天罰論に関しましての私見関連考察の追記






2011年08月28日(Sun)
天罰論に関しましての私見関連考察の追記
天罰論に関しましての私見関連考察の追記

末木文美士先生( @bunmao )の「天罰論再考」 http://t.co/jts6X3C におけるコメント欄に、天罰論に関しての拙私見考察の続きを僭越ながらも載せさせて頂きました。

1)「天罰」も「天佑」も、最終的には、私たちの意識作用・概念作用・思惟分別作用によって仮名・仮説・仮設されて一応はあり得ると言えるのかもしれませんが、もちろん、どちらも実体としてはあり得ないものと考えております。

2)自然の営みを「原因・条件と結果の依存関係」・「部分と全体の依存関係」という「縁起」においては、幾分か世俗諦的に社会共通の世間一般に認められている概念の範疇で、「天罰」・「天佑」として言えることがあるとは思います。

3)自然の奥底に神仏が関わっていると仮定して、それら神仏に対して敬虔な信仰にて安寧を祈願・祈祷し、供養しているからといっても、(分別によって一応、仮名・仮説・仮設してあると言える)災害・厄災が回避できるかどうかは、正直疑問です。

4)それよりも、自然と私たちとの縁起関係を理解することで、自然の恵み・大切さ・有り難さへの感謝を育み、私たちは生かされて存在することができているということをしっかりと再認識することが求められるものであると考えております。

5)そして、その再認識により、親切や思いやり・いたわりの心、慈悲や利他の心を滋養することとなれば、佐藤哲朗先生のおっしゃられるように「菩提心」の想起にも繋がり、多くの利益(りやく)をもたらすこととなるのではないかと存じております。

6)3と関連して、例えば「災害・厄災という苦」を、実体として私があると我執にとらわれている者における「死苦」に置き換えて考えてみてもわかりやすいのかもしれません。そのような「苦」を回避することは当然にできないものであります。

7)ただ、自然の奥底に神仏の存在を想念することによって、出離、菩提心、慈悲・智慧を滋養する契機になることまでは、私も否定は致しません。それらを滋養するための神仏(無実体・無自性・無自相ですが)の存在の想念は大切であるとは思います。

8)ダライ・ラマ法王猊下も深遠なる空と縁起の了解によるご見解を前提となされて、出離、菩提心、慈悲・智慧を滋養させることの契機となるための(想念による)神仏の存在まではご否定なされないのではないかと僭越ながらも存じております。

・・以下、これまでの考察

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

・・以下、関連考察

『東日本大震災に思う』 平成23年度・お盆施餓鬼法要・配布用資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/28c0cc5975d7b67227e085443ad9053f

『空と縁起と』〜仏教の存在論〜  平成23年度・秋季彼岸施餓鬼・配布用資料
http://t.co/wHL7TR0

・・

往生院メールマガジン発行・NO.85
http://archive.mag2.com/0000098047/index.html

・・

川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

「非有非無の中道」・・正直、これまであまり深く考えずに、「空」が「非有」、「縁起」が「非無」だとばかりに理解してしまっていたが、どうやら中観帰謬論証派の見解では、「縁起」が「非有」で、「空」が「非無」で理解する方が正解のようだ。勝義無・・「非有」、世俗有・・「非無」。

・・

チベット密教(ゲルク派)の最奥義については浅学菲才の未熟なる私には到底知り得ないところですので、あくまでも私の勝手なる拙い見解にしか過ぎませんので、ご容赦のほどを・・。もし、ご精進の中で何か知見を得られましたらご教授賜れますよう、どうか宜しくお願い申し上げます。 @landcm

究極に高度な瞑想状態を維持しながらにおける臨終後において、既にその生まれ変わり認定の者への意識に何らかの作用を及ぼすことができるのかもしれません。 @landcm 生きているうちに、既にいる人を「生まれ変わり」だと言える..ダライ・ラマ法王猊下の輪廻転生

チベット密教(ゲルク派)の最奥義については浅学菲才の私には到底知り得ないところですが、究極に高度な瞑想状態を維持しながらにおける臨終後においては可能なのかも知れません。 @landcm 生きているうちに、既にいる人を「生まれ変わり」だと言える..ダライ・ラマ法王猊下の輪廻転生

ダライ・ラマ14世法王猊下・2011大阪特別講演 http://t.co/PkaKoUN (高野山大学・創立125周年記念事業)。既に仮予約、入金も済ませております。ご尊顔を拝する日が楽しみでございます。深遠なる空・縁起の理法をお説きになられます法王猊下に最敬礼申し上げます。

深遠なる空と縁起の理法をお説きになられますダライ・ラマ法王猊下に最敬礼申し上げます。 「存命中の後継者指名は可能である」と明言 http://t.co/HZVpomJ

・・

自らを灯明と化されたツェワン・ノルブ師による焼身供養について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52034027.html

・・

【仏教存在論】1-45
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52031260.html

7/18 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52026611.html

7/6 最近のツイッターコメントまとめ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52024256.html

故丸山照雄師「公害企業主呪殺祈祷僧団」の活動から考える
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52018516.html

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529

日本仏教改革の視座
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52015538.html

【アンチ葬式仏教の危うさ http://bit.ly/muwOcn 】ツイッター・コメント投稿・1-26
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52014077.html

【紹介】真詮ブログ・「本願寺のヒットラー(1)宗政とは何か・(2)「最初の宗議会」の自殺」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012810.html

東大阪市における市民活動・まちづくり活性化へ向けたネットワーク構築に関しての意見交換会の雑感
http://hide-1.jugem.jp/?eid=440

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・23-24
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012801.html

25 RT @naagita ようこそ誓教寺のホームページへ http://t.co/RdgBc5g via @fujimotoariya 山口県下松市の浄土真宗寺院(単立)。「日本でテーラワーダ仏教」など刺激的なコンテンツが……。

26 @ RT @amanowako 【単立宗教法人の作り方】(1)宗教施設を作る。(自宅兼も可)(2)信者さんを100人程度集め、3年以上宗教活動をする。(3)役員を決め法人設立会議を開き、..(続く)

27 A RT @amanowako ..(@から続く・・)設立公告して、必要書類を揃え所轄庁に申請(4)法人化されたら(1)の施設のある土地建物を法人に寄付する。 以上です。

「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007856.html

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51997575.html


   





カレンダ
2011年8月
 
28      

アーカイブ
2008年 (187)
5月 (17)
6月 (30)
7月 (32)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (20)
11月 (3)
12月 (24)
2009年 (175)
1月 (26)
2月 (20)
3月 (20)
4月 (8)
5月 (18)
6月 (4)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (27)
10月 (23)
11月 (2)
12月 (1)
2010年 (62)
1月 (8)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (1)
5月 (4)
6月 (7)
7月 (6)
8月 (1)
9月 (13)
10月 (8)
11月 (6)
12月 (2)
2011年 (49)
1月 (7)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (5)
6月 (6)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (3)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (39)
1月 (4)
2月 (8)
3月 (1)
4月 (2)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (4)
10月 (2)
11月 (7)
12月 (5)
2013年 (25)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (5)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (1)
2014年 (44)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (11)
7月 (4)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (1)
11月 (3)
12月 (2)
2015年 (59)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (8)
5月 (6)
6月 (3)
7月 (7)
8月 (11)
9月 (4)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (4)
2016年 (34)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (4)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (5)
10月 (1)
11月 (4)
12月 (1)
2017年 (13)
1月 (4)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (2)
6月 (1)
7月 (1)

アクセスカウンタ
今日:98
昨日:90
累計:802,035