hasunoha ついに初の書籍化決定!『hasunohaお坊さんお悩み相談室』






2016年09月12日(Mon)
hasunoha ついに初の書籍化決定!『hasunohaお坊さんお悩み相談室』
hasunoha ついに初の書籍化決定!『hasunohaお坊さんお悩み相談室』
http://hasunoha.jp/docs/pr_0002

「hasunoha お坊さんお悩み相談室」Amazon購入ページ
https://www.amazon.co.jp/dp/4796876340



吉本新喜劇の小籔千豊さん推薦!!



フライヤー拡大↓クリック↓
http://img.yaplog.jp/img/18/pc/h/i/d/hidetoshi/4/4845_large.jpg

お笑いの番組は、ここ最近、あまり観ていませんが、小籔さんと言えば、たまたま昔に観た「人志松本のすべらない話」での「スノーボード」の話。

あの話が、いまだに忘れられません。そうです、あの、「だんじり野郎」というフレーズが、ツボにハマりました。

とにかく、仏教にも詳しく、機知に富み、スマートで、誠に非凡なお方ですね。

ちなみに、「人志松本のすべらない話」での小籔さんの「スノーボード」の話。音声のみ
https://m.youtube.com/watch?v=OceE304AzyQ

・・

「お坊さんお悩み相談室」の印税は、東日本大震災や熊本地震などの災害復興義援金として寄附されると共に、一部、hasunoha運営経費の赤字補填としても活用されることになっています。(hasunohaは、運営者や回答僧侶の皆様の善意寄附・ボランティアによって、ほとんどの運営が成り立っています。)

本をお買い上げ頂きますと、仏教による学び、救い、癒しの一助にして頂けますと共に、震災復興支援、hasunoha支援と、皆様の少しの功徳にもなりますので、どうかご購入によるご支援、ご協力の程も、何卒にも宜しくお願い申し上げます。

また、趣旨をご理解賜りまして、口コミ、サイト・ブログでの紹介、Facebook・TwitterなどSNSによるシェア・リツイートなど、周知・広報へのご協力の程も、併せてどうか宜しくお願い申し上げます。

皆様のお幸せの一助となりますことを。

やがて、全ての衆生が、迷い苦しみの世界から離れて、悟り・涅槃の世界へと至れますように。

川口英俊 合掌

ネットでお坊さんがこたえるQ&Aサービス・hasunoha
http://hasunoha.jp/

・・

この度のhasunoha問答の書籍化は、セグメントのメインターゲットへと向けて、出版社の編集者が選ばれた問答となっているだけに、仏教関係者から見ると、もしかすれば、少し物足りなさや、異論があるかもしれません。(正直に申せば、玄人受けはあまりしないかも、といった感じでしょうか・・)

僭越に、有り難くにも拙回答の問答も取り上げられていますが、拙生が、もしも自分で選ばせて頂けるとすれば、四諦などの仏教思想を正面から扱っているものや、空や縁起などを直接に扱っている問答を選ばせて頂いていたことでしょう…

しかし、それが、書籍化にあたって、セグメントのターゲットに向けたものになるのかどうか、売れるものになるかどうかと言えば、残念ながらやはり無理でしょう…

出版社による刊行は、売れるかどうかが特に重要になってくるため、色々と制約があるのも当たり前であり、なかなかこちらの思うようには難しいところがあるのも当然に仕方ありません。

自己満足となっても、書きたいものを一応は本として世に出すとすれば、全くお金が掛からずに本を出せる電子書籍・Kindle ダイレクト・パブリッシングへの自己出版をやはり考えたいと存じます。

もちろん、販促もセルフになるので、さほど売上もなく、利益もほとんど出せないと思いますが・・

原案は、構想段階ですが、ほぼ固まっておりますので、そろそろ本格的に小論文・仮題「仏教を学ぶ上で」を書き始めたいと思います。

本年中に何とか発表できましたらと存じております。ただ、未来の住職塾の寺業計画書の策定も控えているため、もしかすると年明け以降になるかもしれませんが・・

またアナウンスさせて頂きますので、どうかその際には宜しくお願い申し上げます。

・・

「ついに、インターネットでお布施をいただくまでに」-お坊さんQ&Aサイトhasunoha(ハスノハ)代表・堀下さんのブログ
http://taka.hasunoha-blog.info/ohuse/

「あの時、あそこで、あの言葉があったから、今の私の人生、幸せがある」と、振り返って頂ける方が一人でもあれば、と願っております。仏法、hasunoha、有り難し、と。合掌

・・

11/11-13「ダライ・ラマ法王猊下様・秘密集会灌頂」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/71ea7590873c6947990a018a34c56182



http://dalailama-samaya.org/

再読する予習本一覧・・

○・・再読了
→・・読み進め中

 「チベット仏教哲学」
○「実践 チベット仏教入門」
○「チベット密教」
○「チベット密教 修行の設計図」
○「チベット密教 瞑想入門」
○「チベット密教 心の修行」
○「チベット仏教の神髄」
 「般若経釈 現観荘厳論の研究」
 「大乗荘厳経論研究」
 「全訳 アティシャ 菩提道灯論」
 「菩提道次第論 悟りへの階梯」
○「パンチェン・ラマのラムリム」
 「解脱の宝飾 道次第・解脱荘厳」
 「ツォンカパ 菩提道次第大論の研究2」
 「ツォンカパ 中観哲学の研究1」
 「ツォンカパ 中観哲学の研究2」
 「ツォンカパ 中観哲学の研究3」
 「ツォンカパ 中観哲学の研究4」
 「ツォンカパ 中観哲学の研究5」
○「アーラヤ識とマナ識の研究」
 「ツォンカパの中観思想」
→「全訳 ツォンカパ 中論註「正理の海」」
○「ツォンカパのチベット密教 真言道次第広論」
○「ゲルク派版 チベット死者の書」
○「チベット「死の修行」」
○「静寂と明晰 チベット仏教・ゾクチェン修習次第」
○「秘密集会タントラ和訳」
○「大秘密四タントラ概論」
○「吉祥秘密集会成就法清浄瑜伽次第」
○「秘密集会安立次第論註釈」
○「チベット密教教理の研究(一)修訂増補」
○「秘密道次第大論(上)」
 「チベット仏教 論理学・認識論の研究」1〜4

「ツォンカパのチベット密教」第三章註・p341


量評釈を学ばなければならない意義というものは、まさにこのことです。5年とか言わず、やはり急がないと…

ゲルク派の僧院では、「論理学(因明)を知らなければ、密教の修行はできない」といわれている。確かに、仏教論理学から得られる様々な知識、中でも心の在り方を分析する認識論の内容は、密教の実践に大変役だつものだ。もちろんそれと同様に、般若学や中観学や阿毘達磨の内容も、密教の修行には不可欠である。」

「チベット仏教 論理学・認識論の研究」1〜4



他、ダライ・ラマ法王猊下様によります基本書

○「ダライ・ラマの仏教入門」
○「ダライ・ラマの仏教哲学講義」
○「ダライ・ラマ「菩提心の解説」」
○「ダライ・ラマ 至高なる道」
○「ダライ・ラマ 般若心経入門」
○「ダライ・ラマの「中論」講義」
○「ダライ・ラマ 実践の書」
○「ダライ・ラマ 生き方の探究」
○「ダライ・ラマ 智慧の眼をひらく」
○「ダライ・ラマ 瞑想入門」
○「ダライ・ラマ 死と向き合う智慧」
○「ダライ・ラマの密教入門」
○「ダライ・ラマ法話 文殊の智慧による救い」

正直、このために前世から今生へと参りました。

稀有貴重なる尊い儀軌を悟りへの資糧へと最大限に活かさなければなりません。

今回は特に、チベット密教最奥義なる灌頂。しかも、ダライ・ラマ法王猊下様によるご導師。

カタチだけ、物見遊山、興味本位によるものでは、全く意味がありませんし、逆に一歩間違えれば、とんでもない過ち、悪趣へ陥る危険もあるだけに、迎えるにあたり、かなりの真摯さ、慎重さも必要となります。

とにかく残された時間は限られていますが、空性の理解を更に極限にまで深めると共に、ツォンカパ大師の典籍を更にできる限り限界まで読み込んで参りたいと存じます。

深遠なる真実義をお説きになられますダライ・ラマ法王猊下様に最敬礼申し上げます。合掌九拝

「偉大なる第十四世の長寿を祈願する如意自在王〔経〕」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/8f49efb18934ec00993d52e91c603327

ダライ・ラマ法王猊下様・2016年・御来日法話「入菩薩行論・文殊菩薩の許可灌頂」(2016.5.13)
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/5813d9bce83de8196ec66b3c3fb9f107

http://www.dalailamajapanese.com/webcasts/post/350-

ダライ・ラマ法王猊下様御加持成就の「金剛杵と金剛鈴」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52211094.html

2015.4.17「ダライ・ラマ法王猊下様のこと・・」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52189915.html

2015.4.13「ダライ・ラマ法王14世来日法話 般若心経・菩提心の解説・観音菩薩の許可灌頂」ご報告
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3ac42f140aef2fb85956f1fcd45e1b13

2014.4.14 ダライ・ラマ法王猊下様によるチベット密教・胎蔵曼荼羅灌頂・ご報告
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/bc5c08f69d78bdda5c6cca62d17d87df

2013.11.19「空と縁起」に関する拙質問に対してのダライ・ラマ法王猊下様の御回答内容について
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/710b99c74854aebc871a6f75e28dde12

ダライ・ラマ14世法王猊下様・公式サイト日本語版
http://www.dalailamajapanese.com/

ダライ・ラマ14世法王猊下様・Facebook日本版公式ページ
https://www.facebook.com/dalailamajapanese

・・

チベット仏教を学ぶ会「寺子屋スーパーサンガ」のご案内
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52223294.html

いよいよ始動! 本場のチベット仏教をチベット仏教僧からダイレクトに日本語で学べる機会が!

・・

『般若心経における「空」について』 平成28年8月・お盆施餓鬼法要配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/93cd51b49c2264eb00fcc00a904a3392

「Amazonお坊さん便」の抱える問題について/平成28年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d339cd6c14be7db57860f241caf4984d

「仏教と戦争 〜 戦後70年と仏教 〜」平成27年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/c479dc1d59328df2708ba23499b4d92b

「仏教の基本的な理解のために」平成27年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/55ced9a1512c6ef6e095caa4fbe9eb8c

「死後について」平成26年9月・秋彼岸墓前回向・配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/46df9bb57071ef4f2b56161423dba66f

「お葬式について」平成26年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/0816eb5e788bf5ecfc8eed8e901b1a76

・・

悟りへの因縁・修習・階梯について
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/cd86e06b26f70bfa72e8933112ee6e98

以下は、続きとしての定型記事一覧となります。
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d60b9c69361758c6b7de52bd7f5c863b
ご興味がございましたら、各それぞれご覧下さいましたら幸いに存じます。


   





カレンダ
2016年9月
       
12
 

アーカイブ
2008年 (187)
5月 (17)
6月 (30)
7月 (32)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (20)
11月 (3)
12月 (24)
2009年 (175)
1月 (26)
2月 (20)
3月 (20)
4月 (8)
5月 (18)
6月 (4)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (27)
10月 (23)
11月 (2)
12月 (1)
2010年 (62)
1月 (8)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (1)
5月 (4)
6月 (7)
7月 (6)
8月 (1)
9月 (13)
10月 (8)
11月 (6)
12月 (2)
2011年 (49)
1月 (7)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (5)
6月 (6)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (3)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (39)
1月 (4)
2月 (8)
3月 (1)
4月 (2)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (4)
10月 (2)
11月 (7)
12月 (5)
2013年 (25)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (5)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (1)
2014年 (44)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (11)
7月 (4)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (1)
11月 (3)
12月 (2)
2015年 (59)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (8)
5月 (6)
6月 (3)
7月 (7)
8月 (11)
9月 (4)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (4)
2016年 (34)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (4)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (5)
10月 (1)
11月 (4)
12月 (1)
2017年 (11)
1月 (4)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (2)

アクセスカウンタ
今日:1,683
昨日:2,026
累計:758,932