「前衆議院議員・自民党・西野陽氏引退に思う・1・2」






2012年11月24日(Sat)
「前衆議院議員・自民党・西野陽氏引退に思う・1・2」
「前衆議院議員・自民党・西野陽氏引退に思う・・2」

さて、総選挙へ向けて大阪第13選挙区もほぼ主要各候補が固まったようであります。

日本維新の会 西野弘一氏
自民党     神谷宗幣氏
民主党     樋口俊一氏
共産党     寺山初代氏

大阪13区で自民が“無血開城” 西野氏引退で長男の維新府議が出馬へ
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121121/elc12112123260045-n1.htm

長男は維新府議…自民の西野元副大臣が引退 大阪、民主の稲見元政務官も
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121121/elc12112114450038-n1.htm

衆院選大阪13区 自民「父」から維新「長男」|MBSニュース-MBS毎日放送の動画ニュースサイト-
http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE121122225200632499.shtml

ファイル:衆院選 自民、大阪で2新人擁立
http://mainichi.jp/select/news/20121124ddm005010061000c.html

大阪13区に樋口氏=民主
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201207/2012070300743

自民党は、西野陽氏の引退の後任候補に、落下傘で吹田市議の神谷宗幣氏を擁立することとなり、空白を避けて自民党大阪府連が一応の候補を立てたようです。自民塩川派筆頭の府議・宗清皇一氏は出馬しない方向となったようでありますね。

神谷宗幣ホームページ
http://www.kamiyasohei.jp/

神谷宗幣オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/jinkamiya/

龍馬プロジェクト代表・会派「吹田新選会」・関西州政治家連盟・・

政治改革に燃える若手の最代表格と言った印象でありますね。しかし、所詮はただの「当て馬」の感が強いですが・・

落下傘だけに、これからどれだけ自民党の支部や後援会、名簿をまとめて、市議や府議の支援を取り付けて動けるのかが問われてくるところでありますが、ほとんど期待はできないと見るのが妥当でありますでしょう。

あとは本人のブレーンとしてある同志や学生がある程度動くのでしょうが・・戦力は限られており、空中戦を展開するだけでほとんど支持は広がらずで終わってしまうこととなるでしょう・・

私的には応援したいタイプではありますが・・当選は無理でありますでしょう。敗戦後、この戦いがこれからの神谷氏の政治家人生の糧となり、成長されることを祈念致すところであります。

とにかくこの選挙区は、公明党・学会票次第のところが大きく、今回は日本維新の会の西野弘一氏の支援に回る公算が既に高く、勝敗は始まる前にもはや決したと見るのが妥当でありますでしょう。

投票率50-55%ほどとして、

日本維新の会 西野弘一氏 8万5千〜9万5千票
自民党     神谷宗幣氏 3〜3万5千票
民主党     樋口俊一氏 3〜3万5千票
共産党     寺山初代氏 3万5千票

一応、他で候補があったとして 5千〜1万票

で、まあ不確定要素を考えてもそれほど外れずでほぼ妥当ではないかと思われます。西野弘一氏の当選は決まりと言えるでしょうが、前回にも書かせて頂きましたように、補選も控えてこの地の政治的混乱は引き続き収まることはなく、残念ながらにも更なる停滞を招くのは必至であると言えるでしょうね・・

・・

「前衆議院議員・自民党・西野陽氏引退に思う・・1」

当方の住む選挙区、大阪第13区の前衆議院議員・自民党の西野陽氏がこの度の総選挙を前にして引退されました。

かつて塩川正十郎元財務相の落選時代、学生であった拙生は、書生として事務所活動をお手伝い致し、政治のイロハを学ばせて頂いていた頃を改めて思い起こします。

塩川陣営VS西野陣営の闘いは長らく続き、その渦中を体験した拙生は、塩川先生の捲土重来が果たされて、財務大臣にもご就任なさられたのを機として、塩川事務所を去り、自民党党員を辞して、これからの選挙区における政治閉塞状況の打開へと向けて、その後、民主党の衆議院議員候補となられた岡本準一郎氏の支援を決断し、民主党東大阪総支部の幹事として岡本さんの活動に協力させて頂くこととなりました。しかし、残念ながら2003年総選挙での岡本さんの敗北を期として、政治からは離れて、中立の立場へと移行することとなりました。

このあたりのことにつきましては、下記のブログ記事「09年総選挙の結果」を受けてのコメントもご参照頂けましたらと存じます。

http://hide-1.jugem.jp/?eid=281

もっと詳しくには、拙著「誇れる社会のために」をご覧頂ければその内実をご理解頂けるかとも存じます。政治引退を機に書かせて頂いた著書であります。

http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/4-8355-7012-X.jsp

いずれにしても塩川先生引退後も代理戦争の状態が続いており、現府議でかつて塩川事務所の先輩秘書であった宗清皇一議員が、先日のテレビ番組で「西野一族に東大阪は振り回されてきた」と憤慨の言葉を述べられたと聞き及びましたが、依然としてこの地の政治状況は市議会も含めて、閉塞している観は否めないところであります。

さて、自民党は陽氏後任の公認候補の擁立をどうするのか、恐らく紛糾するのではないかと察します。陽氏は現府議である息子の弘一氏に地盤を継がせて自民党から出させたいと思われていたでしょうが、弘一氏は現在維新の会の府議であり、今さら自民党に復党して出ることとなれば、自民大阪府連・自民塩川派・地元有権者の反発・不信感は必至となることを避けるためにも、弘一氏は日本維新の会の候補として出ることとどうやら正式に決まったようですが、自民党としては当然別に公認を立てて戦うこととなるでしょう。

この際には、恐らく自民塩川派から候補が出ることになるのではないかと思われます。仮に現府議の内で二人が総選挙に出るとなれば、府議補欠選挙となり、その府議補欠選挙に現市議が出るとなれば、市議補欠選挙となり、東大阪の地は三選挙控える状況となってまたも色々と混乱をきたし、政争激しくなる中、更に停滞へと陥りかねない様相さえも伺えています。

とにかく大阪第13区・東大阪は一市・一選挙区の弊害もあり、また様々な勢力が入り乱れて展開しているだけに全国の中でも最もややこしいところであるのは間違いありません・・その渦中を体験したことのある拙生は、遠目にも切に思うところであります。

このような長らくの政治混乱によって、それが市民サービスの停滞に大いに繋がっている不幸なところであるのは恐らく間違いないと断言できます・・正常化の前途は実に厳しいと言わざるを得ないですね・・

・・

解散総選挙についての雑感
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52108642.html

・・

モンゴル人リクエストによるダライ・ラマ法王ティーチングin Dharamsala - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/t1cKc8lm

台湾女性、ダライ・ラマ訪問を拒んだ行政当局に激怒
http://t.co/rP4pYr29

対中配慮?台湾当局がダライ・ラマ入境申請拒否 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://t.co/i0lVQmfV

【チベット問題】

「自らを灯明と化した菩薩たちの願い」〜チベット問題・焼身抗議を考える〜
http://t.co/PwVvYWck

やまぬ焼身抗議・・早くチベット問題の改善を…焼身抗議犠牲者各位にはどうか善趣への赴きのあらんことを…どうか御仏の御加護のあらんことを…

<速報>23日夕方 ツェコで焼身 83人目 今月19人目 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/eb23B8AM

<速報>22日、2人目の焼身 ルチュ川の河原で23歳の若者が - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/N93EVJS0

チベット族2人が焼身自殺 中国、当局に抗議(北海道新聞)
http://t.co/E53z5y0D

<速報>22日レゴンで再び焼身・死亡 今月17人目 レゴンだけで10人目 当局は家族や地区への援助を中止し、慰問者を罰すると - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/pWmftSil

チベット焼身自殺をカネで防ぐ愚行 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
http://t.co/uRY00mUw

レコードチャイナ:チベット族男性の焼身自殺、公式メディアが率先して報道
http://t.co/wXWOoYyN

チベット族男性が焼身自殺 中国の高圧的統治に抗議 - MSN産経ニュース
http://t.co/NHC7JpRp

<速報>今日 サンチュで再び焼身・死亡 3児の父 今月16人目 内地80人目 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/YKflLVXv

チベットの人権活動家に「国際報道自由賞」=記録映画発表で中国に拘束―仏メディア(Record China) - Y!ニュース
http://t.co/syCuNXhT

時事ドットコム:チベット族、連日の焼身自殺=中国
http://t.co/TmFbGpPq

<速報>19日、ヤズィ県で25歳の若者が焼身抗議、死亡 内地79人目 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/SdFRN5ep

チベット亡命政府 センゲ首相、中国の弾圧を非難 - MSN産経ニュース
http://t.co/LLSt6MFt

ダライ・ラマと中国共産党大会(相馬勝) | News Log
http://t.co/hxamrMWz

ウーセル・ブログ:「『共蔵問題』の問題」 漢人民主活動家のチベット史観を批判 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/GgLbqoap

時事ドットコム:またチベット族が焼身自殺=中国青海省
http://t.co/WvVZwdRy

チベット族がまた焼身自殺 中国当局に抗議 スローガン叫び体に火 - MSN産経ニュース
http://t.co/f6XdgEFS

チベット弾圧史に見る中国「核心的利益」の維持拡大姿勢(後篇) 国際政治の空隙を衝いてチベットで残酷な支配をくり返した中国 WEDGE Infinity(ウェッジ)
http://t.co/HCJmrWtx

ダライ・ラマ法王が「第2回国際チベット支援特別会議」でスピーチ 今こそ「行動せよ」と - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/Cpn6PJPz

<速報>昨日レゴンで2人目の焼身 内地78人目 死亡確認64人目 - チベットNOW@ルンタ
http://t.co/eKikm8f4

チベット亡命政府で国際支援団体特別会議 中国に弾圧中止を呼びかけ - MSN産経ニュース
http://t.co/6o838yeY

チベット族男女が焼身自殺 中国青海省  :日本経済新聞
http://t.co/XF9vnC16

【ダライ・ラマ法王猊下関連・チベット問題関連情報】(2012.11.18までまとめ)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52108417.html

チベットが直面する問題 (2012年)
http://t.co/lavJOBR9

・・

往生院メールマガジン No.91発行 
http://t.co/7OghDENO

・・

往生院だよりコラム・十三仏シリーズ・アーカイブ前半

http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52108270.html

往生院だよりコラム・十三仏シリーズ・アーカイブ後半

http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52108281.html

・・

コラム「追善供養・功徳回向の考え方について」 1〜4
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52108201.html

・・

「#勝義方便メモ No.6」考察継続中
http://togetter.com/li/375650

「全訳 チャンドラキールティ 入中論」瓜生津隆真・中澤中 訳 起心書房 
http://t.co/KEtryQis

精読中。



最近の仏教思想関係の主な考察についてのまとめ集
http://t.co/RZJudE4f

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51997575.html


   





カレンダ
2012年11月
       
24
 

アーカイブ
2008年 (187)
5月 (17)
6月 (30)
7月 (32)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (20)
11月 (3)
12月 (24)
2009年 (175)
1月 (26)
2月 (20)
3月 (20)
4月 (8)
5月 (18)
6月 (4)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (27)
10月 (23)
11月 (2)
12月 (1)
2010年 (62)
1月 (8)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (1)
5月 (4)
6月 (7)
7月 (6)
8月 (1)
9月 (13)
10月 (8)
11月 (6)
12月 (2)
2011年 (49)
1月 (7)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (5)
6月 (6)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (3)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (39)
1月 (4)
2月 (8)
3月 (1)
4月 (2)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (4)
10月 (2)
11月 (7)
12月 (5)
2013年 (25)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (5)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (1)
2014年 (44)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (11)
7月 (4)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (1)
11月 (3)
12月 (2)
2015年 (59)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (8)
5月 (6)
6月 (3)
7月 (7)
8月 (11)
9月 (4)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (4)
2016年 (34)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (4)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (5)
10月 (1)
11月 (4)
12月 (1)
2017年 (11)
1月 (4)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (2)

アクセスカウンタ
今日:1,497
昨日:1,552
累計:756,720