天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】(48-72)・完結






2011年05月24日(Tue)
天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】(48-72)・完結
【大震災・空と縁起と】73 末木文美士先生 @bunmao ブログに、天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】(48-72)を追記させて頂きました。ご叱正、ご批正を多々覚悟致しております。http://t.co/jiFsie6 http://bunmao.cocolog-nifty.com/blog/

【大震災・空と縁起と】ツイッター投稿シリーズにて、天罰論に関しましての私見関連考察を追記させて頂きました。

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

浅学非才、若輩未熟者の一私見でございますが、(48-72)に関しまして、以下、こちらにもコメントを追記させて頂きますので、ご容赦の程、宜しくお願い申し上げます。

48 神・仏の存在に関しては、もちろん、無自性であり、実体として存在しているわけではない。存在するとすれば、空・縁起なるものとして、また、世俗(言説)有として認められるものであり、なおかつ効果的作用能力の有無がポイントとなる。

49 では、例えば如来・菩薩・明王など仏の存在の場合、その効果的作用能力としてどのようなものが考えられるか? 端的に述べると、真理を知らずに輪廻に縛られている原因である私たちの煩悩、無明を排撃し、到涅槃させるということが考えられます。

50 つまり、如来・菩薩・明王の存在は、各それぞれの存在が伝導しようとする教え(方便)が、覚者としての智慧と慈悲を土台とし、縁起と空の正しい理解を及ぼさせて、煩悩・無明を排撃していくための菩提心を起こさせるというものであります。

51 覚者に顕現する仏の存在は、否定されるものではなく、空と縁起による存在であり、かつ、効果的作用能力が有効に働くものであれば、世俗(言説)有として問題なく成立するものと考えます。もちろん、勝義無であり、決して実体的ではありません。

52 では、大地震天罰論について考えますと、罰を与える者を神仏と仮定したとして、その存在が、空と縁起による存在であり、かつ効果的作用能力が有効に働くものであれば、世俗(言説)有として一応はその存在を認めることができると考えます。

53 しかしながら、大地震と神仏との因果関係を解明することは容易ではなく、その効果的作用能力を推し量ることも難しいものであり、天罰論における罰を与える者としての神仏の存在は、正直、認めることは難しいように思えます。

54 49で述べた効果的作用能力に関して、今回の大地震が天罰の様相を呈していると仮定した上で、果たして神仏が、このような大地震・原発事故という方便を用いて、私たちの煩悩、無明を排撃させて、到涅槃させるということが可能であろうか?

55 また、大地震・原発事故が天罰であると仮定して、その大地震・原発事故が、神仏の智慧と慈悲を土台とし、私たちに菩提心を起こさせるための方便であると果たして言えるであろうか?倫理的にも認められうるものであろうか?

56 もしも、真に智慧と慈悲による方便を用いるのであれば、このような無慈悲で残酷、深刻、凄惨な事態を必要とするのであろうか?また、犠牲者・被災者とそうでない者との境目はどのようにお決めになられたのであろうか?罪業の差?煩悩・無明の差?

57 輪廻の大海に深く沈み、迷い苦しみの中を彷徨っている私たちにそのような差はほとんど無い。天罰と言うのであれば、その罰はあまねく等しくに下されてしかるべきであり、また、そのような方便で到涅槃の導きが果たされるとも到底思えない。

58 また、この度の事態において、輪廻の大海に深く沈む私たちのこの世界における一切皆苦・一切行苦の現実を直視し、無常・無我・空・縁起を深く思惟して、菩提心を起こす者が現れるということは、天罰に拘わらずに十分にあり得ることであります。

59 もしも、この度の事態を受けて、そのように菩提心を起こして、智慧と慈悲の実践にて多くの衆生を涅槃へと導く尊師・菩薩が現れるのであれば、天罰ではなく、むしろ天佑と言えなくもないのではないだろうか・・ここは実に難しいところであります。

60 とにかく、天罰か、天佑か、いずれでもないかは、それぞれの恣意的思惟分別によって異なるものであり、いずれにしてもあまりとらわれてしまってもいけないものであります。それよりも現実をどのように対処すべきかが重要なこととなります。

61 天罰論に関しての、神仏の存在の関わりの議論や、または宿命論・決定論、神の存在証明の議論、また、天罰か、天佑か、そのいずれもか、そのいずれでもないかの議論も、仏教ではやはり「無記・戯論」として退けられるものであると考えます。

62 大地震は、単なる自然現象の作用であり、もちろん、空・縁起なる事象。原発事故は、強いて言えば煩悩、無明を抱えている愚かなる人間による所業の関わりが大小なり幾分かあるかもしれませんが、もちろん、空・縁起なる事象におけること。

63 空・縁起なることにおける存在、現象、事象においては、原因や結果、または条件も、当然に実体的に成立するものではありません。もちろん、あくまでも排除されるのは、実体的、つまり勝義的な存在としての原因・結果・条件であります。

64 それはつまり、あくまでも否定、排除されるのは、実体的・勝義的な存在であり、世俗(言説)諦として成立しうる相互依存関係における原因・結果・条件までもが否定、排除されるわけではありません。

65 かといって、世俗(言説)諦として、その存在が何でもかんでも自由に認められるわけでもありません。世俗(言説)諦といえども、認められるべきものと認められないものとを明確に分けて考える必要があります。36の内容がその基準となります。

66 天罰論に関しての私見の一つの結論としては、世俗(言説)諦としても、61で述べたように、「無記・戯論」を踏まえた上で、36の内容の基準に適合する存在だけを、あくまでも原因・結果・条件として認めるべきであると考えております。

67 そこでは、神仏の関わりの存在を認めることはやはり難しいでしょう。それよりもダライ・ラマ法王猊下がおっしゃられましたように、既に起こってしまったことの、その原因・結果・条件をあれこれ遡って考えても、もう無意味で無駄なことであります。

68 むしろ、現実を直視した上で、今後、どのようにしていくべきであるのかをしっかりと思惟、実践していくことが肝要なことであります。日本仏教界でも、支援・復興のための智慧・慈悲を実践している地涌の菩薩たちが無数に現出しております。

69 この度の大震災においては、智慧・慈悲を実践している地涌の菩薩たちは確かに存在しています。その菩薩たちの中から、更に輪廻の大海に深く沈む私たちの煩悩、無明を排撃させうる智慧と慈悲を兼ね備えた尊師・菩薩も現出することでしょう。

70 私たちも支援・復興に携わっている無数の存在と共に、それぞれの立場においても、できうることで応援、支援、協力に関わっていきながら、一切皆苦・一切行苦の現実直視、無常・無我・空・縁起を深く思惟していくことが求められて参ります。

71 そして、やがて、多くの者たちが菩提心を起こし、確かな智慧と慈悲の実践により、真なる到涅槃へと衆生を導き賜うことを願いつつ、この度の犠牲者の皆様の御供養鎮魂慰霊、被災者皆様のいち早い苦の軽減を切に祈念申し上げる次第でございます。

72 これまでこの浅学非才の未熟者なりに、この度の大震災に関しての「空と縁起と」からにおける考え、天罰論に関しての私見を述べさせて頂きました。お読み賜りまして篤く感謝、御礼を申し上げます。ご叱正、ご批正を多々覚悟致しております。

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

・・

少し仏教関連の論考考察のペースが鈍ってしまっておりますが、鋭意に取り組みを継続して進めていかなければならないと考えております。

当面のところは、【大震災・空と縁起と】シリーズ、大地震天罰論に関する私見の再検討、「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了後における法華経についての考察(空・縁起思想と如来蔵・仏性思想)と控えております。

最近の論考考察の結果については、ツイッターでの投稿が中心となっています。一回の投稿140文字以下にどのように要約するかで苦労し、それはそれでかなり頭のトレーニングになっていますが、連続投稿になってしまうことや、省略しすぎ、説明不足などであらぬ誤解を招いてしまう危惧もあり、気をつけないとと考えております。

3/11東日本大地震発生時より下記のハッシュタグ等で宗教・仏教・寺院・僧侶による支援情報を収集して参りましたが、今後、継続するか、休止するかは、また判断致さねばならないと存じております。ひとまずこれまでのご協力、誠に感謝申し上げます。ありがとうございました。

仏教・寺院・僧侶による総合支援情報タグ→ #buddhajihi
各宗派による支援情報タグ→ #shuha_save
寺院による支援情報タグ→ #jiin_save
僧侶による支援情報タグ→ #sou_save
仏教思想による支援情報タグ→ #buddha_save

全ての過去ログは、Twilogにおいて閲覧して頂くことができます。

http://twilog.org/hide1125/hashtags-buddhajihi

http://twilog.org/hide1125

・・

所望していた虎目石の数珠が届く[Chagamo Craftより]
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007816.html

・・

東日本大震災 ツイッターにて情報収集・情報発信が中心
http://twitter.com/hide1125

ツイッター・ログ
http://twilog.org/hide1125

「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007856.html

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・1-22
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52003212.html

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives


   





カレンダ
2011年5月
24
       

アーカイブ
2008年 (187)
5月 (17)
6月 (30)
7月 (32)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (20)
11月 (3)
12月 (24)
2009年 (175)
1月 (26)
2月 (20)
3月 (20)
4月 (8)
5月 (18)
6月 (4)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (27)
10月 (23)
11月 (2)
12月 (1)
2010年 (62)
1月 (8)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (1)
5月 (4)
6月 (7)
7月 (6)
8月 (1)
9月 (13)
10月 (8)
11月 (6)
12月 (2)
2011年 (49)
1月 (7)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (5)
6月 (6)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (3)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (39)
1月 (4)
2月 (8)
3月 (1)
4月 (2)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (4)
10月 (2)
11月 (7)
12月 (5)
2013年 (25)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (5)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (1)
2014年 (44)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (11)
7月 (4)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (1)
11月 (3)
12月 (2)
2015年 (59)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (8)
5月 (6)
6月 (3)
7月 (7)
8月 (11)
9月 (4)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (4)
2016年 (34)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (4)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (5)
10月 (1)
11月 (4)
12月 (1)
2017年 (13)
1月 (4)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (2)
6月 (1)
7月 (1)

アクセスカウンタ
今日:43
昨日:440
累計:801,663