることはやはり難しいでしょう。それよりもダライ・ラマ法王猊下がおっしゃられましたように、既に起こってしまったことの、その原因・結果・条件をあれこれ遡って考えても、もう無意味で無駄なことであります。

68 むしろ、現実を直視した上で、今後、どのようにしていくべきであるのかをしっかりと思惟、実践していくことが肝要なことであります。日本仏教界でも、支援・復興のための智慧・慈悲を実践している地涌の菩薩たちが無数に現出しております。

69 この度の大震災においては、智慧・慈悲を実践している地涌の菩薩たちは確かに存在しています。その菩薩たちの中から、更に輪廻の大海に深く沈む私たちの煩悩、無明を排撃させうる智慧と慈悲を兼ね備えた尊師・菩薩も現出することでしょう。

70 私たちも支援・復興に携わっている無数の存在と共に、それぞれの立場においても、できうることで応援、支援、協力に関わっていきながら、一切皆苦・一切行苦の現実直視、無常・無我・空・縁起を深く思惟していくことが求められて参ります。

71 そして、やがて、多くの者たちが菩提心を起こし、確かな智慧と慈悲の実践により、真なる到涅槃へと衆生を導き賜うことを願いつつ、この度の犠牲者の皆様の御供養鎮魂慰霊、被災者皆様のいち早い苦の軽減を切に祈念申し上げる次第でございます。

72 これまでこの浅学非才の未熟者なりに、この度の大震災に関しての「空と縁起と」からにおける考え、天罰論に関しての私見を述べさせて頂きました。お読み賜りまして篤く感謝、御礼を申し上げます。ご叱正、ご批正を多々覚悟致しております。

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

・・

少し仏教関連の論考考察のペースが鈍ってしまっておりますが、鋭意に取り組みを継続して進めていかなければならないと考えております。

当面のところは、【大震災・空と縁起と】シリーズ、大地震天罰論に関する私見の再検討、「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了後における法華経についての考察(空・縁起思想と如来蔵・仏性思想)と控えております。

最近の論考考察の結果については、ツイッターでの投稿が中心となっています。一回の投稿140文字以下にどのように要約するかで苦労し、それはそれでかなり頭のトレーニングになっていますが、連続投稿になってしまうことや、省略しすぎ、説明不足などであらぬ誤解を招いてしまう危惧もあり、気をつけないとと考えております。

3/11東日本大地震発生時より下記のハッシュタグ等で宗教・仏教・寺院・僧侶による支援情報を収集して参りましたが、今後、継続するか、休止するかは、また判断致さねばならないと存じております。ひとまずこれまでのご協力、誠に感謝申し上げます。ありがとうございました。

仏教・寺院・僧侶による総合支援情報タグ→ #buddhajihi
各宗派による支援情報タグ→ #shuha_save
寺院による支援情報タグ→ #jiin_save
僧侶による支援情報タグ→ #sou_save
仏教思想による支援情報タグ→ #buddha_save

全ての過去ログは、Twilogにおいて閲覧して頂くことができます。

http://twilog.org/hide1125/hashtags-buddhajihi

http://twilog.org/hide1125

・・

所望していた虎目石の数珠が届く[Chagamo Craftより]
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007816.html

・・

東日本大震災 ツイッターにて情報収集・情報発信が中心
http://twitter.com/hide1125

ツイッター・ログ
http://twilog.org/hide1125

「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007856.html

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・1-22
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52003212.html

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives


2011年05月18日(Wed)▲ページの先頭へ
所望していた虎目石の数珠が届く[Chagamo Craftより]
少し話題が私事となりますが、高校時代からの親友が、上海に店を出して独立開業。以前より仏具で所望しておりました虎目石の数珠を頼みますと、早速に作って頂きまして、ご購入させて頂きました。

この親友とは、若き頃にお互いの生きる道、志を熱く語り合った仲。

当時からチベットについてかなり興味を示しており、大学進学・卒業後もその関連の道から外れずで、いよいよ本格的に。初志貫徹。すばらしい。。

ジービーズ(チベット天珠)のChagamo Craft チャガモクラフト
http://chagamocraft.ocnk.net/
【Chagamo Craft ではチベットのジービーズ(Zdi Beads・天珠) や琥珀、雲南・貴州省などの山岳民族衣装、その他希少なアンティークアクセサリー、天然石パワーストーンアイテムなどを取扱っています。】

ポリシーも熱いです。サイトトップの下段にある「店主のこだわりとコンセプト」を参考に。。

ブログも。

『旅遊のすすめ』〜団長のブログ〜
http://ameblo.jp/phoo-cha/

所望して、お作り頂いた虎目石の数珠の画像を下記に。何でもチベット仏教・タール寺・ゲルク派・元僧侶に作って頂いたもの。タール寺(塔爾寺)の地は、チベット仏教ゲルク派の開祖・ツォンカパ論師の生誕地。誠に凄く縁を感じます。。

ちなみに、所望する要因となったのは、ダライ・ラマ14世師の半生を描いた映画「クンドゥン」で主人公役の使っておられた数珠を観た時から一目でほしいと思っておりましたのです。。

タール寺・ゲルク派・元僧侶にお作り頂けるとは、とても思っておらずでありましただけに、嬉しさ倍増でありました。親友の縁のすばらしさに感動。大切に仏事にて使わせて頂きます。本当にありがとう。。

是非、皆様も何かご所望のお品、色々とご興味がおありでしたら、ネットを通じてでも連絡してあげて下さいませ。







・・

東日本大震災 ツイッターにて情報収集・情報発信が中心
http://twitter.com/hide1125

ツイッター・ログ
http://twilog.org/hide1125

【大震災・空と縁起と】大震災天罰論私見・ツイッター投稿シリーズ内より(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007856.html

・・

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・1-22
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52003212.html

・・

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

・・

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

・・

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

改めまして、この度の大地震にて被災されました皆様方には心からお見舞い申し上げます。また、お亡くなりになられました方のご冥福を心からお祈り申し上げます。これから、私にできる支援、協力を考えて、実践致したく存じております。川口英俊拝

3/11・東日本大地震発生時より#buddhajihiのハッシュタグを利用して収集させて頂いて参りました「仏教・寺院・僧侶による支援の情報」の全ての過去ログは、Twilogにおいて閲覧して頂くことができます。

http://twilog.org/hide1125/hashtags-buddhajihi

http://twilog.org/hide1125

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives


2011年05月11日(Wed)▲ページの先頭へ
東日本大震災・天罰論に関しての私見
東日本大震災 ツイッターにて情報収集・情報発信が中心
http://twitter.com/hide1125

ツイッター・ログ
http://twilog.org/hide1125

東日本大震災・天罰論につきまして、あくまでも若輩未熟者の一私見でございます。一目お読み頂けました皆様方におかれましては、何かのご参考となりましたら幸いでございます。

【大震災・空と縁起と】ツイッター投稿シリーズ内より(12-34)・・

12大震災天罰論がありますが、地震に対する功罪判断、善悪判断は、人間の都合による恣意的思惟分別によるところが大きく、地震そのものは大自然の営みの一つであり、功罪・善悪も関係なく、ただ空・縁起によるところの現象に過ぎないものであります。

13 空・縁起によるものに過ぎない事象・現象について、天罰か、天佑か、そのどちらでもないか、という判断も人間の恣意的思惟分別によるところが大きく、あまりとらわれてしまうといけないものであります。では、なぜ天罰論が出てくるのか?

14 天罰論は、今のこの国の社会・世情や体制・システムなど色々なあり方に対しての不満があり、自分の思い通りの理想の世の中にならないことへの不満から、「それ見たことか、お天道様が罰を下したのだ」というような主張ではないかと思われます。

15 何事も思い通りにならない、求めても求めても得ることができないという不満によって、様々な煩悩が生じ、悩み迷い苦しむことが、八苦の一つ、「求不得苦」であります。大震災天罰論もこの苦しみから生じているものではないかと考えられます。

16 また、天罰論は、神仏などを実体視、絶対視してしまっている過ちからも生じてしまっているように存じます。もちろん、神仏も空・縁起においてでのありようであり、当然に「有」でもなく、「無」でもないものであります。

17 また、大震災天罰論には、この度の厄災をとにかく誰かの責めにして解決満足、決着させたいということもあるのでしょう。自然の責めや神仏の責めにはできない、であれば人間の責めにしよう、ということでの罰が下ったのだという意もあるのでしょう。

18 とにかく、今回の大震災を誰かの責めにしたいのであれば、空・縁起なることを認めれずに色々と誤って実体視して、とらわれを起こし、煩悩を抱え、迷い苦しみ不満に陥ってしまっている己自身を責めることの方が最も重要なことでありますでしょう。

19 少し大震災天罰論につきましてコメントをさせて頂きましたが、本来は、「災」や「厄」という文字は使うべきではないのでしょう。「災」や「厄」を使うと、人間の恣意的思惟分別によって固定された価値判断に陥ってしまう恐れがあるからです。

20 16において『神仏も空・縁起においてでのありようであり、当然に「有」でもなく、「無」でもないものであります。』と述べさせて頂きましたが、決して「神仏は無いと言っているわけではない」ので、誤解のないように宜しくお願い申し上げます。

21 また、大地震天罰論では、過去のありようを美化しようとするバイアスもかかってしまっているのではないかと推察致します。大自然・神仏への畏敬の念、崇拝の念が昔より少ない、昔より人間は傲慢になってしまった、といった主張であります。

22 昔も今も人間の愚かさ、無明を抱えているありようはそうは変わっておらず、そのような中で、過去と比べて大自然・神仏への畏敬・崇拝の念の大小、人間の傲慢さの大小を述べてもあまり意味のないことであると考えております。

23 つまり、過去は良かったのに論などで、猛省を促すのではなく、もっと私たちは根本的な無知、無明を抱えているがゆえにいつまでも迷い苦しんでいるのだ、という視点からも、現実的にとらえていかなければならないことがあると考えております。

24 大地震天罰論に関しましての私見の追記(19-23)を末木文美士先生のブログのコメント欄にも追記させて頂きました。 http://bunmao.cocolog-nifty.com/blog/ @bunmao

25 大地震天罰論に関しましての私見(12-23)を述べさせて頂いて参りましたが、その内容において、時間論の扱いや、非有・非無に関しての中観帰謬論証派の立場からの補足などについて、また後にも考察して参りたいと存じます。

26 次のダライ・ラマ法王猊下のお言葉については、二諦に関しての重要な視座を有している。・・先日の米・USC講演から・・「人は祈るだけでは幸福になれない。この幸せな人生というのは宗教的な概念ではない。幸福は世俗的な概念だ。..(続) 

27 ..だから、私の〔この話の〕目的は世俗的なものである」・「私は仏教徒だ。私は仏法を尊んでいる。しかし、私はいつも世俗について語っている。」(訳参照・石濱裕美子氏)・・法王猊下は、常に二諦を明確に意識して語られています。

28 もちろん、二諦とは、世俗諦と勝義諦のことであります。仏教者が仏法を扱うときには、語り手も聞き手も常に二諦を意識しておく必要があります。二諦の理解レベルの差異により、一つのコトバでも大きく解釈に相違が生じることがあるからであります。

29 この度の大震災に関して、例えばダライ・ラマ法王猊下のようなレベルの高いラマが語られたこと、あるいはこれからも語られることは、その対象が世俗一般人であれば、やはり世俗的なレベルに合わせて語られているということになります。

30 ですから、4/29に法王猊下が語られたことも、まずは世俗諦的なこととしての理解が必要となります。それでは、猊下は、勝義諦的なことを語られることはあるのか・・厳密には語られることは無いと言えます。つまり、「勝義無」であります。

31 確かに厳密には、勝義無でありますが、勝義諦を指向するところにおける世俗(言説)有なる言語表現までは否定されることではないと考えます。しかし、その場合にも、二諦の了解レベルの差異による理解の差異は生じてしまうでしょう。

32 世俗(言説)有の扱いに関しては、ツォンカパ論師の捉えている「正理の理解」も必要となってくるところでありますでしょう。この浅学非才の未熟者、まだまだでございまして、大変に申し訳なく存じております。

33 何とか、法王猊下の勝義諦を指向なされるところの世俗(言説)有の展開に関して、二諦を意識しつつ、少しでも理解が進みますように、これからも精進努力して行かなければならないと存じております。

34 ただ、もちろん、勝義無とはいえども、単なる無分別知、戯論寂滅が、果たして最高真理であると言えるのか、最高真理として扱うべきであるのかどうかについては、まだまだ十分な考察が必要であると考えております。・・続く予定。

【大震災・空と縁起と】1-11
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

・・

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・1-22
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52003212.html

・・

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

・・

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

・・

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

改めまして、この度の大地震にて被災されました皆様方には心からお見舞い申し上げます。また、お亡くなりになられました方のご冥福を心からお祈り申し上げます。これから、私にできる支援、協力を考えて、実践致したく存じております。川口英俊拝

3/11・東日本大地震発生時より#buddhajihiのハッシュタグを利用して収集させて頂いて参りました「仏教・寺院・僧侶による支援の情報」の全ての過去ログは、Twilogにおいて閲覧して頂くことができます。

http://twilog.org/hide1125/hashtags-buddhajihi

http://twilog.org/hide1125

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives


2011年05月04日(Wed)▲ページの先頭へ
【大震災・空と縁起と】1-11
東日本大震災 ツイッターにて情報収集・情報発信が中心
http://twitter.com/hide1125

ツイッター・ログ
http://twilog.org/hide1125

【大震災・空と縁起と】

1 絶望と希望がいまだ激しく交錯している被災地・・もちろん、絶望と希望のいずれにもとらわれないところでの「空と縁起」の了解(りょうげ) が最終的に求められます。この度の厳しい現実に仏教思想はいかに対峙すべきか・・考察して参ります。

2 「空と縁起」の了解・・しかし、今はまだそれを求めるにはあまりにも残酷で、つらく、惨く、悲しく、苦しい・・厳しい現実もございます・・しかし、曖昧でいい加減な楽観論で希望を振りまいたとしても効果は一時の限定的なものでしかありません。

3 そのため、楽観的、楽天的な一時しのぎの気休め程度の希望によるだけではなく、厳しい現実を直視しつつも、段階に応じ、方便・対機説法を用いて、「空と縁起」の了解を目指していくべきであります。では、今はどのような段階でありますでしょうか。

4 仏法を説く場合、相手の状況や能力、気質に応じて、その教えを説かなければなりません。例えば、産まれたての赤子に対して、難しいお経の内容をどれほどに分かりやすく頑張って説いたとしても到底理解はしてもらえないことでしょう。

5 また、あまりにも仏教思想における「諸行無常」・「諸法無我」・「諸法空性(一切皆空)」・「一切皆苦」を声高に叫んでしまえば、仏教は虚無主義だ、悲観主義だという批判が出てきてしまうこととなり、拒絶反応を生じさせてしまいかねません。

6 虚無・悲観主義に陥らずに、また、拒絶反応も避けさせるためには、「諸行無常」・「諸法無我」・「諸法空性(一切皆空)」・「一切皆苦」を説くと同時に、「涅槃寂静」、迷い・苦しみを無くするための方法・道筋もしっかりと説く必要があります。

7 方便・対機説法において重要・大切となるのは、相手がその教えを受け入れる体勢、状況となっているかどうかの見極めとなります。例えば、受け入れる余裕のない者に、いくら説法したとしても理解はやはり難しいこととなってしまうでしょう。

8 この度の大震災で被災されて苦しんでおられる方々は、いまだ無常・無我・空・苦の現実を受け入れる余裕のない人たちが多くあります。よって、今はまだ無常・無我・空・苦を直接的に説くことは難しくあり、余裕ができるのを待たなければなりません。

9 十分な余裕ができるのは、衣食住(医)が足りて、少しばかりでも現実を受け入れることが可能となった時となります。その時までは、仏教界各位も衣食住(医)の充足について、支援・協力に努めての世俗的「抜苦与楽」を果たすことが求められます。

10 そして、世俗的「抜苦与楽」を果たした後においてこそ、仏教界各位の智慧と慈悲の働きの真価が問われることとなります。 それが、勝義的「抜苦与楽」の実践への移行であります。世俗諦から勝義諦へ・・深遠なる空と縁起の理法が重要となります。

11 とにかく、世俗的「抜苦与楽」後における勝義的「抜苦与楽」の実践が、これから日本仏教界各位には求められてくるものと考えます。「仏教は結局、何も役に立たなかった」と後々に批判を浴びることのないように精進が必要であると考えております。

・・

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】 21・22

22 特色ある単立寺院 @asama888 山本宗補氏のご紹介 パパラギの里(石雲禅寺) http://bit.ly/lYtjAN NPO法人「パパラギの里」 http://www.paparaginosato.org/ を運営している。

21 RT@motataro 先日、ある会合で「小池龍之介氏の本派離脱」を話題にした所、小池氏の著作どころか、その存在さえ誰も知らないという事態に遭遇。書店の仏教書コーナーさえ覗かない僧侶の多さに愕然とした。そりゃ離脱されますわ。

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】
ツイッターコメント投稿シリーズ1-20
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51997575.html

・・

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】

先日の4.29 ダライ・ラマ法王猊下・震災特別慰霊ご法要・ご法話に改めましてご随喜申しあげまして、「ダライ・ラマの仏教哲学講義 苦しみから菩提へ」(大東出版社)の再読を開始させて頂きました。合掌九拝

猊下のご法話全文掲載あり
http://www.supersamgha.jp/2011/04/post-78.html
宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会

猊下、ご法話全文掲載あり(録音音声YouTubeもあり) 
http://www.hasedera.net/blog/2011/04/post_275.html
長野県・長谷寺ご住職によるご報告

ご法要録音音声YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=KdiOktArQ_k&feature=related

東日本大震災49日特別慰霊法要での法王談話(訳/野村正次郎先生)
http://www.mmba.jp/basic/dalailama/teaching/earthquake49
文殊師利大乗仏教会

石濱裕美子早大教授のご報告

ダライラマ法王震災法要
http://shirayuki.blog51.fc2.com/blog-entry-545.html

ダライ・ラマ法王猊下の慈悲の御心によるご法要、ご法話、お励ましのお言葉、誠に感謝申し上げます。改めまして猊下に最敬礼申し上げます。

ダライ・ラマ法王猊下のご法話にご随喜申し上げまして、「チベット仏教・菩薩行を生きる 精読・シャーンティデーヴァ『入菩薩行論』」(大法輪閣)の再読を開始致しました。合掌九拝

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要】ツイッター投稿内容

@当日は残念ながら不参加・・しかし、遠方より般若心経を誦経して、ご功徳にご随喜申し上げたいと考えております。注目は、ご法要後のご法話、恐らくは般若心経の内容に基づいてのご法話と推察致しております。

Aダライ・ラマ法王猊下のご法話は、おそらく、「深遠なる空の理法」に関する内容を扱われますことでございましょう。と同時に、「深遠なる縁起の理法」についても扱われることになられるかと恐れ多くもご推察申し上げます。

Bダライ・ラマ法王猊下のご尊顔を拝し、ご法話をご拝聴できないのは残念至極でございます。猊下の大慈悲による震災犠牲者の皆様方へのご慰霊、そして私たち衆生へのご法話は、尊い甘露法雨の恵みとなることでしょう。

Cダライ・ラマ法王猊下の大慈悲による震災犠牲者の皆様方へのご慰霊、そして私たち衆生へのご法話による尊い甘露法雨の恵み・・改めまして深く敬礼申し上げまして、ご功徳にご随喜申し上げる次第でございます。合掌。

D ダライ・ラマ法王猊下によります般若心経の解説が収められております『ダライ・ラマ 般若心経入門』(春秋社)を改めまして、拝読させて頂いております。http://t.co/VsiZ6xY

Eご法話では、深遠なる空と縁起の理法をお説きになられますことでしょう。大変なる苦悩、逆境の中にある今の日本においては、菩提心・慈悲心の滋養が少しでも必要となっております。猊下のご来日を心からご随喜申し上げます。

F猊下によりますご法要・ご法話をできましたら、ネット中継ででも被災地、または日本全国へとライブ配信できないものでありますでしょうか?

G猊下によりますご法要・ご法話のネット中継の希望・・震災犠牲者各御霊位、ご遺族の皆様、被災地・避難所の皆様、会場にお参りできない皆様への少しのご配慮ともなり、尚大変に有り難いことになるかと存じております。

H猊下によりますご法要・ご法話のネット中継の希望をしておりましたが、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所様のご配慮により、ネット中継なされることになったようでございます。ご配慮に感謝申し上げます。

I猊下によりますご法要・ご法話のネット中継・・震災犠牲者各御霊位、ご遺族の皆様、被災地・避難所の皆様、会場にお参りできない皆様方への大変に有り難いご配慮でございます。

J猊下によりますご法要・ご法話のネット中継ページ Ustream http://www.tibethouse.jp/japanquake2011/ ご随喜申し上げます。

K猊下によりますご法要・ご法話のネット中継 Ustream http://www.tibethouse.jp/japanquake2011/ 日本全国、世界全土へ甘露の法雨が降り注がれますことでしょう。合掌。

L猊下によります般若心経の解説が収められております『ダライ・ラマ 般若心経入門』(春秋社)、再々拝読了。深遠なる空と縁起の理法をお説きになられます法王猊下に再敬礼申し上げます。合掌。

Mご随喜申し上げまして、「縁起賛」・「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)」・「四つの捕われから離れる秘訣」を再読思惟。 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/d/19761125

Nご随喜申し上げまして、更に「三十七の菩薩の実践」も再読思惟。http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/d/19761126

O猊下のご法話、空と縁起の理法、恐らくは「縁起の第三層」にもお触れになられることでありますでしょう。深遠なる空性の現量了解へのいざないのあることを心からご随喜申し上げます。合掌。

@mmbaoffice 震災犠牲者皆様方の四十九日忌追悼ご慰霊ご法要のお勤め、誠に宜しくお願い申し上げます。ご随喜申し上げます。深遠なる空と縁起の理法をお説きになられますダライ・ラマ法王猊下に再敬礼申し上げます。衆生たちに深遠なる空性の現量了解のいざないのあることを。合掌。

P 本日、ダライ・ラマ法王猊下による東日本大震災犠牲者四十九日(七七日忌)特別慰霊ご法要・ご法話 http://www.tibethouse.jp/japanquake2011/ ネット中継も予定されています。

Q無明の迷いにある一切の衆生たちに、深遠なる空性の現量了解のいざないのあることを強く請い願い奉ります。http://www.tibethouse.jp/japanquake2011/ 合掌九拝

ダライ・ラマ法王猊下に最敬礼申し上げます。この度のご法要、ご法話に心からご随喜申し上げます。中継拝聴。 http://www.tibethouse.jp/japanquake2011/

ご法要、ご随喜申し上げます。ダライ・ラマ法王猊下に最敬礼申し上げます。般若心経、随唱。中継拝聴。http://www.tibethouse.jp/japanquake2011/ 合掌九拝

間もなく14時46分。鐘楼堂にて梵鐘一撞き。般若心経、随唱。中継拝聴。http://www.tibethouse.jp/japanquake2011/ 合掌九拝

ダライ・ラマ法王猊下の大慈悲によるご供養、ご法話、寺務の合間、合間でございましたが、ご拝聴させて頂きました。合掌九拝 http://www.tibethouse.jp/japanquake2011/

ダライ・ラマ法王猊下、ご慰霊、ご法話、ありがとうございました。感謝でございます。ご健勝を祈念申し上げます。合掌九拝 http://www.tibethouse.jp/japanquake2011/

猊下のお撞きになられる追悼の鐘の音が・・ご随喜申し上げ、私も梵鐘を一撞き申し上げます。合掌九拝。 http://www.tibethouse.jp/japanquake2011/ 

ネットライブ中継・放送ありがとうございました。深く感謝申し上げます。 http://www.tibethouse.jp/japanquake2011/

ダライ・ラマ法王猊下のご法話にご随喜申し上げまして、「チベット仏教・菩薩行を生きる 精読・シャーンティデーヴァ『入菩薩行論』」(大法輪閣)の再読を開始致しました。合掌九拝

・・

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)

 この度の東日本大震災にて被災されました皆様方には心からお見舞い申し上げます。また、お亡くなりになられました皆様方のご冥福を心からお祈り申し上げます。謹んで鎮魂御供養申し上げます。
 去る四月十九日に宮城県に行って参りまして、被災地にて行脚の追悼慰霊御供養、ご遺体安置所にての追悼慰霊御供養をお勤めさせて頂きました。
 詳しいご報告につきましては、ホームページ(http://oujyouin.com/)にございますので、そちらをご覧頂けましたらと存じております。
被災地を巡り、改めまして、仏教思想における「諸行無常・諸法無我・諸法空性(・一切皆空)・一切皆苦」の現実を真摯に直視致しました。残酷で、つらく、惨く、悲しく、苦しい・・この度の震災の厳しい現実がそこにはございました・・
 あらゆるものには、実体がなく、無自性で、空であり、永久永遠に、独立して、固定して、単独で成り立っているものなどない・・凄惨な現地の光景を目の当たりにし、無常・無我・空の風がこの世に吹き渡っていることを改めて実感致しました・・
 もちろん、「諸法無我(空)」なるこの世界では、確かに何にも実体は無く、「有に非ず」ではありますが、一方においては、「縁起」によって成り立っている世界でもあり、「無に非ず」でもあります。この世界は様々な関係性に縁ってこそ起っている世界でもあります。
 様々な関係性の中にあってこそ、私たちは生かされて存在することができます。確かに被災地では、無常・無我・空の風がこの世に吹き渡っていることを強く実感致しましたが、一方で、「縁起」という関係性の世界も強く実感することができました。
 それは、この「縁起」なる関係性の世界の中において、様々な人たちによるこの度の震災におけることでの支援、協力、連携での「助け合い」・「支え合い」・「分かち合い」の和・輪・環の広がりに「希望」を見いだすことができると強く思った次第でございます。
 それぞれがそれぞれにおいてできうることで、復興の支援に協力をして参りましょう。
 お亡くなりになられました皆様方のご冥福と、いまだ安否不明の皆様方のいち早い御発見のあることを心から祈念申し上げます。
 合掌 川口 英俊 拝

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

十三仏・四十九日忌導師「薬師如来」様(往生院だより・第68号より)

十三仏シリーズ、今回は、四十九日忌の導師、「薬師如来」様でございます。

薬師如来様のご容像は、右手は施無畏印(衆生の様々な畏れを無くし、安心を与える施しを行う慈悲の印)、左手は与願印(衆生の願いを聞き入れ、望むものを与えようとする慈悲の印)で薬壷(やっこ)を持つのが一般的な特徴でございます。

薬師如来様は、西方極楽浄土の教主・阿弥陀如来様に対して東方浄瑠璃世界の教主で、正式には、薬師瑠璃光如来様、異名で大医王仏様と呼称されます。東方浄瑠璃世界の仏国土において、日光・月光菩薩・十二神将などの方々と共に衆生を見守っておられます。

薬師如来様は、菩薩の時代における十二の大願を成就なされて、お悟りを開かれて如来様と成られました。その大願の一つに「除病安楽」(衆生の病気を治し、安楽を与える)の項目があり、病気を治癒して頂ける仏様であるとして、現世利益的な信仰が厚くあります。しかし、実際のところ、「衆生の病気」とは、迷い苦しみの輪廻の中にある私たちそれぞれの煩悩・業(カルマ)のことであり、真理を知らずに悪業を積み重ねてしまう「無明(むみょう)」のことでもあります。

 ですから、「除病安楽」とは、御仏の智慧・慈悲による様々な方便を用いて、それぞれの煩悩・業(カルマ)・無明に応じ、それを退治するための処方箋(薬)を薬師如来様がお与えになられるということと理解するのが良いでしょう。また、もう一つは、悟りを目指して頑張って修行している者の病気などによる修行の進みの妨げ、障りを除くということもあるかと存じます。

 四十九日忌においては、お亡くなりになられました方が、煩悩・業(カルマ)・無明を除滅させて、無事に修行が進むようにと御供養申し上げることが大切なこととなります。

ご真言「オン コロコロ センダリ マトウギ ソワカ」合掌

・・

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

この度はご仏縁に支えられまして、被災地入りでの震災犠牲者皆様方の追悼慰霊御供養のお勤めを勤めさせて頂くことができました。誠に感謝致しております。ありがとうございました。

また、皆様からは様々に温かいお言葉、ねぎらいのお言葉をツイッター、メールにて頂戴致しまして、心から感謝致しております。とにかく、まだまだの未熟者、あまりにも無力ではございますが、更に精進努力して、少しずつでもできることからと存じております。どうぞこれからも宜しくお願い申し上げます。

光琳寺・井上広法師様に被災地入り・ご報告ツイートをおまとめ頂きましたTogetter。
http://togetter.com/li/126127

・・

改めまして、この度の大地震にて被災されました皆様方には心からお見舞い申し上げます。また、お亡くなりになられました方のご冥福を心からお祈り申し上げます。これから、私にできる支援、協力を考えて、実践致したく存じております。川口英俊拝

3/11・東日本大地震発生時より#buddhajihiのハッシュタグを利用して収集させて頂いて参りました「仏教・寺院・僧侶による支援の情報」の全ての過去ログは、Twilogにおいて閲覧して頂くことができます。

http://twilog.org/hide1125/hashtags-buddhajihi

http://twilog.org/hide1125

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives


2011年05月01日(Sun)▲ページの先頭へ
【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】

猊下のご法話全文掲載あり
http://www.supersamgha.jp/2011/04/post-78.html
宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会

猊下、ご法話全文掲載あり(録音音声YouTubeもあり) http://www.hasedera.net/blog/2011/04/post_275.html
長野県・長谷寺ご住職によるご報告

ご法要録音音声YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=KdiOktArQ_k&feature=related

石濱裕美子早大教授のご報告

ダライラマ法王震災法要
http://shirayuki.blog51.fc2.com/blog-entry-545.html

ダライ・ラマ法王猊下の慈悲の御心によるご法要、ご法話、お励ましのお言葉、誠に感謝申し上げます。改めまして猊下に最敬礼申し上げます。

ダライ・ラマ法王猊下のご法話にご随喜申し上げまして、「チベット仏教・菩薩行を生きる 精読・シャーンティデーヴァ『入菩薩行論』」(大法輪閣)の再読を開始致しました。合掌九拝

・・

東日本大震災 ツイッターにて情報収集・情報発信が中心
http://twitter.com/hide1125

ツイッター・ログ
http://twilog.org/hide1125

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要】ツイッター投稿内容

@当日は残念ながら不参加・・しかし、遠方より般若心経を誦経して、ご功徳にご随喜申し上げたいと考えております。注目は、ご法要後のご法話、恐らくは般若心経の内容に基づいてのご法話と推察致しております。

Aダライ・ラマ法王猊下のご法話は、おそらく、「深遠なる空の理法」に関する内容を扱われますことでございましょう。と同時に、「深遠なる縁起の理法」についても扱われることになられるかと恐れ多くもご推察申し上げます。

Bダライ・ラマ法王猊下のご尊顔を拝し、ご法話をご拝聴できないのは残念至極でございます。猊下の大慈悲による震災犠牲者の皆様方へのご慰霊、そして私たち衆生へのご法話は、尊い甘露法雨の恵みとなることでしょう。

Cダライ・ラマ法王猊下の大慈悲による震災犠牲者の皆様方へのご慰霊、そして私たち衆生へのご法話による尊い甘露法雨の恵み・・改めまして深く敬礼申し上げまして、ご功徳にご随喜申し上げる次第でございます。合掌。

D ダライ・ラマ法王猊下によります般若心経の解説が収められております『ダライ・ラマ 般若心経入門』(春秋社)を改めまして、拝読させて頂いております。http://t.co/VsiZ6xY

Eご法話では、深遠なる空と縁起の理法をお説きになられますことでしょう。大変なる苦悩、逆境の中にある今の日本においては、菩提心・慈悲心の滋養が少しでも必要となっております。猊下のご来日を心からご随喜申し上げます。

F猊下によりますご法要・ご法話をできましたら、ネット中継ででも被災地、または日本全国へとライブ配信できないものでありますでしょうか?

G猊下によりますご法要・ご法話のネット中継の希望・・震災犠牲者各御霊位、ご遺族の皆様、被災地・避難所の皆様、会場にお参りできない皆様への少しのご配慮ともなり、尚大変に有り難いことになるかと存じております。

H猊下によりますご法要・ご法話のネット中継の希望をしておりましたが、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所様のご配慮により、ネット中継なされることになったようでございます。ご配慮に感謝申し上げます。

I猊下によりますご法要・ご法話のネット中継・・震災犠牲者各御霊位、ご遺族の皆様、被災地・避難所の皆様、会場にお参りできない皆様方への大変に有り難いご配慮でございます。

J猊下によりますご法要・ご法話のネット中継ページ Ustream http://www.tibethouse.jp/japanquake2011/ ご随喜申し上げます。

K猊下によりますご法要・ご法話のネット中継 Ustream http://www.tibethouse.jp/japanquake2011/ 日本全国、世界全土へ甘露の法雨が降り注がれますことでしょう。合掌。

L猊下によります般若心経の解説が収められております『ダライ・ラマ 般若心経入門』(春秋社)、再々拝読了。深遠なる空と縁起の理法をお説きになられます法王猊下に再敬礼申し上げます。合掌。

Mご随喜申し上げまして、「縁起賛」・「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)」・「四つの捕われから離れる秘訣」を再読思惟。 http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/d/19761125

Nご随喜申し上げまして、更に「三十七の菩薩の実践」も再読思惟。http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/d/19761126

O猊下のご法話、空と縁起の理法、恐らくは「縁起の第三層」にもお触れになられることでありますでしょう。深遠なる空性の現量了解へのいざないのあることを心からご随喜申し上げます。合掌。

@mmbaoffice 震災犠牲者皆様方の四十九日忌追悼ご慰霊ご法要のお勤め、誠に宜しくお願い申し上げます。ご随喜申し上げます。深遠なる空と縁起の理法をお説きになられますダライ・ラマ法王猊下に再敬礼申し上げます。衆生たちに深遠なる空性の現量了解のいざないのあることを。合掌。

P 本日、ダライ・ラマ法王猊下による東日本大震災犠牲者四十九日(七七日忌)特別慰霊ご法要・ご法話 http://www.tibethouse.jp/japanquake2011/ ネット中継も予定されています。

Q無明の迷いにある一切の衆生たちに、深遠なる空性の現量了解のいざないのあることを強く請い願い奉ります。http://www.tibethouse.jp/japanquake2011/ 合掌九拝

ダライ・ラマ法王猊下に最敬礼申し上げます。この度のご法要、ご法話に心からご随喜申し上げます。中継拝聴。 http://www.tibethouse.jp/japanquake2011/

ご法要、ご随喜申し上げます。ダライ・ラマ法王猊下に最敬礼申し上げます。般若心経、随唱。中継拝聴。http://www.tibethouse.jp/japanquake2011/ 合掌九拝

間もなく14時46分。鐘楼堂にて梵鐘一撞き。般若心経、随唱。中継拝聴。http://www.tibethouse.jp/japanquake2011/ 合掌九拝

ダライ・ラマ法王猊下の大慈悲によるご供養、ご法話、寺務の合間、合間でございましたが、ご拝聴させて頂きました。合掌九拝 http://www.tibethouse.jp/japanquake2011/

ダライ・ラマ法王猊下、ご慰霊、ご法話、ありがとうございました。感謝でございます。ご健勝を祈念申し上げます。合掌九拝 http://www.tibethouse.jp/japanquake2011/

猊下のお撞きになられる追悼の鐘の音が・・ご随喜申し上げ、私も梵鐘を一撞き申し上げます。合掌九拝。 http://www.tibethouse.jp/japanquake2011/ 

ネットライブ中継・放送ありがとうございました。深く感謝申し上げます。 http://www.tibethouse.jp/japanquake2011/

ダライ・ラマ法王猊下のご法話にご随喜申し上げまして、「チベット仏教・菩薩行を生きる 精読・シャーンティデーヴァ『入菩薩行論』」(大法輪閣)の再読を開始致しました。合掌九拝

・・

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)

 この度の東日本大震災にて被災されました皆様方には心からお見舞い申し上げます。また、お亡くなりになられました皆様方のご冥福を心からお祈り申し上げます。謹んで鎮魂御供養申し上げます。
 去る四月十九日に宮城県に行って参りまして、被災地にて行脚の追悼慰霊御供養、ご遺体安置所にての追悼慰霊御供養をお勤めさせて頂きました。
 詳しいご報告につきましては、ホームページ(http://oujyouin.com/)にございますので、そちらをご覧頂けましたらと存じております。
被災地を巡り、改めまして、仏教思想における「諸行無常・諸法無我・諸法空性(・一切皆空)・一切皆苦」の現実を真摯に直視致しました。残酷で、つらく、惨く、悲しく、苦しい・・この度の震災の厳しい現実がそこにはございました・・
 あらゆるものには、実体がなく、無自性で、空であり、永久永遠に、独立して、固定して、単独で成り立っているものなどない・・凄惨な現地の光景を目の当たりにし、無常・無我・空の風がこの世に吹き渡っていることを改めて実感致しました・・
 もちろん、「諸法無我(空)」なるこの世界では、確かに何にも実体は無く、「有に非ず」ではありますが、一方においては、「縁起」によって成り立っている世界でもあり、「無に非ず」でもあります。この世界は様々な関係性に縁ってこそ起っている世界でもあります。
 様々な関係性の中にあってこそ、私たちは生かされて存在することができます。確かに被災地では、無常・無我・空の風がこの世に吹き渡っていることを強く実感致しましたが、一方で、「縁起」という関係性の世界も強く実感することができました。
 それは、この「縁起」なる関係性の世界の中において、様々な人たちによるこの度の震災におけることでの支援、協力、連携での「助け合い」・「支え合い」・「分かち合い」の和・輪・環の広がりに「希望」を見いだすことができると強く思った次第でございます。
 それぞれがそれぞれにおいてできうることで、復興の支援に協力をして参りましょう。
 お亡くなりになられました皆様方のご冥福と、いまだ安否不明の皆様方のいち早い御発見のあることを心から祈念申し上げます。
 合掌 川口 英俊 拝

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

十三仏・四十九日忌導師「薬師如来」様(往生院だより・第68号より)

十三仏シリーズ、今回は、四十九日忌の導師、「薬師如来」様でございます。

薬師如来様のご容像は、右手は施無畏印(衆生の様々な畏れを無くし、安心を与える施しを行う慈悲の印)、左手は与願印(衆生の願いを聞き入れ、望むものを与えようとする慈悲の印)で薬壷(やっこ)を持つのが一般的な特徴でございます。

薬師如来様は、西方極楽浄土の教主・阿弥陀如来様に対して東方浄瑠璃世界の教主で、正式には、薬師瑠璃光如来様、異名で大医王仏様と呼称されます。東方浄瑠璃世界の仏国土において、日光・月光菩薩・十二神将などの方々と共に衆生を見守っておられます。

薬師如来様は、菩薩の時代における十二の大願を成就なされて、お悟りを開かれて如来様と成られました。その大願の一つに「除病安楽」(衆生の病気を治し、安楽を与える)の項目があり、病気を治癒して頂ける仏様であるとして、現世利益的な信仰が厚くあります。しかし、実際のところ、「衆生の病気」とは、迷い苦しみの輪廻の中にある私たちそれぞれの煩悩・業(カルマ)のことであり、真理を知らずに悪業を積み重ねてしまう「無明(むみょう)」のことでもあります。

 ですから、「除病安楽」とは、御仏の智慧・慈悲による様々な方便を用いて、それぞれの煩悩・業(カルマ)・無明に応じ、それを退治するための処方箋(薬)を薬師如来様がお与えになられるということと理解するのが良いでしょう。また、もう一つは、悟りを目指して頑張って修行している者の病気などによる修行の進みの妨げ、障りを除くということもあるかと存じます。

 四十九日忌においては、お亡くなりになられました方が、煩悩・業(カルマ)・無明を除滅させて、無事に修行が進むようにと御供養申し上げることが大切なこととなります。

ご真言「オン コロコロ センダリ マトウギ ソワカ」合掌

・・

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

この度はご仏縁に支えられまして、被災地入りでの震災犠牲者皆様方の追悼慰霊御供養のお勤めを勤めさせて頂くことができました。誠に感謝致しております。ありがとうございました。

また、皆様からは様々に温かいお言葉、ねぎらいのお言葉をツイッター、メールにて頂戴致しまして、心から感謝致しております。とにかく、まだまだの未熟者、あまりにも無力ではございますが、更に精進努力して、少しずつでもできることからと存じております。どうぞこれからも宜しくお願い申し上げます。

光琳寺・井上広法師様に被災地入り・ご報告ツイートをおまとめ頂きましたTogetter。
http://togetter.com/li/126127

・・

改めまして、この度の大地震にて被災されました皆様方には心からお見舞い申し上げます。また、お亡くなりになられました方のご冥福を心からお祈り申し上げます。これから、私にできる支援、協力を考えて、実践致したく存じております。川口英俊拝

3/11・東日本大地震発生時より#buddhajihiのハッシュタグを利用して収集させて頂いて参りました「仏教・寺院・僧侶による支援の情報」の全ての過去ログは、Twilogにおいて閲覧して頂くことができます。

http://twilog.org/hide1125/hashtags-buddhajihi

http://twilog.org/hide1125

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives


   





カレンダ
2011年5月
       

アーカイブ
2008年 (187)
5月 (17)
6月 (30)
7月 (32)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (20)
11月 (3)
12月 (24)
2009年 (175)
1月 (26)
2月 (20)
3月 (20)
4月 (8)
5月 (18)
6月 (4)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (27)
10月 (23)
11月 (2)
12月 (1)
2010年 (62)
1月 (8)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (1)
5月 (4)
6月 (7)
7月 (6)
8月 (1)
9月 (13)
10月 (8)
11月 (6)
12月 (2)
2011年 (49)
1月 (7)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (5)
6月 (6)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (3)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (39)
1月 (4)
2月 (8)
3月 (1)
4月 (2)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (4)
10月 (2)
11月 (7)
12月 (5)
2013年 (25)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (5)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (1)
2014年 (44)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (11)
7月 (4)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (1)
11月 (3)
12月 (2)
2015年 (59)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (8)
5月 (6)
6月 (3)
7月 (7)
8月 (11)
9月 (4)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (4)
2016年 (34)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (4)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (5)
10月 (1)
11月 (4)
12月 (1)
2017年 (22)
1月 (4)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (2)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (1)

アクセスカウンタ
今日:127
昨日:853
累計:907,767