「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス






2012年11月25日(Sun)
「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/
拙いながらも各問いに回答させて頂きました。

Q.恋愛をすると心配で夜も眠れません
http://hasunoha.jp/questions/16

もみじ 様
 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。
 時に「恋愛」は人を盲目化させてしまうことがあり、様々な弊害が生じてしまうことがあります。
 一切は空であるという仏教の基本法理からは、何らとして実体視できるものはどこにもないのですが、凡夫である我々は無明によって、とらわれる心が生じ、色々なモノ・コトに執着してしまうのはある程度仕方のないことであります。しかし、実体視・執着によって様々な煩悩・随煩悩が生じて、その行為により悪業を積むこととなって、その結果として先で悪業の報いを受けることは、できるだけ避けていくことが望まれます。
 しかし、いきなり「無明・煩悩・悪業を排撃させよ」とするのは酷であるかと存じます。菩提心を発し戒・定・慧の三学をある程度修している者にとっては有効かもしれませんが、凡夫である私たちはなかなか簡単なことではありません。
 では、凡夫はいかに対応すべきかとなりますが、「恋愛」によって激情化している感情、もみじ様の場合は、「不安」な心でありますが、その心をまずはどのように抑えて、冷静・正常な判断ができる自分に戻せるかどうかが重要なこととなります。「恋愛」は本能ですから、頭から抑えるのは難しいとして、しっかりと理性を戻せるように調えていかなければなりません。
 その彼氏は、自分の今後のこと、例えば将来へ向けての結婚・子ども・生活設計などを真剣に考えてくれているのかどうか、この恋愛において家族や友人・職場など周りの方々に迷惑を掛けていないかどうか、お互いにとってプラスとなっている恋愛かどうかなど、一度じっくりと冷静になって考えてみる必要があります。
 冷静に考えた上で、この恋愛によって(もみじ様の場合では「不安」な心等により)、家族や仕事や生活にまで支障をきたしているようであれば、井上広法師のおっしゃられるように一度離れてみることが大切であるかと存じております。もみじ様のお幸せを祈念申し上げます。
川口英俊合掌


Q.心に余裕がなくて他人まで考えられない
http://hasunoha.jp/questions/17

けいた 様
 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。
 「自分のことで精一杯」、これは誰もが普通にそうであり、そのように思うのは仕方のないことであるかと存じます。
 誰もが自分を愛し、自分を大切にし、自分が、自分は、自分の、自分に・・となってしまいます。
 仏教では、自分にとらわれて執着してしまっていることを「我執」として、最も退治すべき執着として扱います。
 しかし、いきなり「我執を退治せよ」と言われても私たち凡夫には非常に難しいところでもあります。
 そのため、一度、冷静になってみて、「自分」、「自分」と言っている、その「自分」とはいったい何であるのかを吟味してじっくりと分析してみることをお薦め致します。その際には、仏教の様々な教書・論書の智慧を頼りに少しずつ進められるのが良いでしょう。
 やがて、その「自分」とはどこを探しても、そのように捉えられるような「自分」が見あたらないことに気づくこととなって参ります。「自分とは実体の無い空なる存在である」と。もちろん、気づくだけではダメであり、少しずつ己の心・習性・実践へもその気づきを馴染ませて、自分や自分に関わることでの様々な執着を離していくことが必要となって参ります。
 ただ、上記の理解だけによって絶無・虚無に陥ってしまってはいけません。実体が無い、空であるとは言えども、あなたは確かに存在しているのであります。
 その存在のありようは「縁起として」、であります。ここで「縁起」の三層の解説を詳しく述べますのは字数制限の関係上難しいため、至極簡単に分かり易く述べますと、あなたは今も、これまでも、そしてこれからも様々な無数の「縁」によって支えられて成り立っている存在であるということであります。月並みな表現で申し訳ありませんが、様々な「縁」により生かされて生きている存在であるということであります。
 この「生かされて生きている」という存在であることを十分に理解でき、少しなりともその無数の「縁」への感謝・報恩・慈悲の心が芽生え始めると、ようやくに他人のことが考えられるようになるのではないかと存じております。
 まずは、少しずつでも「自分」とはいったい何であるのかを分析することから始められてみてはいかがでしょうか。けいた様に智慧の光が射し込みますことを祈念申し上げます。
 川口英俊合掌


Q.子どもに怒ってばかりで子育てがつらい
http://hasunoha.jp/questions/15

MOMO 様
 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。
 井上広法師のおっしゃられておられますように、子育ての中、様々な道徳・倫理を養わせていくためにしつけを行う際、時に怒ることは大切なことであります。そしてそれは将来の子どものためでもあります。これからの人生で間違った道を歩まぬように、しっかりと道徳的・倫理的に社会で過ごせていけるようにとして行うことが大切であります。
 ただ、その怒りによるしつけも、時と場合によっては悪い結果をもたらしてしまうこともあります。子どもの成長の器量に応じて、できるだけ適切に優しく諭す場合、厳しく諭す場合と見極めていくことも大切となります。例えば、まだ生後数ヶ月の子どもに対して、「危ないから寝返るな」と怒鳴り叩いて怒っても仕方がないように、子どもの成長度合い、分別度合いを見極めていかなければなりません。
 また、くれぐれも子どもへの怒りが己のストレス発散、自分の都合や自己満足のためによる怒りへと陥らないように注意することも必要となります。それはやがて虐待やネグレクトへも繋がりかねません。井上広法師が「心まで怒りで満たさないよう」にとおっしゃられているのもそのためであります。
 仏道は、慈悲と智慧によって正しく歩むことができて参ります。慈悲が優しさの教えであるならば、智慧は厳しさの教えであります。子育てもバランス良く、偏り無く、優しさと厳しさを兼ね備えて進めていくことが重要ではないかと存じております。MOMO様のお子様の健やかな成長を祈念申し上げます。
 川口英俊合掌

これから問いに少しずつでも拙いながらにもお答えしていけれるように調えて参りたいと存じます。

拙自己紹介

如来・菩薩はその尊い慈悲の御心によって迷い苦しみにある衆生をお救いになられるために善巧方便行を実践なされます。拙生はいまだ凡夫の域であり、中途半端なる身柄ですが、これまで拙くも仏道において学び修したることを活かし、皆様のご期待に添えれる回答を目指して精進致したく存じております。文面からだけでは質問者の人生・人格・性格・環境・境遇・真意等を真に捉えきれない恐れがあり、その方の機根(悟りへと向かうための性質)を十分に汲み取れない可能性があること(拙生の愚鈍がゆえに対機説法に限界のあること)は少しご留意を賜りまして、世俗方便と勝義方便をめぐらせて、今の自分においてできうる限りの回答をさせて頂ければと考えております。どうか宜しくお願い申し上げます。

・・

「前衆議院議員・自民党・西野陽氏引退に思う 1・2」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52109077.html

解散総選挙についての雑感
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52108642.html

・・

モンゴル人リクエストによるダライ・ラマ法王ティーチングin Dharamsala - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/t1cKc8lm

台湾女性、ダライ・ラマ訪問を拒んだ行政当局に激怒
http://t.co/rP4pYr29

対中配慮?台湾当局がダライ・ラマ入境申請拒否 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://t.co/i0lVQmfV

【チベット問題】

「自らを灯明と化した菩薩たちの願い」〜チベット問題・焼身抗議を考える〜
http://t.co/PwVvYWck

やまぬ焼身抗議・・早くチベット問題の改善を…焼身抗議犠牲者各位にはどうか善趣への赴きのあらんことを…どうか御仏の御加護のあらんことを…

焼身抗議者リスト 11月24日更新 10月以降を中心に - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/Ak4d31R7

Reading:チベット族 抗議の焼身自殺相次ぐ NHKニュース
http://t.co/ANCEyXcR

<速報>23日夕方 ツェコで焼身 83人目 今月19人目 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/eb23B8AM

<速報>22日、2人目の焼身 ルチュ川の河原で23歳の若者が - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/N93EVJS0

チベット族2人が焼身自殺 中国、当局に抗議(北海道新聞)
http://t.co/E53z5y0D

<速報>22日レゴンで再び焼身・死亡 今月17人目 レゴンだけで10人目 当局は家族や地区への援助を中止し、慰問者を罰すると - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/pWmftSil

チベット焼身自殺をカネで防ぐ愚行 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
http://t.co/uRY00mUw

レコードチャイナ:チベット族男性の焼身自殺、公式メディアが率先して報道
http://t.co/wXWOoYyN

チベット族男性が焼身自殺 中国の高圧的統治に抗議 - MSN産経ニュース
http://t.co/NHC7JpRp

<速報>今日 サンチュで再び焼身・死亡 3児の父 今月16人目 内地80人目 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/YKflLVXv

チベットの人権活動家に「国際報道自由賞」=記録映画発表で中国に拘束―仏メディア(Record China) - Y!ニュース
http://t.co/syCuNXhT

時事ドットコム:チベット族、連日の焼身自殺=中国
http://t.co/TmFbGpPq

<速報>19日、ヤズィ県で25歳の若者が焼身抗議、死亡 内地79人目 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/SdFRN5ep

チベット亡命政府 センゲ首相、中国の弾圧を非難 - MSN産経ニュース
http://t.co/LLSt6MFt

ダライ・ラマと中国共産党大会(相馬勝) | News Log
http://t.co/hxamrMWz

ウーセル・ブログ:「『共蔵問題』の問題」 漢人民主活動家のチベット史観を批判 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/GgLbqoap

時事ドットコム:またチベット族が焼身自殺=中国青海省
http://t.co/WvVZwdRy

チベット族がまた焼身自殺 中国当局に抗議 スローガン叫び体に火 - MSN産経ニュース
http://t.co/f6XdgEFS

チベット弾圧史に見る中国「核心的利益」の維持拡大姿勢(後篇) 国際政治の空隙を衝いてチベットで残酷な支配をくり返した中国 WEDGE Infinity(ウェッジ)
http://t.co/HCJmrWtx

ダライ・ラマ法王が「第2回国際チベット支援特別会議」でスピーチ 今こそ「行動せよ」と - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/Cpn6PJPz

<速報>昨日レゴンで2人目の焼身 内地78人目 死亡確認64人目 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/eKikm8f4

チベット亡命政府で国際支援団体特別会議 中国に弾圧中止を呼びかけ - MSN産経ニュース
http://t.co/6o838yeY

チベット族男女が焼身自殺 中国青海省  :日本経済新聞
http://t.co/XF9vnC16

【ダライ・ラマ法王猊下関連・チベット問題関連情報】(2012.11.18までまとめ)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52108417.html

チベットが直面する問題 (2012年)
http://t.co/lavJOBR9

・・

往生院メールマガジン No.91発行 
http://t.co/7OghDENO

・・

往生院だよりコラム・十三仏シリーズ・アーカイブ前半

http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52108270.html

往生院だよりコラム・十三仏シリーズ・アーカイブ後半

http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52108281.html

・・

コラム「追善供養・功徳回向の考え方について」 1〜4
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52108201.html

・・

「#勝義方便メモ No.6」考察継続中
http://togetter.com/li/375650

「全訳 チャンドラキールティ 入中論」瓜生津隆真・中澤中 訳 起心書房 
http://t.co/KEtryQis

精読中。



最近の仏教思想関係の主な考察についてのまとめ集
http://t.co/RZJudE4f

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51997575.html


   





カレンダ
2012年11月
       
25  

アーカイブ
2008年 (187)
5月 (17)
6月 (30)
7月 (32)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (20)
11月 (3)
12月 (24)
2009年 (175)
1月 (26)
2月 (20)
3月 (20)
4月 (8)
5月 (18)
6月 (4)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (27)
10月 (23)
11月 (2)
12月 (1)
2010年 (62)
1月 (8)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (1)
5月 (4)
6月 (7)
7月 (6)
8月 (1)
9月 (13)
10月 (8)
11月 (6)
12月 (2)
2011年 (49)
1月 (7)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (5)
6月 (6)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (3)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (39)
1月 (4)
2月 (8)
3月 (1)
4月 (2)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (4)
10月 (2)
11月 (7)
12月 (5)
2013年 (25)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (5)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (1)
2014年 (44)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (11)
7月 (4)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (1)
11月 (3)
12月 (2)
2015年 (59)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (8)
5月 (6)
6月 (3)
7月 (7)
8月 (11)
9月 (4)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (4)
2016年 (34)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (4)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (5)
10月 (1)
11月 (4)
12月 (1)
2017年 (20)
1月 (4)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (2)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (3)
10月 (3)

アクセスカウンタ
今日:956
昨日:1,829
累計:878,174